<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
   毛筆レッスン
d0165762_21514438.jpg
練習を気軽にいっぱいできるように、紙は新聞紙の裏利用(笑)

     先週から週1回、友人のパートナーと毛筆のレッスンを始めました。
     彼は習字を習いたいのではなくて、絵の勉強の一環として、毛筆を使った動きを知るというのが目的。

     私は小2から中3の高校受験直前まで、毎週土曜日、近所のお習字教室に通っていました。
     楷書、行書、草書。草書をやり始めたとき先生に、「ちゃんと何書いてあるかわかって書いてるか? わかって書いてなきゃ、
     意味ないんだよ」そんなふうに怒られたりもしたな~。
     習字、大好きだったのに、高校受験だからって、中3の年明けにやめさせられちゃった。
     またやりたいな。機会が来たら、また誰かに教えてもらおう♪

     こういうレッスンを申し込まれて初めて、習字ってどういうものか、習字の線ってどういうものか、
     あらためて考えちゃいました。
     だって彼は、筆で使う「動き」を習いたいんですものね。何をどう教えたらいいかなって思って。013.gif

     あらためて考えてみると、習字の特に楷書って、それぞれの線はある一定の形にするというルール、その形が美しい
     っていう考え方があるんですよね。
     で、それらの形は、正しい箇所で、適切な筆の持ち方で、適切な圧力を与えたりゆるめたりすることでできる。
     つまり毛筆の線って、筆をどうやって使ったか、それがそのまま写されちゃう。
     しかも筆の持ち方って、鉛筆やペンを持つように、腕を机につけて固定もしない。
     それを筆を持ったこともない人に、どう教えたらいいか。
     それで、習字に使う、縦棒、横棒、はらいなど、それぞれの線だけを教える、という方法を考えました。

     おもしろいですね。やったこともない人に、自分が当たり前にやってきたことを教えるって。
     いろんな新しい発見があるんですよ。
     なんでああいう風に筆を持つんだろう。なんでああいう線になるんだろう。なんで太い線が引けないんだろう。
     相手ができないことを見て初めて、相手の動きの間違いもわかるけど、同時に自分が何を習ったのかがわかるんですよね。

     でもね、お習字を習ってた頃、手取り足取り教えてもらいました? 私、そんな覚えがないんです。
     全く初めての練習の時はともかく、そのあとは、先生に朱書きで直してもらって、あとは、どうやったら
     そういう線になるか、自分で何度も練習しながら、その形の線が書けるように自分の体で覚えていくんですよね。
     自転車の練習と似てる。だから、長い間お習字をしていなくても、けっこう体が覚えているのかな。

     初めてのレッスンのときにね、彼にこういうことを聞かれました。
     「君はこの毛筆の動きを、絵で使っていると思う? どういうときに使ってるの?」って。
     そんなの、全然意識してない。無意識で使ってるのかもしれないけど、もしかしたら、毛筆じゃない時は
     使っていないのかもしれない。
     毛筆の動きも自分の体の動きの一部だから、そんな分けて考えないものね。

     それからこんなことも聞かれました。「君はそんなに長い間習字を習ってるって、何をやることがあるの?」
     はじめ、何を聞かれてるか、よくわからなかったんですよ。039.gif
     だから、今教えてる線は基本の楷書の線なので、「時代や人によっていろんなスタイルがあるから、そういうのを
     習うんだよ」って答えたんです。

     でもね、後で考えてみたら、彼はアルファベットしか使ったことがない人。
     アルファベットの画数って、漢字に比べたらずっと少ない。しかもアルファベットって、日本語みたいに
     同じ大きさのマスに一文字ずつ書くって考え方もないんですよね!そう気がついて、目から鱗でしたよ。005.gif
     だから、画数が多い字をきれいに書くのは大変とか、画数の違ったいくつかの字のバランスをとって書くのは
     大変とかいう体験もない。それにイタリアでは、日本のように小学校から「書き方」「書道」のような授業は
     ないから、彼はそういうことを考えたことがないんですよね。
     カリグラフィーはアルファベットの国でもありますけど、それは子どものころから授業で習うものじゃない。
     逆にいえば、私たちは小さい頃から、そういうことを教えられ覚えてきたんですよね。だからそれを今では、
     当たり前のように自然に考えてる。

