<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
   しめくくりの日
d0165762_7275010.jpg

今日はもう大晦日。

今日で今年が終わっちゃうなんて・・・。

早かったなあ。

問題に負けまいともがいているうちに、今日が来ちゃった。


d0165762_7283125.jpg

今年は本当に試練の一年でした。

四面楚歌の中で、それでも自分の道を進もうと前を向いてがんばってきたけれど、

どうにも耐えられないときも多かった。

そんな時、私はひとりじゃないと感じさせてくれたのが、

みなさんの残してくれたコメントでした。



辛いときに、ひとりじゃないって感じるのって、本当に大事。

そう感じるだけで、あきらめと投げやりだけが残った心の中に

またがんばろうっていう気が湧いてくる。



何度もみなさんがいてくれたことに助けられました。

本当にどうもありがとう。


d0165762_735364.jpg



立ち向かって、踏ん張って、また立ち向かって、踏ん張って・・・

我慢と辛抱の一年でした。

それなら新しい年は、今年の辛抱が爆発する番。

今年がんばった分、大きな跳躍をしたい。



いい方向に飛んでいけるように、

今年の最後の日の今日、心のしめくくりをつけましょう。

     

今日はコメント欄は閉じておきます。

新しい年は、前向きな言葉、楽しいコメントでまたお会いできることを願って。




よいお年をお迎えください。

     
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-31 07:33 | ひびのこと diary
   何を食べるか。それが問題だ・・・
d0165762_4262915.jpg
     クリスマスから新年のホリデー・シーズンまっただ中である。
     この1週間ほど私の頭の中は、「何を食べるか」「いつ買い物に行くか」でいっぱいだ。

     だってイタリアのお店は祝日には決まってお休みだし、今年はクリスマスぎりぎりの22日まで仕事がある。
     23日は日曜日、25日と26日が祝日、30日が日曜日、31日と元旦が祝日と連休が続くので、なにかと買いだめを
     しないといけないカレンダー。
     この街でも、数年前からやっと大型スーパーは日曜日に開くようになったし、12月はたいていのスーパーは開くけど、
     市場は基本、平日の午前中と土曜のみ朝から夕方までだから、カレンダーにあわせて買い物をしないと困ってしまう。

     市場に行ってもスーパーのレジに行っても、人が多くいるところでは列ができ、自分の番が来るのはふつうで30分。
     こういう時期には1時間待つのは当たり前。
     何をやるにもとてつもなく時間がかかるのだ。それがイタリア(泣)
     そのうえ市場にもスーパーにもひとりでバスを使って移動するから、1回に持てる荷物にも限度がある。

     でも、ひとりでもおいしいものは食べたいしね、ホリデーならではのメニューもつくりたいしね!
     気分がぱっとしないときにはなおさらである。
     おいしいものを食べて気分を前向きに持っていくのだ。←だから太る
     食べたいものをつくるのだ~!

     というわけで、24日のクリスマス・イブの夜にお祝いをする家族もいるけれど、私は何となく25日から。

d0165762_4101467.jpg
     先週から、ドイツ系ディスカウント・スーパーに焼きたてパンコーナーができた。
     そこでなんとドイツっぽいパンも買えるようになったのだ!
     しかもそれは翌日になってもカチカチにならないの~!ここで翌日も柔らかいパンが食べられるなんて~!わ~い!ハイジの気分♪
     24日にそのパンが買えたから焼きたてパンコーナーのはずなのに、毎日は売ってないのがイタリア(泣)、今日はいつもの朝ご飯メニューの
     パンがドイツパン♪

d0165762_4272298.jpg
     さてお昼はイタリア式にクリスマス・メニューかなと思ってたら、ドイツパンは腹持ちがよくて、どか~んという
     クリスマス・メニューはおなかに入らなさそう。
     だから軽めに、ドイツパンと一緒に買ったイタリアのバールの朝ごパンメニューの定番のひとつキオッチョリーナ・
     アッルーヴァ(Chiocciolina all'uva)とクリスマスにつくってもいいかな~と思ってたシーフード・サラダ。

d0165762_411343.jpg
     さあ晩ご飯。今夜はさすがにクリスマス・メニューにしないとね。
     というわけで、イタリアの大晦日の定番メニュー、コテキーノ(cotechino)、プレ(マッシュポテト)、
     ポロネギのマリネ、にんじんとインゲンのソテー。

