<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
   竹の子と銀杏
     3年ほど前、通っている美大で解剖学の授業が終わって帰ろうとしたら、自然科学イラスト(要するに、
     図鑑などに用いられているタイプのイラストです)の授業のプロジェクトの打ち合わせに来ていた知り合いに
     呼び止められた。
     北イタリア竹アソシエーション(だったかな?)が、『竹』についての本の出版を、この授業をとっている
     生徒とコラボをする計画がある。だから(この美大で当時)唯一の日本人の私は参加すべきだというのだ。
     日本は竹の文化を持っているのだから。

     それにのったのが、解剖学と自然科学イラストの授業を持つB教授。
     私はこの授業をとっていなかったので、このプロジェクトに参加しても、単位にもならないし、時間もくうし、
     なによりもそんな絵には興味がないので断った。
     断固として断った!が、B教授に押し切られ、嫌々ながら、竹細工を器として使った、竹の子料理を含む
     日本料理の絵を適当に描いて提出した。だが絵は気に入られたようだった。
d0165762_1784433.gif

     その年、私は解剖学の試験をパスするべく、夏の3か月間、毎日8時間、解剖学の勉強だけをして、
     9月期の試験に望んだ。
     が、しかし、このB教授は試験日の数日前に突如、試験日を1日前にずらしたのだ。
     夏休み中だったので、その変更を知る生徒はおらず、試験当日、B教授はひとりで待ちぼうけ。
     翌日、これが正規の試験日だと信じていた生徒たちが来た時には、もうB教授の機嫌は最悪である。
     何人かの生徒にその日に試験を受ける許可を与えない始末。
     粘りに粘ったものの、私も試験を受けられないことに・・・夏の3か月の勉強がパーである。
     イタリア語での解剖学なんて、その勉強から少し離れたらすぐ忘れてしまうのだ。やり直すならもう一度、3か月の勉強しかない。
      もちろん私はその試験をいまだに受けていない。やる気は失せました^^;

     日本人だからという理由だけで無理矢理プロジェクトに参加させられ、他のメンバーは授業単位をもらったのに、
     私は何もなく、今度は3か月の勉強が無駄に・・・踏んだり蹴ったりである。

     このB教授の苗字、直訳すると「素晴らしく陽気な」さんである。が、実際のところはかなりの曲者である。


     さあそして今年、ずっと避けてきたB教授の自然科学イラストの授業をとらなくてはいけなくなった。
     しかも、今授業をとったらふつうは6月以降に試験を受けるのだが、私は事情があって2月に試験を
     受けなくてはならない。
     う〜む、仕方がない。『竹』の本にも参加したんですよ〜(だから試験を受けられるぐらい、もうずいぶん
     描けますよ〜)ってアピールしてみるか。
     イタリア人ならこんなの朝飯前。ここは、口八丁でなんでも可能になる国なのだ。

     今期の授業内容の説明の日、静かに正攻法でアタック!・・・失敗。
     うんとは言わない。曲者め。
d0165762_1791356.gif

     先週の自然科学イラストの授業の初日は、授業をとれるかどうかの選抜実技テストだった。
     銀杏の葉とブナの葉を、実物を見ながら精密に描くのだ。
     銀杏はイタリアにはあまりない樹のよう。
     B教授、銀杏の起源や葉の効能、そして実がとても臭いことなどを、嬉しそうに話している。

     適当に描いたとはいえ、以前に提出した『竹』の本用の和食の絵は、教授には気に入られたようだった。
     だからここで落とされることはないだろう。しかし2月の試験(希望)のこともある。丁寧に描くに
     越したことはない。

     さあできた。提出〜。
     B教授、「おおっ、いいね!」と言って、虫眼鏡を手に、絵に見入っている。
     そうでしょ、そうでしょ。丁寧に描きましたから。

     教授「ああ、君は・・・」
     さかな「ええ、『竹』の本でもご一緒しましたよね」再アピール!
     教授「あの料理の絵は、とてもよかったよ。君たちは、竹を食べるんだよね」
     さかな「(正確には竹の子なんだけどね。以前説明しましたよね)ええ、そうです^^。
         実は銀杏の実も食べるんですよ〜」なんとか仲良しになって、あわよくば2月に試験を〜
     教授「むう」
     そしてすぐに私の絵に顔を向け、「いいね」とつぶやき、この絵をどの棚にしまうかを指示する教授。
     あれ、話し弾まず。むむむ、もしかしたら、自分が知らないことを私が言ったのが、お気に触った?

