<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
   8年めのセーター
d0165762_419843.jpg

やっとセーターが完成しました。
毛糸を買ったところから数えると、8年め。

たしか以前通っていたイラストの学校が少し落ち着いて、着るものにも頭が回るようになった頃、
探しても探しても、気に入るシンプルなものが見つからない。
それで、その頃ちょっと流行っていた、幅広の襟つきのファスナーで前を閉めるタイプのカーディガンを
シックな色でつくってみようと思い立ったんだっけ。

でもそんなに予算がなくて、気に入った毛糸が見つからない015.gif
やっと見つけたのがこのアルパカの毛糸。
あんまり質が良くないのか、びよんびよんと、いろんなとこから糸によわれていない毛が出ているのだけど
でもこれでやっと、気に入るタイプのカーディガンが手に入ると思ったのだ。

だけど課題に追われる日々で、まとまった時間がとれないまま。
前身頃をちょっと編んで、時間があいてまたほどいて、また編んで・・・
そのうちセーターの季節がすぎてしまって、そのままベッド下の段ボール箱にしまわれてしまった。

昨年の秋、やる気も前向きな気持ちもたくさんあるのに、実際にたくさん動いてるのに、
物事が全然前に進まない。そんな空回りでいらついていた時、
この毛糸のことをふと思い出した。8年もしまわれてたこの毛糸。

今回はカーディガンではなくて、お気に入りのいちばん寒い時期に着るセーターをまねて
この色で編んでみようと思い立った056.gif
毎晩夕飯の後、映画をコンピュータ画面に流しながらせっせとする編み物は、
ただ焦って空回りして毎日を過ごすより、やった分が目に見えるだけ満足感もあって、
しかも創る気持ちも満たされて、だんだん空回りする焦りも消えてった。

一度は出来上がったこのセーター、肩のあたりや首まわりが気に入らなくて、
年末の休み中に身頃の途中までほどいてや見直すことに。

一度着てしまったセーターは、ほどけないように始末したあちこちの糸がほどきにくくて
それを辛抱強く糸の端を探して、糸の絡まりをほどきながらはずし
編み地をほどく作業が続く。

そんなことをしながら、「ああこれって、まさに今の私のこんがらかった問題をほぐして
解決するための糸口を探すシュミレーションをしてるみたい」とニヤリとしてしまった。
こんがらかった気持ちのリハビリにいいね、これは。

そんなふうにしてやっとできた8年めのセーター。
最近、指編みに凝っている知り合いの女の子たちに、「これ私が編んだんだよ~」って自慢したら
「自分でつくるんだったら、もっとかわいい色でつくればよかったのに~」とバッサリ(笑)
そうだよね。あなたたちはまだピンクがいちばんかわいい色のお年頃。
焦げ茶色なんて、自分の身につけるなんて考えられない色だよね~037.gif

確かに、もうちょっと柔らかい上質の糸で、もう少し柔らかい濃いめのコーヒー牛乳色だったり
いろいろな色が混ざったり、もっと個性的な糸でだったりしたら、もっともっと素敵かも。
でも今は、このただの焦げ茶に濃いめの水色のカットソーを合わせるのがお気に入り。
これはこれでいいだろう。

カーディガン用と思って毛糸を買ったから、まだだいぶ糸が余ってるんだけど
何をつくったらいいものか。
びよんびよんと飛び出してる固めの毛で肌触りがよくないから
マフラーは首がかゆくてダメだろう。
そうなると、いずれは擦り切れていく「靴下カバー」をまた編むことになるのかな

ともかく8年めのセーターは完成した。
本当に寒い日に着るいちばん暖かいセーターとして、この冬活躍してくれるだろう045.gif


     
[PR]
by sakanatowani | 2013-01-25 04:26 | 手作り handmade | Comments(13)
   豪華な食器のある生活?
d0165762_1101959.jpg

     前回の「これ」、誰も答えてくれなかったらって心配していたんですが、答えてくださった方が何人もいてほっとしました〜(笑)
     どうもありがとうございます!

     実はこれ、スープチューレン(というんですね)でした。ydonnadieuさん、ご名答!
     真ん中のキャベツの玉の上の部分が蓋になっていて、パカッとあくようになっているらしいのです。

     キャベツのスープ入れ! キャベツにスープを入れようなんて!
     そんなこと考えるんだ〜!
     と、見たときびっくりしましたよ。


d0165762_111218.jpgこれを見つけたのは、トリノの宮殿広場にあるパラッツォ・マダーマ(Palazzo Madamaマダマ=マダム宮殿)。
サイトに日本語の説明があってびっくり!

