<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
   毛糸の靴下
d0165762_18295192.gif

     毛糸の靴下(靴下カバー?)を編みました。

     今まで愛用していた毛糸の靴下がぼろぼろになってしまったので。
     私の部屋は、足元がとても冷えるので。
     そして、何も考えずに何かをつくりたかったので。

     夕食後、いつものように映画のDVDを観ながら、頭を使わないで手だけ動かすのにぴったり。

     家にたまたまあったあまり毛糸でつくったので、色の組み合わせも分量も適当だけど、
     足を温めてくれるには十分でしょう。

d0165762_1834854.gif


     この赤と茶色の混ざった糸を見ると、小さい頃読んだ『とんがとぴんがのぷれぜんと』
     (西内みなみ・さく、司修・え/こどものとも153号 福音館書店)という絵本を思い出します。

d0165762_18311218.gif

     自分の本棚を調べてみてびっくり。ありました、この本。
     そうなんだ、こっちに持ってきていたのか〜。

     東欧のちょっと薄気味悪い雰囲気もあるような絵。
     外国のイラストレーターのものだと思っていたら、日本の方だったんですね。
     なんだかちょっとエッチングで描かれたもののような気もします。
     とても興味深い絵。

     残念ながら書店ではもう手に入らないようですね。
     調べて見たら、数年前に別のイラストレーターの方で40年ぶりに大改作され、『とんがとぴんがのプレゼント』
     として出ているようです。
     改作版のイラストレーターのスズキコージさんも、私の大好きなイラストレーターのひとりですが、
     私の中の『とんがとぴんがのぷれぜんと』は、あの昔の文体、そしてあの司修さんの絵の本なのです。

     この司修さんという方、この小説家で画家で装丁家の司修さんなのでしょうか。
     「こどものとも」で毎月送られてくる本には、お家の方へという小さな紙片に、作家とイラストレータの
     略歴などが書かれたものもあわせて送られてきていたと思います。
     でもそんなものはこどもの私がとっておくはずもなく、たぶん母が読んでそのままどこかへいって
     しまったのでしょう。

     大人になって、絵本を描きたい、美術に関わっていきたいという今、そういう私を育ててくれた作家、画家の
     方たちのことを深く知るために、ああいった紙片が残っていたらなと思うのです。

   おつかれさま
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-29 18:29 | 手作り handmade | Comments(8)
   えっ、にんにく?!あっ、芽が!
d0165762_18201080.gif

     どうも最近落ちつかない。
     いくつものことを同時進行してるのはいつものことのはずなのに、そのどれもが歯車が噛み合わなくて
     中途半端な感じ。

     先週、市場でニンニクを買った・・・はず。なのに家に帰って見たら、ニンニクがない!
     市場のおじさん、袋に入れ忘れたんだ〜!お金払ったのに〜(T_T)
     と思って、先日スーパーに行ってニンニクを買った。小さめのが3個ネットに入ってるやつね。

     そしたら今朝リンゴを食べようと、常温保存野菜箱の中のリンゴの袋を見ると、ニンニクがコロリ。
     えっ、これ?!市場で買ったはずのニンニクだ!
     なぜ今ごろ、なぜこんなところにあらわれる?!

     今度の金曜日が提出という自然科学イラストの授業のプロジェクト。ここここ参照)
     あと1枚絵を描いて、今までの課題の絵で、雑誌のようなページ構成までつくらなくちゃならない。
     最近週末から数日はひどい風邪で寝込んでばかりで進まない。
     ひ〜、間に合わない〜。

     と思ってたら夕べ、教授からメールが来てた。
     「提出は5月4日の午前中」
     ラッキ〜♪ 時間が稼げた!
     できれば描き直したかった数枚も描き直せるかも〜。いやいやその前に、まだ描いてない1枚を描きなさい!

