<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
   着いたところは言語のるつぼ?!(ポーランドにまたフレスコを描きに行く2015・6)
d0165762_16401447.jpg

     今回ポーランドに行ったのは、2つのフレスコ画フェスティバルに参加するため。

     1つめは、4年前に描いたフレスコ画が何者かに落書きされてしまったから修復に来たはず・・・なのに、36時間の長旅の末、やっと
     こさ着いた駅から宿泊所に向かう車中で、「新しいのを描いてくれって、主催者が言ってるから」って聞いた私。
     とうとう拠点となるホテルに着きましたよ~。
     やっとお風呂に入ってさっぱりできる~♪

     ・・・という私の心の声も、むかえに来てくれた友人Rに促されるように小さなフロントをスルーして行った先、食堂の入り口でかき消
     されましたよ。
     師匠をはじめ、もうたくさんの人が夕食をとりながら盛り上がってるぅ~。

d0165762_16403528.jpg
食堂のランプに吊るされた宿り木みたいな植物は、ポーランドでは”みんなが楽しく集まるように”という習慣なんだって

     たいていは開催日当日またはその後に到着するのも当たり前というヨーロッパで、開催日前日にもうすでにこんなにメンバーが集まっ
     てるなんて!
     私のひそかな「さっぱりしてまずはのんびり」の計画は、自動的に「顔合わせの夕食の宴に突入」にすりかわり(涙)

     初めて会う人たちに圧倒されながらも「ハロ~」と食堂に入り、もう8年ぶりぐらいに会う師匠を目で探しつつ、まずは顔見知りと話
     して落ち着こう(汗)
     「ブゥオナセーラ~、フィナルメンテ! こんばんは~、とうとう(お会いできましたね)!」と近づくと、師匠が満面の笑みを浮か
     べながら「オオ~、フィナルメンテ! おお~、とうとう(来たね)!」と私に言い、すぐに他の人たちに向かって「彼女がさかなだよ。
     彼女もイタリア語を上手に話すんだ」と私を紹介する。

     (え?彼女もイタリア語をって・・・?)と振り向くと、私に向かって握手の手を差し出してる人、人、人・・・。
     「ハロー。私は⚪︎⚪︎。××から来たの」
     「ブゥオナセーラ。僕は△△。⬜︎⬜︎人だ」
     「ハロー。ぼくは・・・」
     ああ〜、もう誰が誰やら。顔と名前をいっぺんに覚えられない〜。

     長旅の疲れと久しぶりにたくさんの人に会っての戸惑いにちょっとぼんやりしながら、「明日からこの人たちと絵を描くんだな〜」っ
     て思って、みんなの話を聞いていた。すると、あれ? いろんな言葉が聞こえてきたよ。
     イタリア語、英語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語・・・?
     今回の仲間は、いろんな言葉を話す人たちなんだ。

d0165762_1640572.jpg
イエ〜イ!!

     ここで参加者と話す言葉を整理してみますね。
      師匠(イタリア出身):イタリア語、英語はほとんどわからず、ほんの少しのスペイン語とポーランド語の単語
      友人R(メキシコ出身):スペイン語、英語、ポーランド語
      S(マルタ出身):マルタ語、英語、イタリア語
      A(オランダ出身):オランダ語、英語、イタリア語
      N(モルドバ出身):ルーマニア語、ロシア語、英語はごく片言
      V(モルドバ出身):ルーマニア語、ロシア語、イタリア語、英語
      G(ウクライナ出身):ウクライナ語、ロシア語、片言のポーランド語、英語はほんの少し
      F(ポーランド出身):ポーランド語、ロシア語、片言の英語
      An(メキシコ出身):スペイン語、ポーランド語、片言の英語
      さかな:日本語、イタリア語、まあまあの英語

     そしてこの夜到着したのが、
      K(オランダ出身):オランダ語、英語、イタリア語
      R(オランダ出身):オランダ語、英語
      As(オランダ出身):オランダ語、英語
      Fr(イタリア出身):イタリア語、片言の英語
      C(イタリア出身):イタリア語、英語

     そこに、ポーランド語と英語を話すこのフェスティバルの主催者家族が加わるわけである。
     もちろんここに書いたのはそれぞれの母国語と、今回、私たちの間で使われてた言語だけ。この他の言葉も話す人も多いでしょう。
     さすが地続きのヨーロッパ。そしてそれぞれの国の歴史的な背景から、その人が子どもの頃学校で習っていた言葉だったりと、その人
     の歴史だけでなく出身地の歴史から、話すようになった言語もあるわけです。

     さあ、では、ここで問題です。
     こういう仲間で話すとき、何語で話す?

