<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
   言葉のニュアンス
d0165762_2263878.jpg

     言葉って単純じゃない。
     ひとつひとつの言葉の組み立てってものじゃなくって、その文化や人の性格に、密接につながってるんだなあって、
     日頃から感じています。

     例えばね、イエスさまのお父さん、ヨセフさまは、大工さんだったって、通っていた幼稚園で聞いたと思うんです。
     でもね、こちらに来て数年して、ある日、ハッと気づいたの。005.gif
     ヨセフさまは木工職人だったんです。それを日本語では、木を扱う職人、したがって大工さんって訳したんですね。
     大工さんって、家を建てる人。
     でもイタリアでは、家は木で建てないんですよね~。
     だからもしかしたら、ヨセフさまの仕事、木工職人って、家具をつくる人ってことなんじゃない?!って。

     こんなふうに、ひとつの言葉を単純に訳しても、その文化によって訳も受ける印象も違うんですよね。
     だからニュアンスの違いにいたっては、本当に正確に伝えるって難しい~。

d0165762_227282.jpg

     実は先日出版された私の絵本
     もちろん最初の案は日本語。私の頭の中でつくってるからね。
     そのときは、「(悪いけど)ちょっとつめてくれるかな?」って感じで書いたんです。
     だから売り込みのために英語に訳すときも、私の感覚で「ちょっとつめてくれる?」に近い感じで書きました。

     それを出版社の人が、自然な英語になおし、もちろんいい絵本になるようにプロの手も加えたのでしょう。
     そしてできたのが、『Move over, please!』。

     もちろんやっと出せた自分の第1冊目の絵本だし、プロの編集者の腕も信頼しています。
     でもね、題名の『Move over, please!』、私の頭の中では、「ちょっとつめて!015.gif」って訳しちゃう。
     何となく、「ちょっとつめてくれる?001.gif」とは違うんですよね。
     本の中の「Can you move over, please?」は、私の脳内訳でも「ちょっとつめてくれる?」って感じがするんですけどね。

     でもこれは、日本語が母国語の私の頭と気持ちが感じること。
     英語が母国語の人の感じるものとは、やっぱり違うと思うんですよ。

     英語圏の人は、私と同じ感じでこの題名を感じてるのかなあ。どんな感じなんだろう?
    それに この本は、他にドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、ギリシャ語、トルコ語版があるわけです。
     それぞれの言葉が母国語の人は、どんな感じに思うんだろう。
     バイリンガルの蒼いお山のかおりさんは、どんな感じでこの2つの題名を読みますか?

     言葉のニュアンスって、本当に些細なことだけど、でもとっても大事なもの。
     とってもちっちゃなことだけど、伝えられると嬉しいもの。
     いつかこの本も、日本語版が出せたらいいなあって思うんです。

     明日から3日間、この本を持って、ボローニャの世界絵本フェアに行ってきます。
     今回はまだ、この本が、私がちゃんと仕事として絵を描ける人だと信用してもらうための見本になってくれるだけ。
     それをいつか、日本の出版社から日本語で出せたらなあ。
     それがこれからの夢のひとつ。

     まあその前に、この絵本フェアで集まれる、久しぶりに会える友達に会えるのがすごく楽しみ。
     その人たちは、絵本業界ですでにイラストレーターとしてちゃんと長く働いている人たち。
     私の夢を実現できるように、2冊目の本が出せるように、みんながどう動いてるか見てこなくちゃね。

     みなさんも、すてきな1週間を!056.gif
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-23 22:11 | 母国語、外国語
   日本語ってこうなんだ〜!
d0165762_18242115.jpg
レンギョウの黄色、桜っぽい花のピンク。春、すっかり始まってます

     こちらに来てから、アルバイトで日本語を教えています。
     残念ながら、日本語を勉強したいっていう人はそんなにいないのですが、今教えてるLちゃんはもう2年目になるのかなあ。
     1年目は週に1回2時間。その後は週に2回2時間ずつ。
     こつこつ、こつこつ、やっと基礎編の終わりぐらいまで来たんですよ。