     コテキーノは、豚の皮と肉、脂を腸詰めにしたソーセージ。
      同じ中身を豚足に詰めたのがザンポーネ(zampone)と呼ばれ、こちらはまさに豚足そのままの形。
     ともにイタリアでは、大晦日の夕食に食べられます。
d0165762_4114439.jpg

     ザンポーネは形があまりにも生々しいので、私はいつもコテキーノを。
     これらは財力の象徴でもあるレンズ豆の煮込みと一緒に大晦日の夜に食べるのが習慣なんだけど、
     その頃はもう私はお正月気分だからね。イタリア料理はパス。
     なのでいつもコテキーノはクリスマスに食べちゃいます。

     このコテキーノやザンポーネは、お肉屋さんでつくったものを買うこともできるのですが、食べる前に
     6時間ぐらい煮なくてはいけないらしい。
     それはあまりにも大変なので、私はいつもほぼ調理済みでレトルトパックに入った市販のものを買っています。
     これなら食べる前に30分弱パックごとお湯で煮ればOK。

     「脂っこいから嫌い」というイタリア人も多いけれど、コラーゲンもたっぷりなはず。
     ちょっと指につくと、モチッというほどネッチネッチしたコラーゲンらしきものがわかります。
     これはお肌にもききそう(笑)と、私はクリスマスには喜んで食べてます。
     唯一、イタリアのクリスマスらしいメニューだし。

     今までいくつかのお家にクリスマスにおよばれしましたが、クリスマスにはこれ!っていうメニューは
     このコテキーノかザンポーネぐらい。
     あとはいつも食べているものだけど、クリスマスにも食べるというものが多いです。

d0165762_4124126.jpg
     26日の聖ステファノの祝日。
     朝食のドイツパンは半分にして、昼食は久しぶりにつくるラザニア。
     私のつくるミートソースは、約半分がタマネギ、にんじん、セロリの野菜。
     ちょっと多めにつくって1回分ずつ冷凍して、パスタソースとしても使います。

     さあこれで、私のクリスマス・メニューはつくりおさめ。
     あと数日は、これを温めなおしたり、付け合わせが蕪とにんじんのソテーに変わったりするだけだかららくちん。

d0165762_4124426.jpg
     あ、そうそう。クリスマスのお菓子もありましたね。
     私はドイツのクリスマスのお菓子が大好きなので、ドイツ系スーパーここがなくなったら生きていけない~で買いそろえた、
     チョコレートで片面覆われたレープクーヘン(クリスマス・スパイスが入ったチョコパイのパイ部分みたいなもの)、
     ミニ・パネットーネ、ミニ・シュトーレン(バターたっぷり、マジパン入りタイプ)、スペキュロス(スパイス入りクッキー)。
     イタリアでは1月6日のエピファニアまでがクリスマス・シーズンといわれてるから、それまで少しずつ食べようっと。

     トリノは、濃霧で覆われて、地面が1日中しっとり濡れているようなクリスマスとなりました。
     みなさんは楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。

     さあ、日本はもうお正月の飾り付けが始まって、みなさんおせちづくりのスケジュールに追われ始めたころでしょうか。
     私もここでできる日本っぽいものをいくつかつくって、おせちがわりにする予定。
     この時期、暴飲暴食に気をつけましょうと言いたいところですが、やっぱり食べるのは楽しいよね!
     おいしい年末をお過ごしくださ~い♪
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-28 04:35 | ごはん food
   ルッツァーティのプレゼーピオ
d0165762_3563767.jpg

     昨年は街の中心の旧(サヴォイア家)王宮前広場に置かれていたジェノヴァのイラストレーター、エマヌエーレ・ルッツァーティ
     (Emanuele Luzzati 1921-2007)のプレゼーピオ
、今年は駅前広場にある公園内に置かれています。
     一方、アドヴェント・カレンダーは、昨年と同様、旧王宮前広場で、毎日次々と窓が開かれています。


d0165762_3572954.jpg

     今年のプレゼーピオは、こんなふうに、大きな樹のまわりを囲むように。
     置き方が変わると、ずいぶん雰囲気が変わりますね。

     私は今年のプレゼーピオの方が好きかな。

d0165762_3581384.jpg
     このすぐ右側にある池の中には、船に乗る人たちと漁師さん。池、しっかりと凍っていますね

d0165762_3584015.jpg
     大きな樹のそばで、なんだか気持ちよさそう。

d0165762_3591526.jpg
     そのまたさらに右側には、東方の三賢者も来ています。この間を歩けるので、ひとりはここから見て裏返しに置かれています。