d0165762_16411821.jpg

     答えは、「その相手との共通語で話す」です。それしかやりようがないよね〜

     つまりね、私は師匠(イタリア出身)と話すときはイタリア語で、でも友人R(メキシコ出身)と話すときは英語で話す。V(モルドバ出
     身)とはイタリア語で、でもその奥さんのN(モルドバ出身)と話すときは英語で。
     N(モルドバ出身)やV(モルドバ出身)、G(ウクライナ出身)、F(ポーランド出身)の間は、いつもロシア語。
     オランダ人グループはもちろん母国語のオランダ語で話すわけだし、メキシコ人やイタリア人の2人も同様。
     つまり、いつもあちこちでいろんな言葉で、そして私がわからない言葉で談笑してる小さなグループができるわけなのです。

     じゃあ、お互いの共通言語が得意でない場合は?

     自分で知ってる単語を駆使して、意思疎通を図るのです。
     ポーランドで年に何回も活動しているけど、単語はともかく基本はあくまでもイタリア語で通す師匠。彼がR(メキシコ出身)に話すと
     きは、イタリア語を話しながら、ところどころ、例えば「絵を描く」とかの単語をスペイン語にして話すのです。一方、Rはスペイン語
     をゆっくりと。

     もともとイタリア語もスペイン語も同じラテン語系の言葉だから、それぞれが母国語の2人は、これでかなりの意思疎通が図れるらしい
     のです。(ところが私がRにイタリア語で話したり、彼が私にスペイン語で話しても、お互いにわからないのはおもしろいところ。
     だから私たちの間はあくまでも英語が基本です)

     私とG(ウクライナ出身)の間も試行錯誤のこのケース。
     彼が知ってる英単語は本当に少し。しかもふだん話してないから思い出すにも時間がかかる。
     でもね、話したい。伝えたいから、ゆっくりゆっくり、お互いに工夫しながら、トライ&エラーで話すのです。

     こんなことしてるとね、外国語を話題にすると必ず出る「上手に話せない」とか「間違えたらって思うと躊躇しちゃう」ってことは、どう
     でもいい些細なことだな〜って実感する。
     「伝えたい」「聞きたい」「話したい」ってことがいちばんで、言語なんてそのためのただの道具なんだなあってしみじみ思う。
     もちろんその道具がうまく使えたほうが、より深いことも伝え合えるわけだけどね。

d0165762_16414271.jpg

     そんなふうに、「話したい」、「伝えたい」の気持ちでつながった私たちは、翌日からフレスコ画を一緒に描き始めるわけです。

     「じゃあ、明日の朝は8時半に朝食、9時にはホテルを出発だよ」

     師匠がそう言って席を立つのを見送って、まだお酒を飲みながら盛り上がるみんなを食堂に残し、私も10時ごろ部屋に上がり、シャワー
     を浴びてさっぱり〜。
     そのままベッドに倒れこむ。バタリ!

     長い長い1日(? 本当は約2日)がようやく終わりました。


     
[PR]
by sakanatowani | 2015-09-08 17:01 | フレスコ画 affresco | Comments(6)
   さあ、切符を買って乗車だよ(ポーランドにまたフレスコを描きに行く2015・5)
d0165762_17244493.jpg

     さて、そろそろいい加減に、ワルシャワ駅を出発しましょう~(気がついたら1か月ぶりですね、ポーランド旅行記・汗)

     前回、ワルシャワ空港から電車で着いたのは、ワルシャワ中央駅の地下。
     前に来たときの記憶だと、ホームはたしか地下2階。ここから次の目的地ウッヂまでの切符を買うために、エスカレーターを上ります。
     たしか各ホームへの連絡通路になっている地下1階にも、駅員さんが一人いるだけの小さな切符販売窓口がいくつかったように思うの
     ですが、そんなところで気軽にポーランド語で切符を買うなんて無理!と、いちばん大きな販売窓口の地上階へ。

     ・・・と思っていたのに、通路を間違えたのか、なぜか駅から外に出ちゃった。
     でもね、建物に沿って外からぐるっと回っていたら、有料トイレを偶然見つけました。
     入口をふさぐバーのところで2.5ズオティ(旅行当時のレートで約80円)を入れると中に入れる仕組み。
     お釣りもちゃんとでるんですよ。お釣りが出ない自動販売機が当たり前の国イタリアに慣れた私は大感激。
     中は狭いけど、有料のせいか人もいないし、落ち着いて荷物を脇においてゆっくり顔も洗えます。
     これは、慣れない旅先で、次なる移動の準備を整えるにはいい場所かも。
     ただ、夜はこの辺りが明るいのかがわからないけど。でも昼間は安全。全然問題ないと思います。