     日本語を教え始めて思うこと。
     日本語の勉強って、本当に辛抱が必要だなあって。

     私もイタリア語をまったくの0から始めたので、語学の勉強って一朝一夕じゃいかないってことは
     髪の毛をかきむしるほどわかっています。
     でもね、日本語を外国語として教えていて思うのは、日本語って文法じゃ説明できないルールが多いのかも、
     機械的に言葉を組み合わせていけばいいってもんじゃないのかもってこと。

d0165762_18255161.jpg
モクレンの花も、もうすっかりつぼみが膨らんでます

     先日、このLちゃんの授業の準備をしていて出会ったこの例文を見てください。「〜ので」の項目。

     お金がなくて、新しいくるまが買えません。
     お金がないので、新しいくるまを買いません。

     「〜て」「〜ので」って、理由や原因を示すときに使われる言葉ですよね。
     でも、上の例では「〜て」を「〜ので」にかえても意味は通じますが(「お金がないので、新しいくるまが買えません」)、
     下の例では、「〜ので」を「〜て」にはかえられません(「お金がなくて、新しいくるまを買いません」)。
     今ではしゃべり言葉としては言うかもしれないけど、ちゃんとした文としては使えないという意味です。

     じゃあ、それはどうして?025.gif

     外国語を学んでいる人には、「こういうルールがあるから、この場合はこの2つの言葉を入れ替えることができないんです」と
     説明しなくてはいけません。
     どう説明したらいいでしょう?
     ちょっと考えてみてください。039.gif

d0165762_1825977.jpg
葉桜、かな〜。もう咲き始めてますよ〜

     私、こちらでも手に入る、英語で説明文が書いてあるテキストを使ってるんですよ。
     はじめ、この例文の説明部分を確認程度にさら〜って読んで、「ん? なに言ってんだ? 私の英語力も落ちたな〜」なんて
     思ってました(笑)
     ところがね、再度じっくり説明文を読んでみて、びっくり仰天。

     「自分でコントロール不可能な状況では、『〜て』と『〜ので』は同様の意味として交換可能。
      しかし、自分でコントロールした状況の場合には、『〜ので』を使用し、『〜て』には交換できない」

     知ってました? こんなルールがあったなんて?!
     考えたこともなかった〜!!! 005.gif

     目から鱗とはこのこと。
     しばらくは、頭の中でいろんな例文をつくっては、「ほんとなの?」って確認してしまいましたよ。
      「嬉しくて、叫んでしまいました」「嬉しいので、叫んでしまいました」 
     自分でコントロールして叫んじゃったわけじゃないよね。なるほど、「〜て」「〜ので」交換可能だ〜。
      「怪しいので、調べてみました」
     自分の意志(コントロール下)で「調べてみた」わけだ・・・「怪しくて、調べてみました」・・・あ、交換できない〜!045.gif

     昔の生徒さんで、日本で働いたこともあって日本語を話せる人たちが言っていたんですよね。
     「日本語って、(文法じゃなくて)場合や状況によって言葉を変えなくちゃいけないから難しい~」って。
     こういうことだったんだね〜。

d0165762_18254237.jpg

     母国語って、毎日の生活の中から少しずつ覚えて身につけていくものだから、こういうルールがあるって意識しない。
     なんかね〜、日本語を教えてると、知らなかったこと(意識してなかったこと)がいっぱい出てきます。
     母国語を教えるって、当たり前のことを、まったく新しい視点でもう一度見ることですね〜。

     いやはや、こういうことがあるたびに、日本語を外国語として勉強するって、大変だなあと思うのです。
     あ〜、日本語が母国語でよかった(笑) 042.gif





     
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-19 18:40 | 母国語、外国語
   目!
d0165762_1784715.jpg

     イタリア語で「目」はオッキオ(occhio)。両目だとオッキ(occhi)。

     でもこの片目のオッキオ、もうひとつ意味があるんです。
     それはね、「気をつけろ!」「注意して!」。

     こちらに来て2年目ぐらいの頃だったかなあ。
     大きな道を知人たちとおしゃべりしながら歩いていて、さあ、渡りましょうと道路に足を踏み入れたとき、
     「オッキオ!」と背後からひとりが私に言ったのです。

     え?! 何? 目?005.gif
     って、その場で振り向いちゃった。だって、相手の言葉を聞き取って理解するだけで精一杯だったんだも〜ん

     そしたらまわりが「わ〜!(汗)」って。
     歩行者側の信号が青だって、車は信号無視して来るときには来る。それがここ。
     なのに道路に数歩入ったところで、私は止まって振り向いちゃったんだもんね。
     いやはや、逆効果011.gif