     ここでは当たり前に大学前に習うことを日本では習わなくて、(ここの大学の)授業についていくために
     必死に勉強しなければいけないこともあったけど、その逆に、日本で育った私には当たり前に考えてること、
     身についていることがここにはなくて、それを見てあらためてこんなふうに、日本で自分が習ってきたことを
     知るっていうこともあるんですよね。
     そういうとき、日本って国や文化をあらためて知るようで、とってもおもしろいです。

     私の友人が、東洋美術の本を見せてくれていた時、それをのぞいていた彼があとで言いました。
     「君たちの絵って、字でも絵でも、筆の動かし方は一緒なんだね」って。
     毛筆を使ったことがない彼が、絵の勉強のために毛筆の使い方を習い始めた。でも私は、字を書く時の線を使って、
     毛筆の動き、筆力のかけ方などを教え始めた。彼にはそれがピンときてなかったんでしょうね。
     それで、東洋美術の本に載っていた、絵の横に画家のサインや俳句、詩が並べて書かれた掛け軸などの絵を見て、
     毛筆で絵を描くのも字を書くのも同じことなんだって、実感できたんでしょうね。045.gif
     彼は漢字を知らない。掛け軸に書かれた文字も絵のような形に近く感じるでしょうから、よけいにそう感じられた
     のかもしれません。
     彼は彼で、今まで考えたことなかったこと、知らなかったことに、このレッスンで出会うんでしょうね。

     自分が知っていることを、それをまったく知らない人に教えるって、相手も知らないことを知るのだけど、
     こちらもいろいろ発見があっておもしろいです。
     自分が当たり前に思って無意識にやってきたことを、あらためて別の方向から見て、何が当たり前だったか
     知るいいチャンス。
     毛筆レッスンはあと4、5回。今後、私はどんなことを発見するのかな。楽しみです。001.gif
[PR]
by sakanatowani | 2013-11-24 22:05 | ひびのこと diary | Comments(6)
   フィオッコ
d0165762_1955563.jpg

     イタリアの習慣の中で、かわいいなあとずっと思っていたけど、なかなか写真を撮る機会がなかったもの。
     それがフィオッコ。
     昨日の「もう冬になり始めたのかなあ」と感じるような冷たい冷たい雨の中、それを見つけました。

d0165762_1962345.jpg
ガラスへの写り込みがすごいですが・・・(汗)

     「フィオッコ」は、イタリア語でリボン、蝶結びのこと。
     そう呼ばれるこれは、赤ちゃんが生まれると、道路から建物に入る共有ドアのところに、こうやってつけられるのです。

     基本は、男の子ならブルー、女の子ならピンクのもので、フィオッコ(蝶結び)という名前でも形は様々。
     そこに、赤ちゃんの名前が書かれているのが基本。赤ちゃんの生まれた日、体重なども書かれていることも。
     家族や親戚の手作りでしょうか、クロスステッチでこういうデータが刺繍されているものもあります。

     通りがかりお母さんが、「ここに赤ちゃんが生まれたのね〜」なんて子どもに話してる様子なんて、すごく微笑ましいですよ。

d0165762_1983029.jpg

     これってね、花屋さんで売ってるんですって。
     イタリアの町の花屋さんって商店街だけじゃなく、街路樹の並ぶ道路に挟まれた島(そこが駐車場も兼ねている)にも
     あったりします。
     だから、花屋さんって、けっこうたくさんあるんですよ。日本よりも、たくさんある気がします。

     町のあちこちにある花屋さんで、赤ちゃんが生まれたお祝いの、そしてご近所さんへのお知らせのためのこのフィオッコが
     売ってるって、なんだかいいと思いませんか?
     花屋さんって、嬉しいことに関係するものを売ってるんだな〜。
[PR]
by sakanatowani | 2013-11-17 19:11 | おお、イタリア! | Comments(8)
   深まる秋に・・・
     *追記あり(moreを付け加えました)
d0165762_18495066.jpg

     最低気温は3、4度になったけど、昼間はまだまだ14度ぐらいまであるから、まだ秋、かな。
     でも葉っぱはどんどん落ちていて、樹の枝がレースのように見えますよ。

     人々が長い長い夏のバカンスからやっと目が覚めて仕事モードになるのか(え?!)、この時期は新しい展覧会のシーズン。
     ヨーロッパのギャラリー中心のアートフェアに行ったり、ふだんあまり趣味に合わない展覧会ばかりしている美術館に
     たまたまさそわれたので、いい機会だからと行ってみたり。

d0165762_18501589.jpg
Fondazione Sandretto Re Rebaudengo "ONE TORINO"