     このプレゼーピオ、夜になると素敵にライトアップされるんですよ。
     ほら!

d0165762_3594993.jpg
     空には流れ星も光っています。これを目指して三賢者はイエス様のところに訪れるのです。

     流れ星の向こう側に見える半円形のファザードを持つ建物が、この街のメインの駅、ポルタ・ヌオーヴァ(Porta Nuova)。
     直訳すると、「新しいドア(門)」。
     中世のイタリアの街は城壁に囲まれていて、そこにいくつかの門がありました。
     そこだけが隣の町、国へと通じる外界へと通じる場所で、その城壁の中だけは安全というつくりだったわけです。
     なので現在でもイタリアの列車の駅には、ポルタ(門)○○という名前がつけられることが多いのです。

     では、ライトアップされたプレゼーピオに近づいてみましょう。

d0165762_404012.jpg
     マリア様とヨセフ様の間には、イエス様がお産まれになったら置かれる飼い葉桶。
     イエス様はクリスマスの晩に置かれます。

d0165762_415696.jpg

d0165762_422679.jpg
     聖家族(イエス様、マリア様、ヨセフ様をこう呼びます)の右側、そして左側にも、ニコニコ笑顔でイエス様誕生を
     お祝いする人たちが。

     さあ、ここから右まわりにぐるっとまわってみましょう。

d0165762_422983.jpg

d0165762_433349.jpg

d0165762_44439.jpg

d0165762_443499.jpg
     ちょうどイエス様たちの後ろ側にいる2人の天使は、光でまばゆく輝いています。

d0165762_443017.jpg


d0165762_454149.jpg
     来年の1月6日のエピファニアの日にイエス様のもとに贈り物を持って訪れる東方の三賢者も、今はまだ遠く離れた彼らの国に。
     光に包まれたイエス様の誕生を待つ人々を、遠くから見つめています。


     今年も静かにクリスマスが訪れようとしています。
     24日のクリスマスイブは、25日のクリスマス、そして26日の聖ステファノの祝日を控えた、市場やお店、スーパーが開いている
     最後の日。
     家族によっては24日の夕食にお祝いが始まり、25日の昼食にも多くの家族が集まってお祝いをするのでしょう。
     そのための準備の最後の買い物、クリスマス・プレゼントをギリギリまで必死で探しまわる人で、町中がごった返すのかも(笑)

     それでもクリスマスはみんなが家族で静かに過ごす大事な日。
     24日の夜中のミサには、多くの人が教会に集まるのでしょう。

     みなさまも、素敵なクリスマスをお過ごしください。
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-24 04:23 | 季節のこと season's
   冬の日
d0165762_059036.jpg

     先日の初雪以来、ちょっと暖かめの晴天が続いています。
     昨日の夕方近く、いつもの図書館まで行ってきました。
     この図書館は、その昔はヴィラだったようで、建物までの間が並木と公園になっているお気に入りの場所。
     毎週1回、映画のDVDを借りに通っているのですが、この並木を歩きながらほっとする時間も楽しみです。

     先月からずっと、ストレスがたまって体調もぼろぼろ、年に数回訪れる我慢の限界「もういっときも
     ここにいたくない〜」病をわずらっておりました。
     今も希望を見つけるまでにはいたりませんが、ちょっといいこともあったんです。
     この9ヶ月、2人のイタリア人の女性に日本語を、週に1時間だけでしたが教えていました。
     数日前、彼女たちのレッスンの期限がちょうど終わったので、一緒に日本食レストランに夕食に行き、
     すごく楽しい時間を過ごしてきたんです〜001.gif←これが使えるって、先日やっと気づきました!

     気分転換、楽しみの時間を持ちたいからって習いに来ていた意欲的な彼女たち。
     彼女たちは1日の仕事のあと、私は朝から9時間の美大の工房のあとなので、レッスンの始まりはお互いに
     疲れきっているけど元気なふりをして。でも1時間がすぎる頃には、お互いに元気を取り戻してる。
     そんな楽しい時間でした。

     彼女たちは、10年いるこの街で初めて会った、異文化間に優劣の差はなく興味深いものという考え方を持った
     人たちでした。
     だから彼女たちがする質問は、言葉そのものだけでなく、(イタリア語の言い方とは違って)なぜそういう
     言い方になるかという文化の話にまで及び、私にも日本語の新しい見方を見せてくれるとても楽しいものでした。
     日本語のレッスンというよりは、お互いの文化、考え方の違いを交換するような時間だったかも。

