<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
   ポレンタと物語のあのごはん(下)
d0165762_22262877.jpg
充填豆腐の要領で、すでに煮られたものが冷蔵パックで売られてるポレンタも。煮立てのポレンタの方がおいしいけど、手抜きしたい時は便利。

     ポレンタは冷めると固まると前回書いたが、それをスライスして、ゴルゴンゾーラやトマトソースをかけてオーブンで焼くと、
     ポレンタ本来の柔らかさと、オーブンで焼けたカリカリとした食感が両方味わえておいしい。
     私はこっちの方が好きかもしれない。たぶん柔らかいポレンタを大量というのは、同じ食感が続くので飽きるというのも
     あるのだろう。
     昔のシェアメイトは、翌日にオーブンで焼きポレンタをしたくって、ポレンタをつくるときはいつも多めにつくると
     言っていたっけ。

     このスライスしたポレンタを、そのまま、もしくはグリルしてセコンド・ピアットの付け合わせにするのは、北イタリア
     の東側に行くとよく出てくる。
     だから私の中では、例えばヴェネツィアあたりのポレンタの食事というと、菱形に切られた付け合わせ、だったりする。

     アメリカの南部では、グリッツという名前で、皮を剥いた白いトウモロコシの粉でつくるお粥があるという。
     アメリカ南部の家庭料理のTasteSouthさんやLA MAISON DE MOINEAU~雀のお宿~のすずめさんが紹介してらっしゃいます。
     これもアメリカ版ポレンタですね。

d0165762_2227183.jpg
どんより冬色の空。こういう日が続くと、ポレンタの出番も多くなるんだろうな。

     なるほどね~。北ヨーロッパのじゃがいも、北イタリアのポレンタ、アメリカ南部のグリッツと、昔はとにかくでんぷん質を
     食べることが大切だったんだもんな~と思いながら見ていて、ふと気づいた。
     これって、あの“とうもろこし粥”なんじゃない?!

     子どものころから、物語の中の食べ物がすごく気になっていた。
     見たことも行ったこともない場所で食べられている、知らない食べ物。
     そんなものを読むたびに、「どんなものなのかな~。おいしいんだろうな~。いつか食べてみたいな~」と夢見ていた。

     たぶん『トム・ソーヤーの冒険』とかだろう。
     そういう物語の中で、「○○はそう言いながら、とうもろこし粥をすすりました」とかいう文があったのだ。
     あれって、グリッツのことなんじゃないかなあ。

     グリッツなんて日本にはないから、“とうもろこし粥”と訳されていたのだろう。
     イタリア語版だったら、たぶんポレンタと訳されているんだろうな。
     そういえば、“麦のおかゆ”というものもどこかで読んだことがあるような気がする。
     あれはオートミールのことなんだろうなあ。昭和30、40年代以前の翻訳だったから、オートミールはまだメジャーな食べ物ではなかったのでしょう。

d0165762_22282866.jpg
リコリスのグミは、細長いひも状でぐるぐる巻いていたり、蜘蛛などの形をしているものも。

     そんなふうに、夢見ていた物語の中の見知らぬ食べ物のことに思いを馳せていたら、にがい思い出もよみがえってきた。
     リコリス、である。

     リコリスは日本語でいう甘草の仲間。その根のエキスを甘味料として、欧米ではお菓子がつくられる。
     あの黒いグミだ。
     私には薬っぽくて苦手な味のリコリスは、イタリアでも大人気。
     あの黒い色をしたリコリス飴を棒として、そこにレモンシャーベットがついたものを、みんなおいしそうに食べている。
     「リコリスのとこを食べたくて、シャーベットを食べ終えるのが待ち遠しい!」なんて言いながら。

     しかし、ものすごく食いしん坊で、嫌いな食べ物はほとんどない私も、あの味だけはダメなのだ。
     それがあの、子どものころ読んだ(記憶違いでなければ)ピーター・ラビットで、小ウサギたちをうっとりとさせる
     食べ物だと知った時のショックは大きかった。
     だって子どもの私も、「リコリスっておいしいんだろうな~。私も食べてみた~い♡」と、それはそれはうっとりと
     させられており、いろんな外国の食べ物が日本でも食べられるようになってからも、依然リコリスだけは謎の夢見る
     食べ物、憧れのほんわりとした夢をまとった食べ物だったのだから(笑)

d0165762_2228592.jpg
卵を泡立ててないからふわっとしてない私のケーキ。でも、ポレンタの粒がプチプチしておいしいのだ。

     話はだいぶそれてしまったが、所変われば主食も変わる。
     異国に住んでいると、昔々に読んだ未知の食べ物が、こうやって発見できることもあるのだね。
     本の中と現実の世界のこういうつながりが、毎日の生活をちょっとおもしろくしてくれる。