     この展覧会、はじめの部屋の作品は、正直言って、全くよくわからなかった。
     「この人たちは、どうしてこれをつくったんだろう」とか、「どんな気持ちで、これが完成形だと手を止めたのだろう」とか、
     創作者側に立って想像してみたんだけど、やっぱりわからなかった。
     あの作品をいいと思った人に、解説してもらえたらなあ。

     カーペットの形のアート作品のグループ展。デュッセルドルフの美術館 2(前)2(後)で作品を観たアーティストの名前も
     見える。
     この人たちは、どうしてカーペットの形にしたんだろう。
     どういうものを表現したく、そしてそれには織物という素材じゃないと表現できないと思ったんだろう。
     自分が使わない素材の作品を観るのは、新しい視点を得られて楽しい。

     久しぶりに音楽と過ごす日の中で、今までとは違ったものが頭に浮かんで、新しいことも始まりそう。

d0165762_18504596.jpg
Piotr Uklanski

     音楽でも絵画でも、それこそ食べ物でも文章でも、どこから個人の好みって来るのかなって思ったりします。

     以前ね、「フジりんごはだめ。あのシャリシャリした歯触りが気持ち悪くて。古くなってふかふかしたりんごが好き」という人に
     会いました。
     私はその全く反対。古くなってふかふかになったりんごはどうしてもだめ。歯触りがないと。
     同じものを大好きという人と、受けつけないという人。
     体の中のどこかから、「これ好き」「これダメ」って、無意識に出てくる。何が基準? 何が違うんだろ。

     好みの問題と言ってしまってはそれまでだけど、アートって、視覚コミュニケーションであるはずなのに、
     観る側にコミュニケートする力があんまりないの?ってことを思ったり。
     だって音楽は、細かい好みはあるとしても、まずまっすぐに届くでしょう? 聴く側に届く力はものすごい。
     具象画はともかく、抽象画、現代美術になると、どのくらい観る人に届いてるのかな。
     理解しようとしてもわからない作品をみて、そんなことを思ったり。

d0165762_18511273.jpg

     土曜日の朝、うちに泥棒が入りました。ティーンエイジャーの女の子3人組だったそう。
     私は外出中。生活夜型の同居人はまだ寝ていて、そこに入ってきたひとりと鉢合わせ。向こうはびっくりして逃げていったらしい。
     幸い、私の部屋はドアを開けられただけですべて無事。玄関からいちばん近い部屋の子のコンピュータだけが盗まれました。
     その件に対する大家や同居人たちの態度があまりにも非常識でいいかげん「悪いものには巻かれろ。国の機関は信じられない」って態度で、
     気持ち的にまたもやがっくり。
     私がこの国を嫌いな理由は、ひとえにこの人たちが原因じゃないだろうか。
     だってこのことを話した友人(イタリア人)たちは、彼らの態度にあきれてましたから。

     そんなふうに、頭の中がまとまらない日々。
     大きなパワーでドカンと前に押し出していきたいのに、ちょっとまだまとまらず、な晩秋です。

     音楽っていいね
[PR]
by sakanatowani | 2013-11-12 18:57 | アート art | Comments(7)
   秋♪
d0165762_19112654.jpg

     すっかり秋になって、木々の葉っぱが黄色く色づいています。
     この写真は、もう2週間ぐらい前のもの。紅葉が始まった頃ですね。

     写真の左端に偶然写った青い色のもの。なんだかわかりますか?
     実は、体重計なんです。
     野外に置かれてるコインを入れて使う体重計。

     街のあちこちに置かれてるのにびっくりして、「あれ、今も使ってるの?! みんな使ったことある?!」って、
     いろんな子に聞いてみたことがあるのですが、だれも使ったことないし、使ってる人を見たこともないとか(笑)
     でも、ちゃんと(イタリア・リラ表示から)ユーロ表示に変わってるし、今でも現役で使えるらしい。
     たぶん、むか〜し、昔、体重計が各家庭にあるような時代でなかった頃、活躍してたんでしょうね。
     この国、あらゆる場面でロスト・ワールドだなあと思うのですが、またここにもその印が。ふふふ。

d0165762_19123339.jpg
お母さんと一緒に、きれいな枯れ葉を探してた子。かわいい光景。

     さて、話を元に戻して紅葉です。
     今年は暖かめの日が続いて秋っぽい日が続いているので、もしかしたら紅葉もまだ見られるかなと、
     散歩に出てみました。
     街の東側に流れるポー河沿いにある大きな公園です。
     あ〜、でも残念。来るのが遅くて、落葉がかなり始まっちゃってました。