     そんなあちこちに気が散ってバタバタだからか、最近夢見もよくないの。

d0165762_18204781.gif

     4月1日に種をまいたコリアンダー。蒔いたとたんに寒波が戻ってきたから全然芽が出なかった。
     10日ぐらい前に、何やら芽が! わくわく♪コリアンダ〜^^

     ところが昨日になって、急に、ピョ〜ンと細長い芽が飛び出てきたの。
     ね、この細長い方がコリアンダーじゃないのかな?
     じゃ、この丸っとした芽は何?

     なんだか紫蘇の芽のような気がするのだけど、紫蘇はつい3日前に蒔いたばかり。謎。
     土の中に埋もれていた昨年のが芽を出したのかしらん。

     こんなふうに、今年のプランター・ライフも混迷のうちに始まりました(笑)

     ポーランドでフレスコ画記はもうちょっと待ってね。
     落ちつかないと書けないの。

     今日はイタリア解放記念日でお休み。
     日本はゴールデンウィーク間近でワクワクでしょうか。

     みなさま、今日もよい1日を〜♪
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-25 18:18 | プランター planter | Comments(0)
   林の中の散歩(ポーランドにフレスコ画を描きに行く17)
     前回からずいぶん間が空いてしまい、フェイドアウトしてしまった感のあるポーランドでフレスコ画シリーズ。
     ずっと続きを書きたかったので、今さらながらですが再開します。もうしばらくおつきあいください。
     (今までの記事は、右の「フレスコ画」のカテゴリで見られます。)
     今回も長いので、一緒にお散歩するつもりで読んで下さいね。


     5月14日(土)
d0165762_20331460.gif

     それぞれのフレスコ画も無事できあがり、乾杯をしてかたずけをして、翌日のオープニングにそなえて
     シートをかけて、すべて準備完了。

     さて、森の散歩に行きましょう。
     前日の夕方、スタンが言ってた「明日はいいことがあるよ。でもそれはさかなにとってかな」と言っていたのは
     このことだったんだね。
d0165762_20335296.gif
     隊長スタン、ジーザス、アレハンドロ、ラウルと私、その他にも、早々に描き終わっていたイヴォーナや
     アニェースカ、ギャラリー・オーナーのアダム、そしてスタンの友人という詩人さんも来て、
     さあ、散歩に出発!
     仕事を終えてからだから、もう夕焼けの時間。
d0165762_20341358.gif

     10ヘクタールというスタンの広大な「庭」には、麦畑あり、森あり、小川あり。
     前日の散歩の時のように、私はワクワク、きょろきょろしながら歩く。
     
     このグループがおもしろいのは、みんながそれぞれ勝手に好きなことをしながら歩いてること。
     先頭を行くスタンはジーザスに土地の説明をしながら。
     少し離れてイヴォーナが時々立ち止まって写真を撮ってる。きっと影とかマクロで見ると抽象的に見える
     彼女好みの写真。
     そして緑のにおいやまわりの景色に見とれながら、自然にニコニコしてしまっている私。
     それ以外の人たちは、ずいぶん離れた後ろの方で、何やらキャーヒャー騒ぎながら楽しそう。

     さあ、小川にかかる一本橋のところに来ましたよ。
     この橋、本当に細めの丸太一本で、手すりになるはずの木が壊れてるから、反対側で誰かが手すりの木を
     持ってないと役にたたない!
     小川といっても3mぐらい幅があるから、けっこうスリル満点!
d0165762_20345298.gif
お〜い、ワイン飲んでるし、ボトルも持ってるし、渡れないよ〜

     なんと後ろの集団、賑やかだったのはお酒を飲みながらだったから。
     散歩に行くのにワインをボトルごと、しかもグラスも持ってくる?!
     これで私の中では、ポーランド人=酒飲み、お酒大好き、の公式が確定しました(笑)

d0165762_20352237.gif
     はじめに、おふざけの「画家ベレー帽」をかぶったラウルが渡ります。ワインのボトルは離さない(笑)

d0165762_20362618.gif
     次はイヴォーナ。キャ〜!