パラッツォ・マダーマは、16世紀までは(トリノのあるピエモンテ州あたりの)権力の象徴であり、数々の君主の城でしたが、17、8世紀のサヴォイア家統治の際にファザード部分が付け加えられ、サヴォイア公爵夫人の城となりました。

現在では、君主や公爵たちの宝飾品や生活用品を中心に、ピエモンテ州の職人たちの手になる品々が見られる博物館となっています。


イタリア語版wikiより拝借 白く豪華なファザードと、数世紀をさかのぼる焦げ茶色のシンプルなバック側の建物との2つの面を持つ宮殿



     その公爵たちが使ったと思われる豪華なレース、精巧で繊細な装飾のついた鍵類、美しい挿絵の本などと混じって、
     ピエモンテ州やイタリア各地でつくられた陶磁器の数々が展示されている中に、このキャベツのスープチューレンがありました。

d0165762_1112772.jpg

     はじめは「キャベツの置物?!」と思ったのですが、表示を見るとこれはスープ入れ。
     キャベツなんて、今では庶民の野菜中の野菜を、なんとスープ入れの装飾にしてしまうとは!

     キャベツって、当時は公爵など裕福層しか食べられないような珍しいものだったのかな。
     それともこの生き生きとした緑の葉っぱが、暗くて寒い冬に待ちこがれる春を思い出させると好まれたのでしょうか。

     それにしてもこれ、形からいって、洗いにくいと思いませんか?
     葉っぱと葉っぱの層の間とか、乾きにくいだろうし・・・な〜んて思いながら見ていて、はた!と気づきました。

     公爵だもの。自分で洗うことなんて考えないんだよね011.gif


     そんなことをつい考えちゃう超庶民の私。
     昨年の夏にデュッセルドルフの美術館クンストパラスト(アート・パレス)で、思いがけなく、すばらしいアール・
     ヌーヴォーの食器やランプの数々を見ることができました。

     でもそのとき、この庶民姉妹がした会話は・・・

d0165762_1284562.jpg
     「エミール・ガレのガラス皿か〜!」
     「こんなすごいもの、どうするんだろうね。使っちゃうのかなあ」
     「お金持ちの知り合いとかいないから、どうしてるのかとかわかんないよね」
     「やっぱり美術品だからさ、飾ってたんじゃない?」
     「でも実用品といえば実用品だよ。お金持ちならケチってないで、使ってたのかもよ」
     「でもさ、こんなリアルな鯉や虫が(装飾で)ついてるんじゃ、食べる気なくなるよ〜」
     「でも、この鯉の横のあいたところに水ようかんなんて置いたらいいかも」
     「あっ、それはいいかもね〜!」

     エミール・ガレに水ようかん・・・ああ、どこまでいっても庶民の発想と会話だわ(笑)037.gif

       この美術館、半分が「ガラス・アート」の展示になっていて、エジプト時代のガラスから、アール・ヌーヴォー、イッタラのガラス製品、現代ガラスアートまで、
       ガラスだけのものすごい数のコレクションがあります。
       日本の版画のコレクションもすごいようで、また私が行ったときには、江戸時代の刀のつかのコレクションと根付コレクションの展示をやっていましたよ。
       ガラスが好きな人にはおすすめです。


d0165762_11220100.jpg

     さて、話はまたパラッツォ・マダーマにもどって。

     ここには本当にたくさんの、ティーポットのコレクションもあるんです。
     その中に、こんなものも見つけましたよ。

     中国風のゾウだと思うんですに、鴨?を抱えている紳士風の狐?、そしていちばん右のはバグパイプを抱えた人?
     いちばん右のが、この中ではいちばんふつうに見えるけど、でもどこからお茶が出てくるんだろう?いちばん謎(笑)
     おもしろいですよね〜。

     キャベツのスープチューレンに中国風のゾウのティーポット。
     公爵たちの食卓は、その食器類だけでも、ずいぶん楽しくにぎやかだったんでしょうね。
[PR]
by sakanatowani | 2013-01-21 01:54 | アート art | Comments(10)
   これな〜んだ?
     ※追記あり
d0165762_21423314.jpg

こんなものを見つけました。

これな〜んだ。







なんだ?って言われても・・・かな。

何に使うのでしょう?