     私、その時まだ知らなかったんですよ。オッキオのそういう意味。
     あとで意味を教えてもらったんだけど、あまりのインパクトある出来事に、一発で意味を覚えられました(笑)

     「注意しろ!」のオッキオ。イタリア語初心者に使うのは、要注意であります。037.gif

     最近ぐっと春めいてきて(いや、むしろ暖かすぎるぐらい)、空も明るくなってきて、歩きたい気持ちがムクムク。
     久しぶりに以前住んでいたあたりを通ったら、横断歩道の前の歩道にこんなモザイク。
     一目瞭然。「注意して!」ですね。
     でもモザイクは両目なのね〜。なんて思ったりして。

d0165762_1792267.jpg

     いい季節になってきて、週末にお出かけする方も多いかな。
     くれぐれも「オッキオ」でお過ごしくださいね〜。001.gif
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-14 17:14 | おお、イタリア!
   Aちゃんのおひなさま
d0165762_6253821.jpg

     先週から、4才の女の子Aちゃんに、日本語を教え始めました。
     日本語クラスのリクエストはほとんどない昨今、しかも、4才の女の子が「なんで日本語を?!」ってちょっとびっくり。
     それがね、お母さんによると、見ていたアニメに日本人の女の子が出てきて、その子が日本語をしゃべっていたんですって。
     それ以来、日本に興味を持っちゃったらしい。
     なんか嬉しいですよね、こういうの。

     まあでもまだ4才ですからね。
     やっと字に興味を持ち始めたぐらいで、黒板に字を書いて教える「授業」なんてできません。
     日本語を覚えたいっていうのだって、大人が考えるのと同じような感覚じゃないだろうし。
     日本のものに触れたり、日本語を聞く機会って感じかなあ。

     今週はちょうどひな祭りの日にあたったので、ネットで見つけた「簡単に折れるおひなさま」↑を用意しました。
     それであらためて彼女と一緒につくって、顔を描いてもらおうかなって思って。

     そしたら彼女、「髪は茶色~。でね、目は青いの」って、嬉しそうにおひなさまの顔を描き始めました。
     茶色い髪に、茶色い眉毛。くるくるとした青い目に、花はピンクのだんごっ鼻。赤い口がにっこり笑ってるの。
     おお~、これが彼女のおひなさまなのね。

d0165762_6384538.jpg
写真、撮りたかった~。授業中だから撮れなかったけど。だからちょっと再現。


     ちょっとハッとしちゃった。
     そうだよね。彼女の中では、お姫様はこういう人なんだよね。日本ではおひなさまと呼ばれてるけど。
     私もおひなさまを「お姫様」と説明したし。

     こういうことがあると、昔のカナダ人の知り合いの子のことを思い出す。
     その子、ある時じ〜っと私の目を観察してこう言ったの。
     「目は、濃い茶色なんだね」って。
     そうしたらすぐに、ちょっと離れたところにいたお母さんから「日本人の目は黒よ」って声が飛んできた。
     それでね、子どもは「焦げ茶色だよ」ってまた言ったけど、結局その場では、私の目は黒ってことになりました。

     それから数年前、この街で市民登録することになった日本人のお母さんが言ってたこと。
     「市民登録には目と髪の色も申告するんだけど、私たちの目って、焦げ茶色なんですって。黒って言ったら違うって」
     というのは、人間の瞳(瞳孔)の色は誰でも黒。だから目の色はいくら濃くても焦げ茶色なんだと言われたそう。

     そうね。髪の色もね、インドやここでも、本当に真っ黒な髪の色の人を見かけます。
     そういう人たちの髪を見ていると、日本人の髪の色って、黒じゃなくて焦げ茶色だなあって思う。
     こちらで見る黒髪の人ってね、本当に真っ黒でつやっつやなんですよ。

     あ、もちろんね、おひなさまは黒い髪で黒い目でいいんです。
     でもAちゃんのおひなさまで、ちょっといろいろ考えちゃったというか、思い出したというか。

     私がつくった黒髪黒い目のおひなさまとお内裏さまは、Aちゃんの茶色い髪で青い目のおひなさまと茶色い髪で茶色い目の
     お内裏さまと一緒に飾られたのかな。

d0165762_6262816.jpg

     そしてその日、レッスンに来てすぐAちゃんがくれたこれ。なんだかわかりますか?