     最後に、私の好きなポレンタを使ったケーキを紹介させてください。
     それは、北イタリア自然派生活のolivolivoさんのポレンタのヨーグルトケーキ 
     めんどくさがりの私は、別立てどころか、共立て、でもなく、卵をグルグルとかき回すだけという荒技でつくって
     しまうのですが(汗)olivolivoさん、ごめんなさい~、とってもおいしくて、もう結構何度もつくってます。

     そうそう、ポレンタ(の粒)は、スクラブとしても使えるそうですよ。友人がこちらのエステティシャンから教えてもらったそう。
     あ、ただし、プレコット(3分ぐらい煮るだけでできるタイプ)ではないものでね。
     乳液などに生のポレンタの粒をそのまま入れて、顔を優しくマッサージするだけ。

     そういえば、イタリアの市場では、とうもろこしを見ない。
     粒コーンの缶詰は種類は少なくとも見るけどね。
     以前知り合いに「なんで?」って聞いたら、「とうもろこしは家畜の飼料だから」って言われたなあ。
     でも北部では、ポレンタになって食べられているんだね。


     一冬に1度ぐらい「ポレンタを食べようかな」と思うことがある。
     この冬はもう食べてしまった。だからもう次の冬までその気になることはないんだろうなあと思う。
     私とは、そんな素っ気ない関係のポレンタだけど、これだけのことを考えさせてくれるというのは、おもしろい食材
     なんだなあとも思うのです。






     
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-29 22:37 | ごはん food
   ポレンタと物語のあのごはん(上)
d0165762_23135185.jpg
これがポレンタの粉

     「今日はポレンタよ」という声に、まわりから「わ~」と歓声が上がる。
     しかし私の心には、(ああ、ポレンタ・・・)と沈む気持ちと、(ごちそうになってるのだから、なんとか格闘しなくては)
     という失礼きわまりなくも立ち向かおうという小さな奮起の気持ちがわき上がる。
     それがポレンタという食べ物。

     ポレンタは、トウモロコシをひいたものを、水と少量の塩で煮て、少し固めのおかゆ状にしたもの。
     北イタリアで、冬によく食べられているものである。

     大鍋で、ゆっくりゆっくりかき混ぜながら煮ていくと、さらさらだったものが、だんだんと重くなっていく。
     それを40分ぐらいぐつぐつと煮ていくのだ。よって、力が必要。
     だから、ポレンタづくりはお父さんの仕事、という習慣があったらしい。
     今では3分煮ればOKという、プレコット(あらかじめ固化した粉?)もあるので楽になったものだ。

     それに、チーズ(その土地のチーズを合わせるようだが、ゴルゴンゾーラを合わせることが多いよう)を合わせた
     ポレンタ・コンチャや、肉の煮込み、トマトソースなどを合わせて食べる。
     今ではプリモ・ピアットとして食べるが、たぶんその昔の農民は、これが食事のすべてだったのだろう。
     ゴッホの絵に『ジャガイモを食べる人々』という絵があるが、北ヨーロッパでのジャガイモが、北イタリアではポレンタ
     だったのだろう。
     そんな雰囲気のする、素朴な、そしてドーンとおなかにたまる食べ物である。

d0165762_23222336.jpg
この日は、一度冷めて形になったポレンタを切って、野菜とソーセージのトマト煮と合わせて

     もちろん今でも、これだけで食事にすることも多い。
     こちらで、クリスマスの食事として出されたこともある。
     ポレンタが煮上がった大鍋をどしんと食卓の中心に置いて、または、煮上がったポレンタをテーブルクロスの上に
     直にか木の大きなお盆の上に直接流して、それをみんなで自分の皿に取り合いながら食べる。
     ポレンタは、冷めてくるとブリンと固まってくるので、お盆の上から流れ出すようなことはない。
     (写真のポレンタは、一度冷めて、白玉やお団子ぐらいのかたさになったものを、切って温めたものです)
     これをもう、わしわしと、何皿も何皿も、合わせる具を変えて食べるのだ。

     一皿のポレンタは、カレー皿ぐらいのお皿に、カレーの時のごはんより少し多いぐらいの量。
     「食べきれないなら、ごはんは残してもいいから、おかずは全部食べなさい」という家庭で育った、もともと主食っ食い
     ではない私には、一皿食べれば、もうおなかはいっぱいはじけそうになる。