     ここら辺では、秋は葉っぱが黄色く色づくイメージ。だから紅葉、紅い葉っていうと、なんだかちょっと変な感じです。
     たぶんこの時期、ヨーロッパにお住まいの方達は、「ああ、暗い季節が始まる〜」って憂鬱に思われる方が
     多いと思うのですが、私はその逆。
     秋になると、「ああ、やっと私の季節が来た!」って、毎年、息ができるような気になるのです。
     夏の、あのどんよりと淀んだ水が腐り始めて泡立ってくるようなだるい雰囲気を、この葉っぱの黄色がかき消して、
     空気が流れ始めるような、そんな気持ちよさを感じます。
     イタリアとはいえ、ここはかなり北なので、毎日、どんよりとした低い灰色の空におおわれる日が続くようになるけれど、
     もう少しすれば、今度は雪を真っ白にかぶったアルプスを遠くに見ながら過ごせる冬が待っています。それが嬉しい。

d0165762_1914107.jpg
その昔はサヴォイア家の邸宅であったヴァレンティーノ城、ユネスコの世界遺産でもある現トリノ工学院建築学部の脇を通って。午前中だけど空はどんより〜

     このところ、ずっと頭の中でなっていた音楽も、この数日、音が小さくなり始めました。
     たぶん、壊れちゃってた心が治ってきて、もう現実に戻って、問題に対処しないさいよって事なんでしょう。
     脳内会話。私「ああ、もっと音楽にひたっていたい〜。だめ?」。脳みそ「だめです!がんばんなさい!」
     ふと気がつくと、現実問題を考えてて、眉間にしわが寄っている。
     で、「ああ、だめだめ! 音楽〜」って思うと、音楽スイッチオン♪
     また頭の中で音楽がなり始めます。選曲はもちろん脳みそくんですけど。

d0165762_19355518.jpg

     そんな感じの脳内音楽とのおつきあいのこの数日ですが、この公園のお散歩の時の音楽は、ベートーヴェンの交響曲第9番の
     『歓喜の歌』。
     こちらで見る秋、黄色く染まった樹々の景色って、どんよりとした空に、パッと黄色の葉っぱが映えて、
     世界が喜んでるような感じがします。
     私の中ではこちらの秋は、今年だけでなく、毎年『歓喜の歌』のイメージ。

     ほんとはね、昨年みたいなこんな景色を期待してたんだけど、今年はやっぱり出遅れた・・・
     今年はもう・・・

d0165762_1937102.jpg

     どよ〜ん・・・
     ああ、紅葉、終わっちゃった。この景色はこの景色で、雰囲気も好きなんですけどね。

     この公園の写真撮ってる時も、実は大きな路上清掃の車が来ていて、ザックザックと、ものすごい量の落ち葉を
     掃除してました。

d0165762_19365696.jpg

     でもね、この公園のもうひとつのお楽しみ、リスくんには会えましたよ。
     樹の根っこの当たりに背中向けてるの、見えますか?

d0165762_19373366.jpg

     さて、そこからバスでぎゅ〜んと街の反対側まで。
     毎週通ってる図書館の横の公園も、黄色い落ち葉でいっぱい!

d0165762_19391237.jpg

     まだ緑の葉っぱもあれば、黄色いのも、そしてもうすでに枯れちゃって茶色いのも。
     こんなふうにいろんな色が混ざってるから、それぞれの色が映えて、とってもきれい。
     1本の樹に、じ〜っと見とれる時間もある、いいお散歩になりました。

d0165762_19385424.jpg

     家に帰ったら、夕べの残りでカブの麻婆丼。この日は気分で、半熟卵焼きも一緒に。
     これ、昔雑誌で見たレシピで、もともとは大根でつくるのですが、ここでは手に入らないので、そろそろ出回ってきたカブで。
     麻婆豆腐のお豆腐をカブにかえただけですが、これがなかなかおいしくて、秋から冬の私の定番メニュー。

     そろそろ冬野菜も市場に出回り始めました。

     みなさんのところは、行楽の秋? 南半球の方は、ワクワクの春?
     楽しい日曜日をお過ごしくださいね♪



     
     
     
[PR]
by sakanatowani | 2013-11-03 19:46 | 季節のこと season's | Comments(10)