<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
   さあ、冒険だよ〜(ポーランドにフレスコ画を描きに行く2)
     5月8日(日)午前3時
     Lodzをウッジと読むと知ってから、うつらうつらしただけの数時間後、むっくり起き出す。
     さあ、本当に行くんだわ。

     朝食を軽く食べて(どんな時間でも朝は食べられるのよ)、4時には出なくちゃ。
     だって、ミラノの空港行きのリムジンバスが出る北の駅まで、歩いていかなくちゃいけないから。
     ネットによると、どうやら4時半に1本だけ深夜市内バスが走るようなんだけど、同じサイトの別ページには
     「ない」と出てる・・・ああ、情報がいいかげんな国、イタリア。
     それなら確実な「歩き」を選ぶのが、イタリアでひとり暮らす中から学んだこと。
     北の駅まで30分ぐらいの歩きのために、荷物もバックパックにしたし。
     よし、出発!
d0165762_21234177.gif

     朝4時の、まだ薄暗い街を、さくさく歩く。
     この街は、夜中(明け方)に歩いても安全だから安心。
     でもこの前日から、この街はアルピーニたち*でいっぱいで、けっこう酔っ払いの集団が多いな〜。
     からまれないように避けながら、ひたすらサクサク、サクサク。
     *アルピーニとは、イタリアの山岳部隊。徴兵制があった5、6年前まで、徴兵義務年齢の男子は、山岳部隊を含む3つの部隊に
       分けられて、徴兵期間を過ごしていました。年に1回、彼らはイタリアのどこかの街で大集合する「同窓会」をするのですが、
       この週末は、ちょうどこの街での集会。全国から50万人というアルピーニたち(つまり、山岳部隊で徴兵訓練を受けた
       すべての世代)が、キャンピングカーで家族を連れて乗りつけ、町中歩道までキャンピングカーだらけ。「緑の夜」と
       名づけられ、お店も深夜まで開店。一晩中、飲むは食べるは歌うは、はめをはずすわの大騒動だったのです。


     シュパッ。ブウ〜ン・・・。
     え?!背後から、バスが発進して過ぎ去って行く音が・・・。
     ああ・・・あのサイトに載ってた深夜バスだ・・・走ってたのか・・・ちくしょ〜(すみません)、
     走ってたのかぁ〜・・・。
     信じてよかったのか〜、あの情報。まだ学び足りてなかったな〜。く〜、イタリアめ〜。
     でもいいんだ。間に合うもん。歩いたって間に合うんだから、いいんだよ!と心の中で自分をなぐさめつつ、
     ひたすら歩く。さくさく、さくさく。

     遅れるよりまし、と早めにバスの停留所に着いて、若い女の子2人が、かなりはじけた(車道に出て、
     救急車に「チェントロ(街の中心部)まで乗せろ〜!」って制止させてた。いや、ここチェントロですよ^^;)
     若者の酔っ払いグループをうまくあしらってるのを横目に、「ああ、若いかわいい女の子でなくてよかった」
     と思いながら(笑)待つこと30分。
     さあ、ミラノまでのリムジンバスに乗り込みます。
d0165762_21283974.gif

     リムジンバスで寝ようと思ったのに、さ、寒い!
     この記事を書いてる今日現在、昨日に引き続き、気温が30度を超えようかという毎日に、すでに夏バテ状態なのが信じられない
      けど、あの日の朝はまだ寒かった・・・。

     長袖Tシャツ2枚+ウールのカーディガン+Gジャンでも寒くて寒くて、バスの荷物置き場に入れてしまった
     フリースが恋しかった。
     こんなに寒くちゃ風邪ひくな〜と思いつつ、うつらうつらした目にうつった朝日が本当に真っ赤っかで、
     空は白いのに、朝日だけは真っ赤っか。日本の国旗みたいだな〜、日本はどうしてるだろう、と思ったのを
     覚えています。