     それをみんなはわいわい楽しそうに雑談しながら、2、3皿ぐらいは食べるのだ。
     もちろん私にも「さあ、次はコンチャでいく?」などと、お代わりを促されるのは当然である。
     だからその中で、お呼ばれとはいえ、ポレンタの食事は私には、“(失礼ながらも)格闘しなければいけない覚悟の
     メニュー”なのである。注)私は決して小食ではありません。

     でもその光景って、日本人が「この塩鮭おいしー!」と言ってごはんを1杯、納豆でもう1杯、「〆は、やっぱり梅干し
     か卵かけごはんだな!」って言って、わしわしごはんを食べるのに似てるような気がする。
     きっと日本でも、そんな日本人たちを驚きの目で見ている外国人がいるに違いない(笑)


     (長くなるので続きます)
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-25 23:24 | ごはん food
   ダサかわいいイタリア
d0165762_19501382.jpg

     今さらのクリスマス時期の話題ですみません。でも・・・

     見て、見て、この写真!このクリスマス・シーズンに見た、工事現場の足場です。
     足場に星! 初めて見たよ、こんなの(笑)たぶん、この足場のとこにあるお店が、星をつけたんだと思うけど。

     世界中の人から、“おしゃれ”とか、“洗練されたデザインの”っていうイメージを持たれてるこの国に住んで、
     「やっぱり素敵なんだろうな~」「洗練されてておしゃれ!」って声を聞くたびに、「その“おしゃれなイタリア”って
     どこにあるの?」と思ってしまうのが実は本音。
     だって、たま~に見るこじゃれたものだから写真に撮るわけだし、日本のクリスマスのライトアップの方が
     ずっとおしゃれで、洗練されてるのは知ってるから。

     実際は、↑のようなクリスマス・デコレーションを見て、「もうすぐクリスマスね♪」って心踊らせる生活なんですよ。

     そうなの。“ライトアップ”じゃなくて“クリスマス・デコレーション”。それがイタリア。
     今回は、そんな“ふつうのイタリアのクリスマス”を撮ってみました。

d0165762_19505443.jpg
大晦日に食べる習慣のレンズ豆の袋にもダサかわいいサンタさん♪

     この年末年始に、以前イタリアに住んでいた方と話していて、「イタリアらしいクリスマスって、ダサかわいい
     ところなんじゃない?」って話になりました。

     イタリアってね、娯楽が本当に少ないし、何かあってもエンターテイメント性に欠けるんです。動物園も遊園地も、
     デパートさえも、どこにでもあるわけじゃない。
     そしていろんなものが、なんかいつもこうあか抜けない。
     「ああ、昔、子どものころにこういうものあったな~」っていう、まさに昭和を感じさせるデザインのものばかり。
     いや、イタリアに昭和はないから、さしずめ70年代風?
     そうなるとやっぱり、「世界の人が想像してるイタリアってどこにあるの?」となるわけです。

     イタリアも、他のヨーロッパの国と同様、階級社会。
     日本の雑誌で見るスタイリッシュなイタリアは、きっとそういう階級の人の生活の中にあるのです。たぶんね。
     デパートも、ミラノやローマにならあるのです。
     でも一般の人の生活は、もっと別のもので彩られてるんだなあと、今回あらためて思ったのでした。

d0165762_1951547.jpg
薬剤師さんたちがつくったのかな、と微笑ましい薬屋さんのウインドーの紙のツリー。

     クリスマスが近づいて、パン屋さんのウインドーに置かれてるパンの間に、薬屋さんのウインドーの薬の箱たちの間に、
     ちょろりときらきらモールが飾られる。
     バールのテラス席のテーブルに、クリスマスカラーのテーブルクロスがかけられる。
     日本でいう町内会にあたるものが、その町内のちっちゃな商店街の通りに、毎年変わらないシンプルな灯りの
     デコレーションを飾る。