     その上、教授の反応および、他人の話しにはあまり話しに突っ込んでいかない性格から推測するに、
     銀杏は臭いまま食べると思っている気がする・・・
     違うよ〜。中の核だけを取り出してね、それを煎ってね・・・。
     でもここで無理に話しを続けて、この変わり者の気を損ねてもいけない。2月の試験が・・・
d0165762_1793516.gif

     う〜む、相手の生活にないものを、言葉少なにすぐにきちんとわかってもらうって、難しい。
     2月の試験という下心からの仲良し作戦も、特に進展は見られない。
     またしても、さかなのイタリア人的アピール、失敗に終わる。
     まだまだ修行が足りないね。さかなのイタリア人度、まだまだ0%である。

     こうやって、2月の試験を諦めないさかなと、日本人はあの臭い銀杏の実をうまく調理して食べるんだろう
     という間違ったインプットをしたB教授の静かな攻防戦は、まだまだ続く・・・。
[PR]
by sakanatowani | 2011-11-16 17:07 | ひびのこと diary | Comments(12)
   お帰り〜♪
     先週の水曜日、やっと美大の今年の学期が始まりました。遅すぎ〜。
     で、今日から版画工房で作業ができるわ〜。ルルルン♪って思ってたら・・・8日(月)は、休校となりました。
     (5か月の休み期間をへて!)やっと、やっと、版画ができると思ってたのに〜!(T_T)
d0165762_4215820.gif

     もう夏前から何か月も雨が降らないなあ、紅葉がきれいだな〜と思っていたら、先週の木曜日から豪雨の毎日。
     
     私が住む街は、東側にポー河が北から南に流れ、街の北側にはその支流のドーラ河が東西に流れるという地形。
     実は豪雨になる数日前、市内でも一時期氷点下になり、その時、標高2000m以上のアルプスでは雪が降り、
     その後の豪雨と雪解けの水が一気に、北イタリアをピエモンテ州からヴェネツィアまで、西から東へ流れる
     ポー河に流れ込んだというわけです。
     一時はポー河の氾濫も心配され、今日は念のために、市内の学校は大学も含めて休校とされたのですが、
     今現在、すでに市内は平穏で、みんなふつうに過ごせているので、ご心配なく。

     リグーリア州などではかなり被害も出ているようですし、今後、ポー河の下流にこの水が流れていくわけで…。
     自然災害はどうしようもないですが、被害が広がらないことだけを願っています。
d0165762_4222780.gif

先週土曜日のポー河。紅葉がきれいです(雨で暗いけど)

     さて、そんな中、夕べ、友人の家に行ってきました。
     例の、夫婦で1か月、日本旅行をしていたという彼女です。ちょうど1週間前に帰ってきたのです〜。

     彼女たちの家は、私の家からポー河をはさんだ丘の上の上。そして私の家は、河から車で5分ほど離れている
     建物の2階。
     ポー河の橋が水に浸かって通行止めになっていなければ大丈夫と、1か月ぶりに会うことにしたわけです。
d0165762_423661.gif
     
     私を待っていたのは、たくさんのお土産話に、たくさんのパンフレット。
     彼女たちは、東京から入って、小豆島、直島、京都、奈良、金沢、高山、東京という1か月の旅を、おおい食べ、
     おおいに歩き回って楽しんだようです。

     そして撮った写真は3000枚!
     私はそれを全部見せられても嬉しかったのですがなんせもう6年も帰っていませんから、選んでいる途中だという
     800枚を見せてくれました。
     懐かしかった〜!そして、建築家の2人の視点で撮られた建物の写真、お寺の庭の写真、修復中の合掌造りの
     家の写真など、私もとてもワクワクして見ました。

     そしてちょっと笑っちゃったのが、たくさんの看板や表示の写真。
     なんで?って聞いたら、おもしろいんですって。いちいちピクトが入ってるから。
     そういえば、イタリアではピクトの入った表示って、日本ほどないかも・・・。