     知らないうちにぐっすり寝ていて、ふと目を覚ましたら、ミラノのマルペンサ空港に。
     朝7時。どうやら早すぎ。
     国際線だから、出発の3時間前にはって思ってたのに、チェックインは2時間前からだって。
     実は今回、はじめてネットでチケットを買ったのです。しかも古すぎる自分のコンピュータでは、
     知りたい情報が得られないという不便さから、こんなにおたおたしてたのだとも思います。

     大学卒業まぎわには、バックパックひとつで3か月、インドや東南アジアをひとりで旅行していたのに、
     ずいぶん情けなくなっちゃったな〜と、今の自分をみながら、空いている椅子にどっかりと腰をおろす。

     それでも、一人旅気分は、ちょっと思い出してきたかな〜。
     8時半まで待たなきゃいけないのなら、それなら有意義に待とうじゃないか。
     これから描かなきゃいけないフレスコ画というものを、ちょっと勉強しておこうと、何年も前にフレスコ
     画のマエストロ(師匠)がくれたフレスコ画の理論のコピーを読むことに。
d0165762_21291653.gif

     実は今回が、私にとってのはじめてのフレスコ画描き。
     その上、出発2週間前に突然、このマエストロが来られないと知ったという心細さ。
     ポーランドのギャラリーの人は、「フレスコ画教室だとは言ってなかったよ。アーティスト・ミーティング
     なんだよ」って言ってたけど、知らないものは知らないのだ。5年ほど前に、そのマエストロのところで、
     ちょこ〜っとフレスコ画を描いたことがあるだけだもの。
     ああ、不安要素がいっぱいだなあ。
     でも、他の人たちは知ってるはず。教えてもらえばいいよ。画材もむこうで用意してくれるって言ってたから、
     行って体験してこよう。

     お、そう思ってる間に、チェックイン・カウンターがひらいたよ。

     私「ボンジョルノ〜」
     航空会社の女性「イタリア語を話されるんですね。ではイタリア語で^^」
     そうだね。いろんな人が来る空港で、アジア人顔の私が来たら、英語ってこともあるわけだよね。

     にこやかな気持ちのよい会話とともに、私の初ネット購入チケットは無事チェックインされ、航空会社の
     女性に「ブォン・ヴィアッジョ!(Buon viaggio! よい旅を)」とにっこり笑顔で言われる。
     「ああ、マルペンサ空港の人たちは、こんなに親切なんだ〜!!」と、その前のインフォメーション・
     カウンターの女性の笑顔も思い出しながら、サービスに笑顔も正確な情報も伴わない国イタリアで、
     期待しないことを覚えてしまった私は、空港の人たちの態度に、必要以上の感激を味わいながら、
     チェックインヘを向かうのでした。
d0165762_21253589.gif


     今回もまだポーランドに着けませんでした〜。すみません〜。つづきます。
[PR]
by sakanatowani | 2011-05-25 21:22 | フレスコ画 affresco
   したいようにしていいんだよ(ポーランドにフレスコ画を描きに行く1)
     こんにちは!
     さて、前回の思わせぶりなふりで始まった私のお出かけ記。
     実は、行ってきたのはポーランドでした。
d0165762_2317778.gif

     この数年、驚くほどに、何もかもがうまくいかない。
     その状態を打破するきっかけにならないかな、と、行くことにしたんです。

     なんかこう書くと、ものすごく唐突ですが、実は、事の始まりは、もう5年ぐらい前でしょうか。
     ポーランドのあるギャラリー主催の現代美術コンクールに参加して、最終審査に残る8名に選ばれました。
     それがきっかけで、2、3年前から、そのギャラリーと、私の知り合いのイタリア人・フレスコ画家の
     人がはじめたフレスコ画プロジェクトに、私も招待されていました。つまり、これはお仕事。

     ところが、行きたいのは山々なのですが、なんせ何事もうまく行かない時期まっただ中で資金難
     (招待とはいえ、旅費は自分もちなので)。特に昨年は、はじめに行くと返事をしておきながら、
     やっぱり行けなくなるという、もうなんともいえず情けない状態に。