ヒント:この物自体が実用品なんです。


答えはこちら

[PR]
by sakanatowani | 2013-01-16 21:46 | これな〜んだ? | Comments(10)
   菩提樹のお茶
     追記:菩提樹は、葉も花もお茶にするよう。ここで言っているのは、菩提樹の花のお茶です。
          興味のある方は、「菩提樹の花のお茶」で検索してみてください。
d0165762_035122.jpg

     年明け以来ずっと暖かい日が続いて、毎日、最低気温も+だし、最高気温はいつも2ケタと、真冬とは思えないほど。
     今日は久しぶりに朝からどんよりと曇り空。道を濡らすほどの濃霧の冬の日になりました。
     最高気温もしばらくは1ケタ台になるようで、やっと冬らしくなりそうです。

     年明けからずっと待っていた美大が始まりまって、嬉しくてたまりません。
     しかもなぜかとっても気持ちよく、いいものが描けるのです。
     自分の中の何かが変わったみたい。

     年末にひとりの時間が持ててリラックスできたのがよかったのかな。
     実は昨日も、再び休暇から戻ってきた同居人たちの夜中の騒音で、またもや寝不足でふらふら。
     絶えられない眠気で美大の工房の机に突っ伏しそうだったんですが、突然「この眠さを描いてみよう」って思いついたりして。
     外からのストレスに対する防御でガチガチだった気持ちがゆるんで、自分がちょっと戻ってきたのかも。
     しゅるしゅるって、指先からどんどんイメージがわいてきて、すごく気持ちいい絵が描けました。

     今年の目標は、理不尽なストレスのない生活ができる場所をつくること。
     そういうふうに気持ちよく暮らせたら、どんどん気持ちが軽くなって、ますますいいものが描けるようになりそう。
     とっても楽しみ〜。

d0165762_041236.jpg

     さて、冬の寒い日、ゆったりした気分で飲みたくなるのがこの菩提樹のお茶。
     こちらに来て初めて、菩提樹をお茶にするんだって知りました。

     菩提樹は街路樹にもされていて、お茶の箱にも描いてある竹とんぼみたいな葉っぱがくるくると回りながら
     落ちてくるのが楽しい樹。
     お茶の味はというと・・・枯れた草(笑)・・・いや、こういうとおいしくなさそうだな。
     う〜ん、なんと説明するといいのかな。

     クセのまったくない葉っぱの味で、口に含んでゆっくり飲むと、口の奥の方でかすかな甘みを感じます。
     際立って強い香りや味がするお茶ではないのですが、空がどんよりと濃い灰色の低い雲で覆われて、外に出ると
     ほっぺたが寒さでちくちくとするような日になると、「飲みたいなあ」と思うのです。

     このお茶のメーカー。スーパーなどで買えるポピュラーなものですが、このところ探しても探しても、
     菩提樹のお茶だけが見つからない。
     あちこちさがしてやっと、いつもは行かないスーパーで見つけました。
     そしたら「レモングラス入り」に変わってました。
     やっぱり草の味は人気なかったのかなあ。
     でもこちらも、そんなにレモングラスが主張していなくて、そういわれればちょっと爽やかになったかな〜ぐらい。
     菩提樹のお茶ファンとしては、ともかくあってくれてよかったという気持ち。

     そして、菩提樹からは蜂蜜もとれるんですよ。
     以前、『わるしゃわ時間』のudonnadieuさん菩提樹の蜂蜜について書かれていて、それが味わってみたくって、
     以来ずっと探していました。
     スーパーに数々並ぶ蜂蜜コーナーに、目指す菩提樹の蜂蜜があったのですが、残念ながら結晶しているタイプのみ。
     私、蜂蜜は、結晶していないとろりとしたものが好きなのです。

     そして昨年の秋にやっと見つけたのが、写真の左側の地元ピエモンテ産の菩提樹の蜂蜜。
     地元のファーマーズ・マーケットのようなところで買ったのですが、お店のおばさんによると、やはり菩提樹の蜂蜜は
     結晶しやすいタイプとのこと。
     この蜂蜜も、買うときに結晶してないものを選んだのですが、それから1週間もしないうちに、少しずつ結晶化が始まって
     しまいました。