d0165762_2036494.gif
     唯一の若者マチェック。アニェースカの愛犬を抱いて渡ります。成功!ブラーヴォ!

d0165762_20372194.gif
     あ!詩人さん、橋を渡っている途中で、はいていたサンダルを流されたようです。ジーザスが救出!

d0165762_20374938.gif
     アニェースカが渡り・・・

d0165762_2038203.gif
     アダムも無事渡って、みんなが向こう岸にたどりつきました。

d0165762_2052178.gif
     さあ、散歩は続きます。

d0165762_20392266.gif
     小川がぐるりと曲がる脇を歩きます。蚊がすごい!

d0165762_20394723.gif
     イヴォーナが、また何かおもしろそうなものを見つけて撮っています^^

d0165762_20401488.gif
     ビーバーがつくっているというダム。
     スタンがこっそりと、「ここは時々ぼくが泳ぐ秘密の場所なんだよ」と教えてくれました。

d0165762_20404043.gif
     ニ本目の丸木橋を渡って・・・

d0165762_2041639.gif
私が好きな写真のひとつ。デスクトップにしています


     さあ、そろそろお散歩も終わり。スタンの家が見えてきました。

d0165762_20413845.gif

d0165762_20421242.gif


d0165762_20423815.gif

     さあ、日もとっぷりと暮れ、今回のプロジェクトの締めくくりのスタンのスピーチ。
     時々ラウルの通訳つき。

     来年のこのプロジェクトのアーティスト選出には、私たち今回の参加者が審査員となること。
     そろそろ1年たつから、お声がかかってもいいころなんですが・・・
     そして、翌日のオープニングの開始時間、その前の準備のことなどなど。

d0165762_2043754.gif

     この日もとてもいい一日でした。
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-17 07:26 | フレスコ画 affresco | Comments(6)
   もりもりブロッコリー!
     祝日前になると、どうも食料を買いだめしてしまいます。
     このパスクワ(イースター)前にも、日曜と月曜のたった2日だけお店がお休みなのに、
     「買っとかないと(休み中に食べるものがなくなっちゃうかも)!」と、市場にスーパーに走っていました。

d0165762_221347.gif

     市場には新鮮なブロッコリーが山盛り。
     休日なら料理をする時間もあるだろうと、1㎏買うことに。市場での買い物は、たいていキロ単位。
     ところが、あれ?っと思う間に、市場のお兄ちゃんは私用のブロッコリーを2㎏もつめてるじゃないですか!
     しまった!「2㎏で1.5ユーロのセールだから、2㎏でいいよね」と言われたのを聞き逃したらしい!
     袋につめる前なら言えるけど、もう袋に入ってしまったブロッコリーを取り出せとは言えない小心者の私。

     さて、2㎏のブロッコリー。どうしたものか・・・。

     2㎏のブロッコリーって、だいたいあのモリッとしたブロッコリーが6〜7つぐらい。
     最近はわりと暖かいから、たぶん数日で花が咲いちゃう。
     無駄にしたくないけど、ひとりだと消費するのにも限界が〜。

     ということで、ブロッコリーのパスタで大量消費することに。

     ブロッコリーのパスタ
     材料:ブロッコリー、アンチョビー、にんにく、タカのつめ、オリーブオイル、パルミジャーノ、パスタ

     1:お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れ、ブロッコリーを軟らかめに茹でます。
     2:ブロッコリーが茹だったら取り出し、そのお湯でパスタを茹で始めます。
     3:フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りのニンニク、たかのつめ、アンチョビーを入れて炒めます。
       *タカのつめは辛さのためよりも、味を引き締める程度。アンチョビーは1人前1〜2匹かな。
     4:オリーブオイルにニンニクなどの香りがうつったら、そこに茹でたブロッコリーを投入。
       フォークでブロッコリーをつぶしていきます。(←そのために、ブロッコリーはかなり軟らかめに茹でてOK)
     5:フライパン全体を混ぜて、パスタが茹だったら、パスタもフライパンに投入。
     6:パスタの茹で汁も大さじ1〜2杯入れて全体を馴染ませます。
     7:最後におろしたパルミジャーノも加えて、全体をあわせたら、はい、出来上がり。

