林の中の散歩(ポーランドにフレスコ画を描きに行く17)
     前回からずいぶん間が空いてしまい、フェイドアウトしてしまった感のあるポーランドでフレスコ画シリーズ。
     ずっと続きを書きたかったので、今さらながらですが再開します。もうしばらくおつきあいください。
     (今までの記事は、右の「フレスコ画」のカテゴリで見られます。)
     今回も長いので、一緒にお散歩するつもりで読んで下さいね。


     5月14日(土)
d0165762_20331460.gif

     それぞれのフレスコ画も無事できあがり、乾杯をしてかたずけをして、翌日のオープニングにそなえて
     シートをかけて、すべて準備完了。

     さて、森の散歩に行きましょう。
     前日の夕方、スタンが言ってた「明日はいいことがあるよ。でもそれはさかなにとってかな」と言っていたのは
     このことだったんだね。
d0165762_20335296.gif
     隊長スタン、ジーザス、アレハンドロ、ラウルと私、その他にも、早々に描き終わっていたイヴォーナや
     アニェースカ、ギャラリー・オーナーのアダム、そしてスタンの友人という詩人さんも来て、
     さあ、散歩に出発!
     仕事を終えてからだから、もう夕焼けの時間。
d0165762_20341358.gif

     10ヘクタールというスタンの広大な「庭」には、麦畑あり、森あり、小川あり。
     前日の散歩の時のように、私はワクワク、きょろきょろしながら歩く。
     
     このグループがおもしろいのは、みんながそれぞれ勝手に好きなことをしながら歩いてること。
     先頭を行くスタンはジーザスに土地の説明をしながら。
     少し離れてイヴォーナが時々立ち止まって写真を撮ってる。きっと影とかマクロで見ると抽象的に見える
     彼女好みの写真。
     そして緑のにおいやまわりの景色に見とれながら、自然にニコニコしてしまっている私。
     それ以外の人たちは、ずいぶん離れた後ろの方で、何やらキャーヒャー騒ぎながら楽しそう。

     さあ、小川にかかる一本橋のところに来ましたよ。
     この橋、本当に細めの丸太一本で、手すりになるはずの木が壊れてるから、反対側で誰かが手すりの木を
     持ってないと役にたたない!
     小川といっても3mぐらい幅があるから、けっこうスリル満点!
d0165762_20345298.gif
お〜い、ワイン飲んでるし、ボトルも持ってるし、渡れないよ〜

     なんと後ろの集団、賑やかだったのはお酒を飲みながらだったから。
     散歩に行くのにワインをボトルごと、しかもグラスも持ってくる?!
     これで私の中では、ポーランド人=酒飲み、お酒大好き、の公式が確定しました(笑)

d0165762_20352237.gif
     はじめに、おふざけの「画家ベレー帽」をかぶったラウルが渡ります。ワインのボトルは離さない(笑)

d0165762_20362618.gif
     次はイヴォーナ。キャ〜!

d0165762_2036494.gif
     唯一の若者マチェック。アニェースカの愛犬を抱いて渡ります。成功!ブラーヴォ!

d0165762_20372194.gif
     あ!詩人さん、橋を渡っている途中で、はいていたサンダルを流されたようです。ジーザスが救出!

d0165762_20374938.gif
     アニェースカが渡り・・・

d0165762_2038203.gif
     アダムも無事渡って、みんなが向こう岸にたどりつきました。

d0165762_2052178.gif
     さあ、散歩は続きます。

d0165762_20392266.gif
     小川がぐるりと曲がる脇を歩きます。蚊がすごい!

d0165762_20394723.gif
     イヴォーナが、また何かおもしろそうなものを見つけて撮っています^^

d0165762_20401488.gif
     ビーバーがつくっているというダム。
     スタンがこっそりと、「ここは時々ぼくが泳ぐ秘密の場所なんだよ」と教えてくれました。

d0165762_20404043.gif
     ニ本目の丸木橋を渡って・・・

d0165762_2041639.gif
私が好きな写真のひとつ。デスクトップにしています


     さあ、そろそろお散歩も終わり。スタンの家が見えてきました。

d0165762_20413845.gif

d0165762_20421242.gif


d0165762_20423815.gif

     さあ、日もとっぷりと暮れ、今回のプロジェクトの締めくくりのスタンのスピーチ。
     時々ラウルの通訳つき。

     来年のこのプロジェクトのアーティスト選出には、私たち今回の参加者が審査員となること。
     そろそろ1年たつから、お声がかかってもいいころなんですが・・・
     そして、翌日のオープニングの開始時間、その前の準備のことなどなど。

d0165762_2043754.gif

     この日もとてもいい一日でした。
by sakanatowani | 2012-04-17 07:26 | フレスコ画 affresco
<<    えっ、にんにく?!あっ、芽が!    もりもりブロッコリー! >>