     この蜂蜜をなめてみてびっくり。
     菩提樹のお茶を飲んだときに感じる甘みにそっくりなのです。
     同じ樹からとれたものなのですから、考えてみたら当たり前なのかもしれませんが、なんだかすごいな〜なんて思っちゃった。
     ふだんはお茶に甘みをつけないのですが、菩提樹のお茶にこの蜂蜜を入れたらおいしいでしょうね〜。

     冬の寒い日、菩提樹のお茶を見つけたら試してみてください。
     草の味(笑)の奥に、菩提樹の蜂蜜の甘みを感じられて、寒い日でもゆったりとした自然の雰囲気が味わえますよ。
[PR]
by sakanatowani | 2013-01-10 00:18 | ごはん food | Comments(12)
   なんちゃっておせち2013
d0165762_54137.jpg

     いくら住んでいるところが1月6日まではクリスマス・シーズンだからといって、大晦日のニュー・イヤー・パーティが
     ホリデー最後のイベントだといっても、やっぱり日本人だから、お正月はお正月を感じたい。
     では何を食べるか?
     ええ、私の生活の中心をなす大事な問題(笑)

     そんなわけで、またもや今年も「なんちゃって(もいいとこ)おせち」を作りました。

     誰ですか 「これは、おにぎり定食?」って言ってるのは?013.gif
     やさしい日本人の心で見てくださいね(笑)お見せするのもお恥ずかしいものですが、備忘録&思い出ってことで(汗)

     メニューは、
     ・鯛のお吸い物:頂き物のフリーズドライのもの。鯛の切り身もちゃんと入っていて、おいしかった! 沈んでしまったぶっとい
        白髪ネギには目をつぶってください(笑)

     ・だし巻き卵:実家では伊達巻きではなくいつも卵焼き。もうちょっと甘くしてもよかったな。
     ・ラディーチのきんぴら2品 昨年はアーティチョークの茎を使ってきんぴらつくってますね。きんぴら、好きなんだなあ、私。
     ・なます:今年は大根が見つからなかったので、蕪とにんじんで。ダシにと入れた昆布もわきに(あ、これは酢昆布ですよね)
     ・インゲン
     ・煮大豆:クリスマスのミートソースのお鍋の横で煮てた大豆がここで活躍(笑)
     ・牛肉のしぐれ煮:この日のためにとっておいた頂き物です。おいしかった!
     ・おにぎり:お餅がないのでおにぎりで(笑) お米がピンク色なのは、黒米を混ぜて炊いているから この家の鍋ではおいしく炊けない
        ので、もちっとなるように黒米を混ぜてます

     
     こんな、ふつうのご飯の友でも、こんなふうにちょこちょこと並べると、おせちの気分に♪
     無理矢理? いいえ、こんなのでそんな気分になれるのが、海外で暮らす極意(笑)なのです。058.gif


     さて、このありきたりなメニューの中で、ひとつだけ謎の食物。それはラディーチ。
     ラディーチって何? 
     ジャーン、こちらです。

d0165762_5413386.jpg

     昨年のカルドに続いての、「これなんだ?食べてみようシリーズ」第2弾!いつのまにかシリーズ化?!

     海外で暮らしていると恋しい食べ物のひとつにゴボウがあります。
     え?、そんなもの?!という、いたってふつうな野菜ですが、あの歯触りの代わりになるような野菜って、なかなかないんです。
     それで前々から市場で冬になると見かけるこの謎の野菜が気になっていました。
     だってゴボウにそっくりでしょ?

     こちらに住む日本人の方に、あれはまったく別物っていう話は聞いていたんです。
     でもじゃあ、どう別物なの? という好奇心がむくむく湧きまして、このたび、初めて食べてみることにしました。

     市場の値札に書かれた名前は「ラディーチ radici」。直訳すると「根っこ」(爆)
     はじめからきんぴらにすることは決めていましたが、こちらではどういう食べ方をするのかなと思ってレシピを探してみたら、
     「リチェッタ・ディ・ラディーチ・アマーリ(ricetta di radici amari苦い根っこのレシピ)」というのが見つかりました。

     う~む、どうやら苦いらしい。021.gif

     きんぴらにするために(今回は千切りに)刻んで生のまま味見をしてみたら、ううっ、確かに苦い!
     ほろ苦いんじゃなくて、「苦い」んです!
     でもゴボウを生で味見したこともないし・・・ゴボウも灰汁抜き前は苦いのかなあ。う~む・・・
     結局は食べてみなくてはわからないので、日本風のきんぴらと、イタリアのレシピと2品つくってみました。