     本来は、チーマ・ディ・ラペ(菜の花のような葉野菜)でつくるオレッキエッテのパスタなのですが、
     私がはじめて習った時は、ブロッコリーでつくるというものでした。だからスパゲッティでもつくっちゃいます。
     コツは、ブロッコリーを茹でたお湯でパスタも茹でること。
     これは洗うお鍋が減るからラクチンなコツですね^^

     このパスタでかなりの量のブロッコリーが食べられますよ。
     このメニューのおかげで、もうかなりのブロッコリーが消費できました。
     よかった。花が咲く前に食べ切れそう。ほっ
     さて、あとはブロッコリーの茎の部分をどんなふうに食べようかな。

     おいしいブロッコリーの季節。簡単&おいしいので、一度お試しくださいね♪
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-12 07:52 | ごはん food | Comments(8)
   春の嵐とパスクワ
     一昨日、雹を伴う春の嵐が吹き荒れました。

     幸い、私の家のあたりは、雹がバラバラッと降った程度で、あとはただただものすごい豪雨。
     ところが昨日の朝、うちからバスで10分ほどの図書館に行ってびっくり。
     隣接した庭の樹の陰や、図書館の中庭には、雹の吹きだまりがまだ残っていました。
     ここらへんでは、雹がかなり積もったようです。
d0165762_1785737.gif
直径7㎜ほどの雹のつぶつぶ。見えますか?


     今日はパスクワ(イースター)でお休み。
     一昨日、そして昨日の午後の嵐で気温もぐっと下がり、平年並みの春の気温になりました。
     そして今日は快晴!
     教会に行く人。親戚の家でパスクワの食事を一緒にする人。
     みんながそれぞれのパスクワを過ごすのでしょう。

     この数週間、その準備のための、誕生の象徴である卵型や繁栄の象徴のうさぎ型、そして神への生け贄の
     の象徴であるひつじ型のチョコレートが、あちこちにあふれていました。
     お肉やさんには、兎やひつじ肉がいつもより出回ります。
     遊びに来る孫たちにあげるのでしょう、ラグビーボールほどの卵型のチョコレートをいくつも持った
     買い物帰りのおじいちゃんやおばあちゃんもたくさん見かけました。

d0165762_1784331.gif
雑貨屋さんの店先で。誕生の象徴である卵、ひよこ、そしてその親のにわとりも、この時期のウィンドーを楽しく飾ります。

     そして翌日月曜日も、パスクエッタという祝日。
     この日は、友人たちとピクニックに行き、バーベキューをするのがここらへんの習慣のよう。

     私はこの2週間、しつこくつきまとわれていた寝込むほどの風邪にやっとさようならができ、
     さて、自分の仕事をやらなくちゃ!というところです。

     実は年間の祝日がとても少ないイタリア。ある時数えてみたら、日本の約半分!
     宗教の有る無しに関わらず、パスクワ、そしてパスクエッタのお休みは、クリスマス以来の久しぶりのお休み。
     そして春の到来を告げる嬉しい休日なのです。

     みなさんの住むところには、もう春が来ましたか?
     それぞれの方にとって、花が咲き、新しい芽の吹く、楽しい春になりますように!
     でもよく考えてみたら、南半球では春ではないですね。う〜ん、地球って広い!秋のパスクワ。どんなでしょう。
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-08 17:06 | 季節のこと season's | Comments(2)
   バスの中で・・・
d0165762_133595.gif

     おばあちゃん、かわいい!
[PR]
by sakanatowani | 2012-04-02 01:02 | ひびのこと diary | Comments(4)