     それらはけっしてスタイリッシュでも、友達を誘ってわざわざ見に行こうという種類のものでもありません。
     でもね、毎日の買い物の時、通勤の時、バールにちょっと寄った時、そういうのを目にして、「ああ、今年もクリスマスが
     来たな」って感じるのです。

d0165762_19513030.jpg
バールのウインドーも、コーラの広告の下にはプレゼーピオ

     アパートの建物の入り口や、友達の家に飾られたプレゼーピオを見て、「この週末に飾ったのよ。今年は、この羊飼いの
     男の子とガチョウを連れた女性を新しく買ったの」なんて会話をする。
     そういう家庭の中、友人知人の輪の中でのお祝いの飾り。それが、イタリアらしいクリスマス。

d0165762_19515983.jpg
バールのクロスもクリスマス

     町が、市が、そして有名ブランド店が、消費者にアピールしたり、人々の足を向けさせて、その場を活性化しよう
     という考え自体が、ここにはあまりない気がします。クリスマスは宗教的な意味合いのお祝いだし。
     それはクリスマスに限ったことじゃなくて。

     自分達のふだんの暮らしの中の単位が、家族、知人、大きくても日本でいう町内会の大きさ。
     その中で物事を考えるのが、イタリア。
     この街は観光地でもないから、よけいその傾向が顕著だとも思います。
     そして、住めば住むほど、それがこの国、この国の人なんだなあと感じるのです。

d0165762_19574666.jpg
パン屋さんも靴の修理屋さんもクリスマス・デコレーション

     新しい物がどんどん生まれ、変化を楽しみ、外へ外へと目を向けるのも当たり前の私たち。それは決してネガティブなことじゃなく、
      ここにいると逆に、日本は新しいものと伝統を、うまい具合に両方もち続けてるとすごく感じます。

     でもイタリアでは、もう何十年も何百年も楽しみ方は変わらない。
     それは私たちにとっては、子どものころ見た物や風景であり、あか抜けないけど、それが逆にかわいいと感じるもの。
     それがイタリアらしいとこなんじゃないかな。
     そしてそんなものを求めて、世界中から人が訪れる。
     いつ来ても、何度来ても、変わらずにそれはここにあって、体験できるのだから。

     オランダ人の知人が言っていました。「そういう懐かしさを感じるものがあるから、僕たちはイタリアに旅行に
     行きたいって思うんだよ」って。「だから逆に、そこに住むのは大変だと思う」とつけ加えたのは、また別のお話。

d0165762_1958610.jpg

     ここに何度も登場している、我が家の裏のお家のクリスマス・デコレーション。
     実は彼ら、このデコレーションをイースターが終わるまでははずしません。
     今までいろんな家に住んできたけど、こういうご近所さんは初めて。

     あたりが暗いうち、朝は8時過ぎまで、夜は暗くなった6時頃から、このデコレーションはピカピカしてます。
     クリスマス・シーズンの終わる1月6日の公現節の祝日(イエス様のところに東方の三賢者が着いた日)であり、
     ベファーナという魔女が子どものところにお菓子を持ってくるという日以降は、そんなにこまめにつけられなく
     なってしまったけれど、このピカピカを見るのが、この時期の私の小さなお楽しみ。

     だからね、元旦から数日、大晦日のパーティ明けの寝坊なのか、2日からの仕事始めにおおわらわだったのか、
     朝起きた時にこのデコレーションがついていなかった日、なんだかとっても寂しかったのです。
     今でもついてると嬉しいし、ついてないと「なんでかな」と思ってしまう。

     キッチュだと言われても、このダサかわいさ、それを日々の楽しみにするのがイタリアのよさなのでしょう。
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-19 20:09 | おお、イタリア!
   でぶでぶ鳩ぽっぽ
     やっとコンピュータが戻ってきましたよ〜。
     が、お掃除だけでは変な音は変わらず。どうやらファンを替えないと根本的には直らないみたい。002.gif
     今回持っていったお店では、コンピュータの型が古すぎて替えのファンがもうないといってたけど。

     う〜む、どうしたものか。ほんの1週間だったのに、これがないのはとっても長く感じたしなあ。
     でもこの音のままでは・・・う〜む。ちょっと様子見ですかね。とりあえず中はきれいになったわけだし。039.gif

d0165762_0221271.jpg

     バス停で見かけた鳩ぽっぽ。
     もうちょっとで球体だよってほどに、丸っまるに太ってた。
     冬だもんね〜。

     でもね、今年は本当に暖冬で、冬らしい冬を感じない。
     いまだに最低気温も0度を切らないし、昼間なんて6度ぐらいまで上がるんです。
     例年なら、マイナス5、6度にはなって、雪も何度か降って、「そろそろマイナス10度とか来ちゃうかも〜」なんて話してるのに。
     外に出ると、顔がキーンとなるあの感じが恋しいなあ。

     今年はアメリカに、ものすごい寒波がい続けているようですね。
     そして東京も寒いとか。
     寒波のなか暮らしている方は、くれぐれも気をつけてくださいね。
     そしてその寒さ、こちらに送ってくれてもいいですよ〜。
     私は冬らしい寒さと雪を心待ちにしてますから。043.gif
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-17 00:26 | ひびのこと diary
   今週はお休み
     お正月明けの最初の週、みなさま無事乗り越えましたか〜?

