<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
   Grafica per il Giappone
     ずっと、今住んでいるところで、何か募金活動ができないかと考えていましたが、やっと、
     美大の友人、イラストレーターの友人を誘っての、絵はがきイベントができることになりました!
d0165762_7211942.gif

     題して「Grafica per il Giappone (Grafic for Japan)」。
     参加者がつくった(印刷した)絵はがきを、小さなギャラリーで売り、その売り上げを全額、
     日本赤十字社に寄付します。
     開催は、3月30日と4月6日の2晩のみ。
     ですが、ここでのイベント開催をもう諦めかけて、イギリスのチャリティーに参加するだけにしようと
     思っていた矢先だけに、嬉しく思っています。

     ここでのイベント開催って難しい・・・
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-27 06:55 | ひびのこと diary
   Japan Tsunami Appeal
     * * * * * イギリスにお住まいの方へ * * * * *

     mappetさんのろんどんらいふやCinqさんのCinq*Etoileでも今お知らせしている、
     ロンドンでの募金活動に、わたしのイラストの絵はがきにて、参加させていただくことになりました。

     お近くにお住まいの方、お時間のある方、ご賛同いただける方は、ぜひともご協力をお願いいたします。


      ********* Japan Tsunami Appeal *********
d0165762_9502493.gif

               < 場所 >
             The ParkCity Hotel
         18-30 Lexam Gardens Kensington,
               London W8 5JE

               < 日時 >
       Wednesday, 30th March 2011 at 7:30PM〜

              < チケット >
               1人20ポンド

                  <内容>
     食品、お菓子、パン、小物等の販売、ジャズコンサートなど

   皆さんのご厚意はBritish Red Crossに全額寄付させていただきます。

        * 以下、英語でのご案内にご利用ください *
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-22 09:42 | ひびのこと diary
   こんにちは、青クマ!
     新しい家に引っ越して1か月半。ある日ふと気がついた。
     このクマ、こんなに青かったっけ?
d0165762_7172794.gif

     イタリアの洗濯機には、綿、化繊、デリケート洗いのそれぞれに、水、30度、40度、60度などの
     水温設定がある。
     私が着ているものは(悲しいかな)何百回もすでに洗ったような古いものばかりなので、
     色落ちなんて気にしなかった。
     でも、この何もかもがうまく働かないイタリアのこと、用心にこしたことはない。
     万が一に備えて、いつも綿・30度で洗っていた。

     が、どうやら、この新しい家の洗濯機では、その設定でさえ、何かが色落ちしているようなのだ。
     でもこんな古い洋服たちのどこから?!
     ああ、こんなところにも、イタリア不思議マジック・・・。

     気がつくと、タンスの引き出しには青クマ靴下、ピンク・ペンギン靴下が住んでいた。
     私は、東京でものすごい勢いで働いている頃から、リラックスしたい日には、動物柄の靴下をはいている。
     その私のリラックスのもとの動物ちゃんたちが、今、色変わりをしているのだ(笑)

     こんにちは、青クマ。こんにちはピンク・ペンギン。
     これからもよろしく。

     (あ、ふつうは色落ちしたら、もうはかない?
      私ははきますよ。色変わり動物たちに、リラックスさせてもらおうと思います^^)





     以下、引き続き、各国の赤十字の寄付サイトのリンクをはっておきます。

     日本赤十字社

     Japanese Red cross society (English)

     British Red Cross's Japan Earthquake and Tsunami Fund

     American Red Cross's Japan Earthquake and Pacific Tsunam Fund

     Croce Rossa Italiana
     Causaleを"Pro emergenza Giapponese"にして下さい。

     また、Croce Rossa Italianaには、SMSを 電話番号45500 に送っても、2ユーロの寄付ができます。
     SMSで寄付ができるのは、Wind、Tim、3、Vodafone、COOPVoceの携帯電話 または Telecom、
     Infostrada、Fastwebの固定電話からです。


     日本ユニセフも緊急募金をつのっています。
     今も被災地でがんばってる、そして生まれている子供達のために、ここにリンクをはっておきます。
     日本ユニセフ
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-20 21:55 | ひびのこと diary
   そうだね、そうだね
     大学を卒業してからという長いつきあいの友人からメールが来た。

     彼や彼の奥さんとは、大学を出てから、一緒に鍋をつつき、一緒に仕事をしていた長いつきあい。
     3人で、繊細な問題をテーマにした、ある雑誌のある号をつくっていた時、彼の奥さんと私は、
     そのテーマに感情移入しすぎて、知らず知らずのうちに悲しく悲しくなっていっていた。
     そしてある日、彼は私たちに言ったのだ。「ちょっと、あんたたち暗い!もうやめようよ!」と。
     その時の私たちはよっぽどどんよりして、そばにいる彼にもその重さがのしかかるほどだったのだろう。
     (ごめんね、その節は)
d0165762_7173862.gif