     これね、日の丸なんですよ〜037.gif
     お家でね、日本の国旗を描いてくれたんだって。
     あんまりかわいいから、もらっちゃった。

     日の丸のプレゼントは、こっちに来てから2回目かなあ。
     こういうのをもらうたびに、「日本の国旗はシンプルな図柄でよかったな」って思います。
     だって、描くのが簡単だから、こうやって気軽に描いてプレゼントしてくれるんだものね。

     さてさて、このAちゃんとの日本語のレッスン。
     これからどんなことを私に気づかせたり思い出させてくれるのかなって楽しみです。

     

     
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-08 06:28 | ひびのこと diary
   グリッシーニ物語
d0165762_1647149.jpg
あれ?写真で見たら、グリッシーニって名前じゃない。イースト入りはグリッシーニって呼ばないのね(汗)

     グリッシーニ、好きですか?
     レストランのテーブルの上においてあって、お料理を待つ間についつい食べちゃうグリッシーニ。
     でも食べ過ぎちゃうと、お料理が食べられなくなっちゃうし・・・っていうグリッシーニ。

     このグリッシーニ、ここトリノが発祥の地だって知ってますか?

     その昔、トリノの街のある修道士がおなかを壊してしまいました。
     お医者さんはいいました。
     「しばらくパンを食べてはいけませんよ。食べていいのは、小麦粉と水を練って焼いたものだけですよ」
     そこでその修道士はお医者さんにいわれた通り、小麦粉と水を練って、細長い棒のような形にして焼きました。
     イーストが入っていないので膨らみません。パンのような形にしたら、かたすぎて歯が立ちませんからね。
     こんなふうにして、グリッシーニはできたのです。

     そんなわけで、この街はグリッシーニ発祥の地(らしい)。
     ふつうグリッシーニはパン屋さんで売っているのですが、この街ではときどき「グリッシーニ屋」という名前で、
     パンも売ってるけどいろんな種類のグリッシーニを売っているお店を見かけます。

     ちなみに、パン屋さんはイタリア語でパネッテリア(panetteria)。パンのイタリア語、パーネ(pane)から来ています。
     この街ではパン屋さんはこう銘打ってるところが多いです。
     しかし私がイタリア語を勉強した中部イタリアの町ペルージャでは、パン屋さんはフォルナイオ(fornaio)と呼ばれています。
     これはフォルノ(forno。イタリア語で釜の意)という言葉から来ています。
     昔々は、小麦粉を持って行くとパンやピザ生地にして窯で焼いてくれる、釜屋さんという職業があったんですね。
     その名前が今も残っていて、パン屋を中部イタリアでは今でもフォルナイオと呼ぶわけです。
     そんなふうに、イタリアでは、地域によって、同じ職業でも違った名前で呼ばれたりします。

d0165762_16473391.jpg

     話はグリッシーニに戻って・・・。
     ある日、スーパーでよくよく見てみたら、グリッシーニを売ってる棚面積がとっても広いことに気づいてびっくり。
     なが〜いスーパーの棚一列の半分ぐらいはあるんですよ。

     シンプルな小麦粉と水だけのもの。ローズマリーが入ったもの。黒オリーブや緑のオリーブが入ったもの。ごま入り、
     トマトペーストとオレガノ入りなど。
     それに、オリーブオイル入りだとか、塩入り、イーストが入ったタイプ、胚芽入りのものもあるんです。
     味の違いだけでなく、まっすぐなもの、ねじったもの、太いもの、細いもの。そんな形の違いでも、違った名前が
     ついてるようです。
     よくよく見ると、グリッシーニといっても、いろんな種類がありますね〜。

     グリッシーニってめったに口にしないんですが、たまに食べると、サクサクしていて、でも固過ぎないで、ついつい
     手が止まらなくなっちゃうんですよね。
     だからグリッシーニって、(後で来るお料理のために)なるべく食べないようにしちゃうんですけど・・・。
     こちらでは、グリッシーニに生ハムを巻いたものは前菜の定番。
     機会があったら、いろんな種類を試してみたいよね。





     
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-02 16:52 | ごはん food