     実はクリスマスごろから変な音を出していたコンピュータ。
     今週になって、とうとうお掃除入院させました。
     戻ってくるまでは、14年選手の古いコンピュータを使うことに。

     この古いコンピュータ、メールはできる、ある程度のサイトも見られる。
     でも、使用できるソフトが古すぎて、いろいろ問題あって写真の加工ができないことが判明(ToT)
     あら、今やってみたら、エモーション・アイコンもプレビューも使えない〜
     というわけで、記事は用意してあったのですが、今週はお休みすることに。
     週1更新は心掛けていたのですが・・・いたしかたなし。

     つい1年半前まではこのコンピュータを使っていたのに、ソフトが対応していないために見られないサイトが多い、
     動画が見られない、FBもできないなど、ちょっと不便〜。
     ふだんインターネットに依存してるからな〜。

     そんなわけで、来週中には新しい方のコンピュータもきれいになって、ここに復帰できるはず。お店の人、頑張って〜!

     では、みなさま、よい週末を〜。
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-11 18:53 | ひびのこと diary
   なんちゃっておせち2014
     みなさん、どんな初夢を見ましたか?
     初夢って、元旦〜2日の夜か、2日〜3日の夜にみる夢のことなんですってね。

     実はね、大晦日から元旦の夜に、4種類の同じトーンの淡雪と寒天が組み合わさった和菓子の夢を見たんです。
     「わ〜い」って思って、淡雪の部分をそっととろうとしたら、ぷふぁあと淡雪寒がふくらんで泡に変わったの。
     そこで「わあ♪」って思ったら、目が覚めた(笑) 001.gif でもこれは初夢じゃないのね。

     元旦から2日の夜も、何かおもしろい夢を見て、目が覚めてすぐベッドの中で反芻してたんだけど、
     あとであれが初夢だと気づいて思い出そうとしたんだけど、思い出せなくなっちゃった。
     そんなのが今年の初夢(?)でした。

d0165762_20561855.jpg
なんちゃっておせち2014。写真が暗くて色が悪〜い(涙)

     さて、今年のなんちゃって(もいいとこ)おせちのメニューは、
     ・(お雑煮の代わりの)豚汁:わかめ入れ忘れちゃった。
     ・卵焼き
     ・中華風たたきキュウリ
     ・昆布で漬けたカブとスモークサーモンのミルフィーユ
     ・ポロネギの冷製:鶏ガラで茹でたポロネギ:あ、コショウふりわすれ。
     ・ゆで大豆:薬味のネギのっけ忘れ。
     ・カブとにんじんのなます:ゆず代わりのレモンの皮のせようと思ってたのに・・・
     ・にんじんのきんぴら:ゴマのせたかった〜
     ・牛タンのサルサベルデ添え

     なんだかことごとく薬味や最後のひと味を忘れちゃった〜。011.gif
     なので写真の中では、わにくんとさかなくんに最後のひと味を手伝ってもらいますぅ。

     昨年のなんちゃっておせちを見ていて気づいたんだけど、今年はイベントを追うだけで、本当に余裕なかったんだな〜。
     今年もいろんなことがあるだろうけど、今年はもっと余裕を持って、ひとつずつのことを楽しんでいこう。003.gif

d0165762_2056850.gif

     こちらでは、昨日からもう平日になってしまったけど、クリスマス・シーズンは6日まで。
     裏の家のイルミネーションは、まだピカピカ光っています 072.gif
d0165762_2103653.jpg
     

   大晦日のお呼ばれ(長いので、ご興味のある方はどうぞ)
[PR]
by sakanatowani | 2014-01-03 21:34 | ごはん food
   明けましておめでとう
d0165762_16342528.jpg
Flying Heart



明けましておめでとうございます。


いろいろあって、いろんな思いがあった昨年。
でも今年は、そんな思いも振り切って
クリアな気持ちでビューンと空を飛んでいきたい。

2014年、私の、そしてみなさまの心が
この絵のように、気持ちよく空を飛べますように。

今年もよろしくお願いします。001.gif

[PR]
by sakanatowani | 2014-01-01 16:38 | 季節のこと season's