     これね、歯ごたえはまさにゴボウ!ですよ!わ~い!024.gif
     ただね、にがい・・・
     ほろ苦いよりもちょっと強めの苦さ。
     日本のきんぴら風にすると、甘みをつける分、苦みがじゃまな感じ。残念・・・。

     ゴボウできんぴらを作るときみたいに、灰汁抜きをするのも苦みをとるひとつの手だろうと思ったので酢水につけましたが、
     ゴボウほど灰汁は出ませんでした。
     となると、この苦みは灰汁の苦みではなく、イタリア語の名前通り、苦い根っこなんですねえ。

d0165762_5415577.jpg
ね、見た目はほんとにゴボウみたいでしょ。右側がイタリアンレシピのラディーチ

     イタリアのレシピでは、この根っこを5センチぐらいの長さに切って縦に4つ割りにしたものを酢水でしっかり茹でてから、
     オリーブオイル、アンチョビ、ケッパーで炒めてました。
     私は千切りにしたものをさっとお湯で煮てから、同様の味付けのものでからめてみました。

     こちらは味付けが強い分、苦みは遠くに感じるぐらいかな。でも茹でた分、歯触りも弱くなってました。
     でもレシピ通りに4つ割りにしたら、けっこう苦みは残るんじゃないかなあ。

     そんなことを考えながらモグモグと。001.gif
     そんな元旦の朝でありました。

     とはいえこちらでは、もう2日から平日営業なんですよね。
     昨日はもうスーパーに食料の買い出しに行ってきたのですが、スーパーまで行くバスの中から、各アパートのロビーに飾られて
     いるクリスマスツリーを見て、「へ? まだある?!」って。

     毎年この時期には、自分の中のお正月気分と街の中のクリスマス・ムードが混ざり合って、なんだかとっても変な気がします。
     こっちの年末年始って、お正月! という大きな区切りがないまま、だらだら~っと新しい年が始まってるっていう残念な
     感じなんですよね。
     自分の中での区切りを付けるために、なんちゃってでもおせちを作ってるのかな~。

d0165762_5425692.jpg
蕪とポロネギのスープ、カボチャの種のパンにレバーペースト、なます、りんご

     な~んて、日本人っぽいこと書いてますが、実は元旦のお昼にはもうこんなもの食べてます。
     なますがすでにサラダ扱い(爆)

     年末になますを作りながら、「これ、こっちの人に説明するなら、サラダなんだろうなあ」なんて思ったのもあるし、なますが
     大好きなので、ひとりなのに大きなタッパーいっぱいにつくってしまったので、がんばって食べないといけないのもあるのです。

     なますって、結局甘酢漬けなわけですから、もし持て余してしまったら、サラダ感覚で食べてもいけますよ。
     実は私、これにツナ缶を入れてマヨネーズで和えてもみちゃいました。
     なますにっていうと気持ち悪そうですが、私のなますにはゆずも入ってないし、酸っぱめで甘みが少ないので、ふつうにおいしく
     食べられましたよ。ゆず入りのものでもおいしそうな気も
     そういう意味では、日本でゴボウが簡単に手に入るみなさんは、ゴボウを茹でて、オリーブオイル、アンチョビー、ケッパーで
     和えてもいいかも~。この3つの調味料の組み合わせは、いろんなところに使えていいですよ!

     あまりのなんちゃって日本食年数が長くなって、ちゃんとした日本料理の味を忘れてるかも~。
     でもこれはこれでおいしいし~。041.gif

     そんな和洋折衷複雑な気持ちの2013年のお正月を過ごしております。
[PR]
by sakanatowani | 2013-01-03 06:04 | ごはん food | Comments(12)
   新しい気持ちで
d0165762_2054990.jpg

明けましておめでとうございます


昨日までは「よいお年を」。でも1日たったら、お正月。
日本の人たちは、私が寝る頃に「初日の出が」と言っていたり、
昨年の最後の日と今年の最初の日が重なっているような。
そんなちょっと違いのような、でも大きな違いのような。

だけど、新しい気持ち、新しい元気を取り入れるには、
とってもいい機会、いい日だよね。


さあ、新しい気持ちで、新しい前進をしていこう058.gif


今年も、よろしくお願いいたします。

[PR]
by sakanatowani | 2013-01-01 21:00 | 季節のこと season's | Comments(6)