     今回のメールは、私にその時のことを思い出させた。
     「テレビの影像は見なくていいから」

     そうだ、私、知らずにかなり落ち込んでたかも。

     ありがとね。はげましてくれて。
     東京の人に、海を渡って勇気づけられるなんて、申し訳ない。
     でも、嬉しかった。
     昔からの友達って、ありがたいねって、本当に思ったよ。

     ここでできることを、淡々とやればいいんだ。今日から通常営業だ。
     ・・・と思ったものの、やっぱり私は私。感情の高ぶりは、いささか残ってる(笑)。

     地震発生以来、こちらの知人から、毎日、電話やメールでお見舞いをもらっています。
     試験休みが終わって、久しぶりに行った美大では、いろんな人、教授にも、
     家族の様子、日本の様子を聞かれました。
     私のことを気づかって、どう話しを切り出していいかって戸惑っている人も多かった。
     こんなにみんな、私たちのこと、日本のことを心配してくれて、応援してくれてるんだなって、
     ありがとうって思いました。

     昨日は中国人のクラスメートから、昔の日本人の友人に手紙を出したいから、
     日本語で手紙を書いてくれと頼まれました。
     北京で日本語を勉強していた頃の友人で、福島出身だったから、心配してるって。
     でも、日本語をすっかり忘れちゃったので^^;、私に代筆してほしいって。
     李、久しぶりのそのお友達に、手紙が早く届くといいね。

     今日は、イタリア人のクラスメートに手伝ってもらって、(下で紹介する)イタリア赤十字が行っている、
     ショートメールでの日本の地震に対する募金のお知らせをたくさんつくって、美大中にはってきました。
     Anna、手伝ってくれて(というか、ほとんど書いてくれて)ありがとう。
     
     冷静に、いつもの生活を、と思ってるけど、やっぱり頭の中にはいつも「今の私に何ができるのかな」と
     いう自問自答が張り付いています。
d0165762_718364.gif

     ここから何かできるのかというと、やっぱり寄付なのかな。
     以下、各国の赤十字の寄付サイトのリンクをはっておきます。

     日本赤十字社

     Japanese Red cross society (English)

     British Red Cross's Japan Earthquake and Tsunami Fund

     American Red Cross's Japan Earthquake and Pacific Tsunami Fund

     Croce Rossa Italiana
     Causaleを"Pro emergenza Giapponese"にして下さい。

     また、Croce Rossa Italianaには、SMSを 電話番号45500 に送っても、2ユーロの寄付ができます。
     SMSで寄付ができるのは、Wind、Tim、3、Vodafone、COOPVoceの携帯電話 または Telecom、
     Infostrada、Fastwebの固定電話からです。

     それから、子どもには笑っていてほしいなと思って、絵本のイラストをやっていくことを選んだ私には、
     嬉しいお知らせ。日本ユニセフが、緊急募金をつのっています。
     今も被災地でがんばってる、そして生まれている子供たちのために、ここにリンクをはっておきます。
     日本ユニセフ


     さあ、私は元気に、私にできることを、一生懸命やらないとね。
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-16 07:15 | ひびのこと diary
   うん、だいじょうぶだよね
     被災された方みなさまに、お見舞い申し上げます。
     11日の朝、ネットの速報で、今回の日本の地震と津波の事を知りました。
     かなり大きそうだ・・・そう思いながら外出し、帰りがけによったお店のテレビで、その影像を見た。
     声も出なかった。
     帰宅して、関東にいる知人、教え子たちにメールをし、わりとすぐに返事が帰ってきたことに安堵する。
     でも、メールをして何ができる? ただ自分を安心させたいだけじゃないか。
     相手には、こんな時のメールなんて、迷惑なのではないか。そういう思いもぬぐえませんでした。
     もし、私のメールがあなたの避難や家族との連絡の妨げになっていたら、ごめんなさい。
d0165762_21195634.gif

     そう、私はパニックだったのだ。
     私はテレビを持っておらず、私の古いコンピュータでは、YoutubeもUstreamも見られない。
     ただあの時お店で見た第一報の影像のみで、あとは日本の新聞のサイトで情報を追うのみだ。
     だから、あの影像のショックが大きすぎたのだ。

     家族と連絡がとれ、いつも見ているサイトがきちんと翌日も更新されているのを見て、
     「あ、被災していないところもある」そういう安堵感がやっと訪れた。


     今は、みんなが少しでも早く、今よりも体に心に楽な環境にいられるようになりますようにと思い
     ながら、このうらにも、今も休まず働いてくれている人がいるんだなあと感謝しつつ、
     新聞サイトの情報に目を走らせています。

     こちらにいてたびたび思うのは、私たちは本当に強いということ。
     自然とともに生きながら、何度も天災をくぐり抜け、再生させてきたんだよね、ということ。

     うん、だいじょうぶだよね。

     気をつけて。
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-13 21:18 | ひびのこと diary