     さあ、顔も洗ってさっぱりしたら、駅構内に戻りましょう。
     英語が通じない駅窓口で、ポーランド語で切符を買うのが、これから3週間弱の今回の旅行の一大関門だからね、自分のペースで動ける
     ように、準備は万全。

d0165762_17424478.jpg

     この準備のために便利だったのが、ネットで事前に情報収集をしていて見つけたポーランド鉄道のサイト(リンク先は英語)。
     複数の鉄道会社が走っているポーランドで電車を調べるにはとっても便利。
     私はいくつかの候補の時刻表を印刷して、旅ノートに貼っておきました。
     これならもし万一、言葉が通じなくても、プリントを見せて指差せば、意思の疎通はできるから。到着までにかかる時間のめどがつく
     のも安心材料になるしね。
     *サイトから切符も購入できますが、日本からだとプリントされるコードが検札の読み取り機で読めないなどのエラーが出るトラブルがあったとの記述を、実際に使ってみた人の
       旅行記で見かけました。ポーランド語が話せない場合は、なるべくトラブルは回避したいもの。日本からは乗れそうな電車の検索だけにとどめておいたほうがよさそうです。


     まずは駅構内に貼ってある時刻表一覧で、私がこのサイトから調べてきた電車がちゃんとあるか確認。
     ふふふ、この石橋を叩いてもまださらに調べようという慎重さは、違った情報があちこちで”正式な”情報として出ている、正しい情報を
     得ることがいちばん難しい国イタリアにいたからでしょう。
     「よし、よし、ありました」
     この時プラットフォームも調べておきましょう。変更されてるってこともあるし、第一間違えると大変ですから。
     ああやっぱり。サイトでは「IV/6と」なっていたプラットフォームが、駅の時刻表には「IV/8」になっていました。
     それにしても、このローマ数字とアラビア数字の違いはなんなんだろうな~。

d0165762_17253883.jpg

     さあ、いざ窓口へ!
     ふと気がつくと、無意識のうちに、どの窓口に男性がいるかを探してる私。
     イタリアではね、とかく人は異性には優しいもの。逆を言えば、同性だとものすごくキッツイ人もいるわけで、こういう時は異性の窓口
     の人のところに行くと事がスムーズに運ぶというのがイタリアでは誰もが知ってる生活の知恵。
     うはは。私、イタリアが染みついてるわ~(苦笑)

     残念ながら、ワルシャワ駅の窓口にいるのは女性のみ(笑)。でも切符の窓口での会話なんて決まってる。大丈夫でしょう。
     ウッヂまでの次の電車は1時間半後。これに乗るつもり。
     「こんにちは。ウッヂまで1枚ください」
     「⚪︎×△⬜︎?」ぶっきらぼうになんか言われた。
     「?」と一瞬戸惑ったら、紙になんか書いて見せてくれた。
     15:25
     あ、電車の出発時刻を聞いてたんだね。
     手元の手帳を見ると、乗りたかった電車の時刻。「ターク、ターク(はい、はい)」と答えて、発券してもらう。
     「何番ホームですか?」と聞いて、ちゃんと答えてもらったけど、なんて言われたのかわからない(笑)
     ま、早めにホームに行って確認すればいいや。
     そんなわけで、なかなかスムーズに、切符、買えました~!

     よし、よし!ってホッとして、窓口前から離れたら、「Volunteer」と書いた真っ黄色のベストを着た若い人が。
     この人たちはいつもいるのかな? 英語でOKなので助かりました。
     ここで、さっき駅構内の時刻表で「IV/8」とあったホームの意味は、ローマ数字の方がいわゆるホームの番号だと判明。よかった、8番
     ホームを探すとこだった(笑)
     そのあと電車に乗る直前に、急に「もしやポーランドの電車も、(イタリアと同様)乗る前に切符に刻印しなくちゃいけないんじゃない?!」
     って大慌てで聞いた時も助けてもらいました。ポーランドの電車は車内での検札のみ。(空港からの電車では事前の刻印が必要なのにね)
     ワルシャワ中央駅のボランティアの方々、どうもありがとう! 本当に助かりました!

d0165762_1726092.jpg

     さて、やるべきことは終わったよん!
     電車が出るまで1時間ある。お昼ご飯食べよ~っと。あと、おやつも買いたいなあ。ウッヂに着いてからは、スーパーに行く暇もないだろ
     うから、水も買っておきたいね。
     確か駅の隣に大きなショッピングモールがあって、そこにはスーパーがあるのは事前調査済み。

