雪の日の森林浴(←希望〜)
     まだまだ寒い日や大雪の声も聞こえてきますが、このごろ日差しはずいぶん春めいてきました。
     なので季節外れにならないうちに・・・。

d0165762_19525150.jpg

     先月のことですが、県内でも大きな神社に行ってきました。
     毎月1、2回、家族の都合で私は家を空けないといけない日があるのですが、この数か月、それがいつも月曜日なのです。
     私が出かけやすい大きな街は、美術館も図書館も動物園も、み~んな月曜日がお休み。
     せっかく出かけないといけないのなら、楽しく過ごしたい。1日時間をつぶすところに困ります。

     で、思いついた行き先が、この神社。ここなら年中無休ですもんね。
     ちょうど新年早々ですが(汗)ストレスまみれで「禊してさっぱりした~い!」みたいになってたので、神社はいいかも。
     それに神社には鎮守の森もありますしね。

d0165762_19534366.jpg
苔むした根元に新芽がひょろっと生えてるの見えますか?こんなに大きいのに、まだ新しい芽が出るエネルギーってすごい。


     ときどき森林浴ってしたくなりませんか?
     私はもうたまらずにしたくなる時があるんです。植物に囲まれると気持ちがす~っと楽になるから。
     ちょうどお出かけ日直前の週末も、このあたりは雪でした。
     だから、もしかしたらお出かけ日も、雪の鎮守の森が歩けるかも~って、楽しみにしてたんです。

     願いはちょっと叶ったかな。
     お出かけの日の朝に、またすこ~しだけ雪が降ったんです。
     うっすら雪で覆われた樹々が鬱蒼とした参道は、おりから出てきた太陽にキラキラ清らかでキレイ~・・・
016.gif

d0165762_19542611.jpg

     ・・・とはならず、まだまだ初詣時期で平日にもかかわらず結構な人出。
     その人たちが、参道を囲む高い樹の上からぼたぼた落ちてくる溶けた雪を避けながら、ざくざくと歩く・・・って感じになりました(笑)

     でもね、気持ちよかったですよ~。
     いくらボタボタ、バシャバシャ、水が上から降ってくるとはいえ、緑の中を歩くのはやっぱりホッとする~。
     ところどころ残ってる雪もきれいだし。

d0165762_19545309.jpg


     年の初めに地元の神社で初詣は済ませていたけれど、この神社でもお参り。
     地元の神社は人出が多くて焦ってお祈りしちゃったので(←人を待たせてる~ってプレッシャーに弱い小心者)、今度は
     ちゃんと落ち着いて(笑)

     そのあとは、本宮の裏をぐるっと回る”こころの小径”というお散歩コースを歩いてみました。
     ”こころの小径”なんて、気持ちを落ち着けてさっぱりしたい時にぴったりじゃないですか。

d0165762_19551656.jpg

     立派な参道とは違って細い小径。だから樹々が左右から迫っていて、鬱蒼感はさらにアップ。広い林の中を歩いてるみたい~。
     でもそのぶん上から降ってくる雪解け水はぼったぼた。太陽と青空が見える雨粒のでっかいお天気雨みたい。
というよりも、雨合羽が必要だったかも?

     そんな中ここを歩こうというもの好きもほとんどおらず、途中途中にあるお社をゆっくり見たり、気の根元のシダや苔、綱の上に可愛く
     並ぶ雪を眺めたり。
     静かでいいお散歩ができました。

d0165762_19553815.jpg
綱の上に雪がちょこちょこ整列~。


     それにしても、神社で働く方って本当にたくさんいるんですね~。
     広い境内にいくつもお社がある神社ですし、結婚式を挙げる人も多いところ。
雪解け雨を避けるのに、傘をさしてもらって式場に入る花嫁さんも見かけましたよ。
       きれいだった~♪ 初詣シーズンもそろそろ終わり、多くの初詣客のための設備をちょうどかたずける時期でもあったので、いろいろな制服を
     着た神社職員の方を見かけて。