     今もたいして経済的な状況は変わらないのですが、とにかく、気持ちが行きたくてたまらない。
     気がつくと、行くって気持ちでは決めているようなのです。なのに頭では迷ってる。そんな状態。
d0165762_23173836.gif

     昨年の12月にフレスコ画家の人から「行きたいかい?」って電話があって、「行きたいです!」って
     返事をしておきながら、やっぱり心のどこかで経済的なことで迷ってて、やっと航空チケットを
     買ったのが3月。
     それから、日々の雑用や日本の震災のことで頭も時間的にもいっぱいで、この旅行について、
     まったく準備ができませんでした。
     でも、やっぱり行きたい!自分の本当に好きなこと、大事なことをしなくちゃ!自分がしたいことをして
     いいんだよと自分の背中を押しながら、ただただ出発の日に向けて、様々な日々の雑用をこなすのに
     精一杯でした。


     出発の前日も朝から丸1日働き、夕方にぐったりして帰宅して、数時間のお昼寝。パッキングをはじめた
     のは夕食後。そして夜中、あと5時間ほどで家を出なければいけない時間に、ふと「ポーランドって、
     ヴィザなしで行けたっけ?」と、ここではじめて、この旅行に気持ちが向かえるように^^;。
     日本のポーランド大使館のサイトを見ると、大丈夫。ポーランドも他のEUの国と同様、3か月以内なら
     ヴィザなしでOK。あ〜、よかった。ちょっとドキドキしました。(←調べるの遅すぎ)

     では、私が行くワルシャワから120km離れたロッツという町は、どんな?と、ネットで調べていたら
     ・・・ガ〜ン!
d0165762_23182738.gif
     
     私が行く町は、ロッツって名前じゃない。ウッジって読むんだって!!
     この数年、ずっとロッツだって思って、ポーランドのギャラリーの人や友人にメール書いてたわ。
     ひゃ〜、ここまで読み方のわからない国、大丈夫だろうか?!

     そんなことを思いながら検索中に見つけたydonnadieuさんの『わるしゃわ時間』の数ページに、ゆったりと
     落ちついた気持ちをとりもどさせていただいて、数時間後のポーランド出発に向けてベッドに入ったのは、
     5月8日(日)の午前1時過ぎでした。
     
     *自分にとって大事な時間になったこのポーランド行きを、覚え書きとしても残しておきたいので、
      この旅行記は長くなりそうです。
      お時間のある時にでも、のんびりおつきあいくださいね。
[PR]
by sakanatowani | 2011-05-22 23:15 | フレスコ画 affresco
   帰ってきました〜
     ただいま〜♪
     昨日の明け方、うちに帰ってきました。

     いや〜、楽しかった〜〜〜〜〜!!!
     この10年でいちばん楽しい8日間だった!
     帰ってきたくなかったです!

d0165762_1462346.gif

     私は毎日、こんな風景を見ていました。

     どこに行ってきたでしょう。って、こんだけじゃ、わからないですよね。
     これから少しずつ、このお出かけのことを書いていこうと思います。
     みなさま、おつきあいのほどを。
[PR]
by sakanatowani | 2011-05-19 01:45 | フレスコ画 affresco
   ちょっとお出かけしてきま〜す
d0165762_7405878.gif

     ず〜っと、ず〜っと、この町にいたら、外に出るのになんだか勇気がいるようになってしまいましたが、
     よいしょっと、かけ声かけて、ちょっとお出かけしてきます。

     ちょっと冒険になりそうだけど、楽しく過ごせたらいいな〜と思ってるところ。
     帰りは今月半ばすぎ。

     それまでみなさんも、楽しい日々をお過ごしくださいね。
     ではまた〜。
[PR]
by sakanatowani | 2011-05-05 07:39 | ひびのこと diary