     彼女たちのおかげで、見下されるのではなく対等にお互いの文化や考えを話せるって、こんなに楽しいもの、
     自分をひとりのちゃんとした人間だって思える満足感があるんだって、久しぶりに思い出しました。
     いつか、彼女たちと過ごしたことで改めて気づいた「日本語というもの」について書けたらなと思います。
     残念ながら、彼女たちの仕事の契約が来年も継続するかどうか確かではなくなってしまったので、(もしもの
     時のための生活費確保のため)これ以上レッスンを続けることはできなくなってしまったのですが、
     この出会いは本当に幸せなものだったと思います。

d0165762_101812.jpg

     さて、クリスマスもずいぶん近くなってきました。
     どうやら昨日あたりから、クリスマスを家族で過ごすための民族移動が始まったよう。
     大きなトランクを持って駅へのバスに乗る人たちをたくさん見ました。
     先の日本語を習っていたひとりも、シチリアの家族のもとへ、昨日出発したようです。

     昨年は街の中心の旧王宮広場に置かれたプレゼーピオは、今年は街の大きな駅前の広場に置かれてます。
     次回はこのプレゼーピオのことを書きますね。
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-22 02:28 | ひびのこと diary
   初雪♪
d0165762_17145491.jpg

今朝、目を覚ましたら、雪が降ってた。

待ってたよ〜♪

この雪が、

このところのモノトーンな生活に

ちょっとした変化を

起こしてくれるといいな。

[PR]
by sakanatowani | 2012-12-14 17:18 | 季節のこと season's
   クリスマス・シーズン
     日本で大きな地震があったようですね。みなさんのところでは大丈夫でしたか?
     被害が少しでも小さくすみますように。

d0165762_2303240.jpg
たまに晴れると青空に葉の散った樹が栄えてきれい

     初雪は今日か明日と聞いて、ウキウキと待っています。
     だから今日は丸1日、どんよりと灰色の雲が低くたれ込める空だったけど、雪が降るのを待ってると、
     そんな空も気にならない。
     郊外は今日降ったようだけど、ここで降るのは明日かな〜。

d0165762_231687.jpg

     12月になって、一気にクリスマス・シーズンが始まった感じです。
     スーパーではパネットーネやパンドーロ、その他クリスマスにつきもののお菓子の特設コーナーが華やか〜。
     パネットーネも、レーズンのありなしとか、上に砂糖衣があるかなしか、パンドーロもチョコやクリームが
     入ったものなど、いろんな種類が並んでいます。

     クリスマスのお菓子は、チョコレートが多いですね。
     このあたりはヘーゼルナッツの産地なので、チョコレートにヘーゼルナッツクリームが混ざったジャンドゥイオット
     gianduiottoという濃厚チョコレートがふつう。
     それに慣れてしまうと、ふつうのチョコレートはあっさりしすぎている気がしてしまいます。危険、危険・・・

d0165762_2315726.jpg

     そして、この季節になると現れるのがプレゼーピオのコーナー。
     キリスト生誕の場面をジオラマにしたプレゼーピオは、今頃から年明けの1月6日のエピファニアの祝日まで、
     教会や家庭で飾られます。
     昨年はいろいろな教会で見るのを楽しみました。

d0165762_2324122.jpg

     これは先日寄ったホームセンターのプレゼーピオのコーナーで撮ったもの。今年は撮れた!
     羊ちゃんたちも、ごっちゃりとパックされてます(笑)

     こんなふうに、ジオラマに使う建物や、家畜、羊飼い、天使、そして忘れてはならないイエスさま、薪やわら、
     敷き詰める苔などもパック詰めで売られてます。

d0165762_233472.jpg
写真左上の水を運んでいる人の目がうつろなのが気になる・・・


     12月8日は聖母無原罪の御宿りというカトリックの祝日でお休み。
     この日からクリスマスツリーやプレゼーピオを飾ったりして、本格的なクリスマス・シーズンが始まります。

     今でも日曜日はほとんどすべてのお店がお休みになるイタリアでも、12月は特別。
     市場もお店も日曜開店で、クリスマス・ショッピングの人でごった返すのです。
     この週末は、どこかの市場に行ってみよう。

     さて、そろそろ雪が振るかな〜♪
     初雪を楽しみに、この週末を過ごすことにしましょうか。
     みなさまもよい週末を。
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-08 02:41 | 季節のこと season's