     ショッピングモール前の広場には、たくさんの人。広場を囲む階段に座ってる人も多くいる。
     モールの中にも食べられるところはいっぱいあるけど、お店を選ぶのに歩き回るのさえ今は面倒くさい。
     そんなわけで、私もその広場の階段にみんなに混じって座って、機内食の残りのクラッカーとチーズで作っておいた簡単サンドイッチで
     遅めの昼食。
     周りは地元のおじさんだったり、若者のグループだったり。
     そういえば、今日は日曜日。しかもこんなにいいお天気だから、みんなのんびり出てきてるんだろうなあ。
     誰も私のことをジロジロ見る人はいない。都会なんだな~。気持ちいいな~。
     すっかりリラックス。なんだかここに住んでるみたいな気にまでなってくる。

d0165762_17262136.jpg

     さあ、サンドイッチを食べ終わったら、モールの中のスーパーに行きましょう。
     ここにあるのはカルフールというフランス系のスーパーマーケット。以前住んでたトリノでも使っていたスーパーだから、イタリアとポー
     ランドの商品の違いっていうのもわかりやすくて面白そう。
     ワクワクしながら、用もないのに端っこから順番にじっくり見て回る。
     「そうそう、これこれ、ニシンの酢漬け、好きなんだよね~」「ポーランド・ピクルス!あ~、でも瓶詰めは重くて持って帰れないなあ」
     「インスタント・スープは買って帰ろう!」
     外国のスーパーって、楽しいですよね~。

d0165762_17264225.jpg

     なんて楽しんでる間に電車の時間。
     もちろん早めにホームに行って、自分が乗る電車が表示されてるかも確かめた。
     そしたらね、あのホームの番号のアラビア数字の意味がわかったのだ。
     私の電車が来るIV番ホーム、片側が4/6で、もう片側が4/8ホームになってる~。日本みたいに、それぞれの側に違った番号がついてる
     わけじゃないんだ。でもなんで6と8? どうやらどこのホームも片側が6でもう片側が8みたい。なんでだろう?

d0165762_1727095.jpg

     電車の窓から見えるのは、広~い広い空に、真っ平らな草原。時々ぽつんと木が見えるというポーランドの景色。
     それを見ながらね、本当にの~んびり。
     4年前には確かワルシャワ~ウッヂ間は3時間ぐらいかかった気がしてたけど、今回は鈍行なのに1時間45分。早くなったのね~。

     実は車中でね、空席を塞いで人の邪魔になってた私のトランクを荷棚に上げてあげてくれた、子供連れのお父さんがいたのです。
     お互いにバタバタバタって慌ただしい会話だったんだけど、ふとあとで考えたら「もしやイタリア語でだった?!え、なんで、なんで?!」・・・。
     と思ってたのはどうも私だけじゃないようで、彼らが降りる前に男の子が突然お父さんに内緒話。私のほうをちらりと見ながらね。で、その
     お父さん、今度は英語で話してきたり。ふふ。
     お互いに、「なんでこの人はイタリア語を話せるんだろう?英語も話せる?」と思ってたのかも(笑)。相手がイタリア語を話すって確信が持てて
     たら話しかけてたんだけどね。
     思わぬところで、話し慣れてた言葉の会話になってビックリでした。

d0165762_17272068.jpg

     なんだかここに住んでて、ただ電車に乗ってるみたいな、そんなとってもしっくりくる慣れた気持ち。
     旅行前に緊張してたのが嘘みたい。
     ここは私にとって、いるのが自然な場所なんだろうなあ。そんなことを考えた。

     定刻より10分ほど遅れて、やっとやっと今回の目的地、ウッヂ(Łódż)に到着~!
     幸いなことに、ワルシャワ空港のWi-fiエリアから送っておいたメッセージを友人が見てくれたようで、駅まで迎えに来てくれてました。
     そこから今回のプロジェクトの拠点となるホテルまでは車で10分ほど。
     車内で4年ぶりの再会のおしゃべりなんかしていたら、思わぬことを言われました。

     「(このプロジェクトのオーナー、注文主である人が)さかなにはぜひ新しい作品を描いて欲しいんだって」

     え?! 4年前に描いたフレスコ画の修復のために来てって・・・だから新しい作品なんて、何にも考えてないよ・・・(汗)

d0165762_17273990.jpg

     またもや頭の中が???となりながら、私はやっとこさ、滞在先のホテルに着いたのでした。

     日本の家を出てから、実に36時間後のことでありました。




     
[PR]
by sakanatowani | 2015-09-01 17:55 | フレスコ画 affresco | Comments(6)