     それからね、お風呂とか、トイレとか、外国人がよく泊まる宿泊所での和式トイレの使い方の説明書きだとか、
     そういう「こちらの友人に説明するための写真」というのもたくさんありました。

d0165762_4232713.gif

ポー河の橋の反対側も紅葉〜

     そして食べ物はといえば、なんでもおいしかったんですって!
     「何を食べているかはっきりはわからないものも多かったけど(笑)。納豆を除いては・・・」
     私がおすすめだよと言った通り、居酒屋さんにもトライしたふたり。
     英語のメニューもあったからよかったけど、納豆が出てきた時には(想像してたものとは大違いで)
     固まったらしい^^。
     そして、タイの兜焼きは、お箸で食べるのが大変すぎて、手づかみでかぶりついたとか。

     大判焼きやたい焼き、抹茶アイスクリームの写真もあったな〜。
     うどんもお好み焼きも食べたんだ〜。
     もう、うらやましすぎる写真観賞会でした^^

     そうそう、温泉や銭湯にも行ったんですって。
     はじめは水着を着て入ってだから違うよって言ってあったのに〜「あ、違う」と戻って、今度は「体を洗うタオル
     は持ってるの?」と言われてまた戻って、と、少しずつ、ちゃんとした(笑)お風呂の入り方を覚えていったそう。

     旦那様の方はある温泉で、温度の違う湯舟がどれもがいっぱいだったので、唯一空いている湯舟に入ろうと
     つま先をお湯につけたら・・・ビリリッ! 電気風呂だったそう。
     「いっせいにみんなが笑ってたよ」って言っていました。

     日本語レッスンの時に一度、「温泉だったので、何度もお風呂に入りました」という例文をつくっていったら
     彼女、「1日に何度もお風呂に入るなんてありえないから、この文はおかしい!」と学習拒否したんですよね。
     でもね、やっぱり日本では、何度もお風呂に入っちゃったんだって。
     「ね、ホントだったでしょ、あの文」と言ったら、苦笑いしながら「日本では私たち、ありえないほど
     清潔だったわ」って言ってました^^

d0165762_4235840.gif

今朝の市場そばのバス停で。みんなで水しぶきをさける!

     さて、私はちゃっかり彼らに日本食材購入のリクエストをしていたのです。だってここでは手に入らないんだもの
     リクエストしたのは、乾燥わかめにカレーにお味噌。
     これを買いに、池袋でスーパーに寄ってくれたそう。
     でも、スーパーをまわっても、それがどこにあるかわからない。

     そこで彼女、店員さんに探してもらうことにしたんだって。でもその店員さんは、私が友人宛てに書いた
     イタリア語のメモの「白味噌じゃなくて」が当然わからず、他の店員さんも巻き込んで、みんなで大騒ぎ
     しながら探してくれたそう。
     「みんなね、すごく親切だった。乾燥わかめもたくさんあって、どれにしていいかわからなかったから、
     そばにいたおばさんに『おすすめは?』って聞いたら、これって指さしてくれたのよ〜」って嬉しそう。
     私の「旅に役立つ会話レッスン」がおおいに役立ったようで、私もすごく嬉しいです。

     旦那様がタバコを吸っている間に、煙りが嫌いな彼女がそばの公園に座っていたら、80歳だという
     おばあちゃんに話しかけられた。
     「おばあちゃんの言ってることは10%ぐらいしかわからなかったけど(笑)」
     「清水寺では、小学生の男の子に『ハロー』って言われて、私が『こんにちは』って言ったら、びっくりしてた」
     「白川郷では、A(旦那様)が『あれを聞け』『これを聞け』ってうるさいの。そんなの聞くのも大変だし、
     言われてもよくわからないのに。疲れたよ〜」

     やっぱり、少しだけでも日本語を話せるって、旅では想像以上のコミュニケーションができて、英語だけでは
     体験できない、ものすごくおもしろい旅をしてきたようです。

     日本をより好きになって帰ってきてくれてよかったな。
     そんなことを心から思っています。
     そしてもちろん、今日の私のお昼ご飯はカレーでした♪
[PR]
by sakanatowani | 2011-11-08 07:08 | ひびのこと diary | Comments(12)