     神社の少し違った面を見て、気分だけでなく、いい頭の気分転換にもなりました。








d0165762_19571121.jpg



     昨年は病気をして、本当によく病院に通いました。
     物心ついた時から体のどこかにいつも調子が悪いところがあるのが普通の私ですが、今まで大病を患うことはなかったんです。
     ”低空飛行だけど落ちないぞ”がモットーの、昔大好きだった漫画 『動物のお医者さん』に出てくる”変わり者の大学院生菱沼さん”(←わかる人
     にはわかるいいキャラ)に妙に感じる親近感。
     そんな私がここで病気になったのは、やっぱり「そろそろ体のオーバーホール時期ですよ~」という体からのお知らせだったのでしょう。

     そしてこの病気治療の一環で、歯科検診にもかかることに。
     歯医者さんなんて、イタリアに渡る前に行って以来、つまり10数年ぶり。
     気になりつつ3年も(!)放っておいた虫歯があったのですが、空気中の気化したアルコールにも反応してしまうアレルギーがあるので歯医者探しが億劫で
     億劫で。それまで気になりつつも延び延びにしてたのですが、それもこの歯科検診を機にあっさり解決〜。


d0165762_19591377.jpg


     長年大事に温めていた(?)虫歯も、昨年秋からとうとう治療開始。それが終わったら、今度は虫歯になりかかっていた左の親知らず上下を
     12月に抜歯することに。抜歯時の怖い話もいろいろ聞きますが、治療時間10分ほどで終了~。
     そしたらまあ、なんて歯が磨きやすくなったことか!
     抜歯の痛みもほとんどなく、こんなにストレスフリーな歯磨きになるんならって、年が明けてから、右の上下の親知らずも抜いてもらうこと
     にしました。

     でも「右側は、もしかしたら顎の骨の下に歯が挟み込まれちゃってるかも。そしたらドツボ。歯を少しずつ叩き割って抜いていくって、大変
     ことなるかもね~」と歯医者さんには言われてたのです。
     だから年末年始は「親知らずが楽に抜けますよ~に」と何度もお祈りを(笑)

     それが効いたのか、歯科の先生の初詣の時のおみくじが大吉だったからなのか(←と先生がそう言ってました)、予想ほど歯と顎の骨が入り
     組んでいなかったようで、先生はギリギリと力技で大変そうでしたが、麻酔もきちんと効いて、私は治療中に力がかかった反対側の顎の関節
     あたりが痛かったぐらいで無事終了003.gif 歯医者さんって大変ですね~。先生、お疲れ様でした!本当にありがとうございました!



d0165762_20010759.jpg


     今現在、まだ抜歯後の歯茎のお肉が盛り上がっていないので、新たにいちばん奥になった歯が知覚過敏になってますが、その痛みがこの一連
     歯科治療中いちばん強いぐらい。こんな程度で済んで、歯医者さん苦手、痛いの大嫌いな私には超ラッキーでした♪

     親知らずの抜歯の良し悪しは賛否両論ありますが、私の場合はやって正解。
     痛みも歯医者さんも超苦手な私は、「ふふふ、歯磨きももう楽々。これでしっかり磨いてれば、年数回の歯科検診だけで、もう虫歯とも治療
     痛みともおさらばだわ~」と密かに目論んでいる次第です。

     昨年夏には、市の特定健康診断や各種ガン検診ももちろんしましたよ。手軽に全身チェックできるので、利用しない手はありません。
     とりあえず今年も異常なし。しかも善玉コレステロールがかなり多めといういい結果のおまけ付き058.gif

     ひょんなことから始まって、芋づる式にあれよあれよという間に進んでいった体のオーバーホールもこれで無事終了です。


d0165762_20013314.jpg


     昨年病院に行き始めてちょうど1年。今月に入って急に、「ちょっと動いて体力つけたいな~」という気持ちがムクムクわいてきたんです。
     病気をして以来、体力が落ちてしまったなあと思ってたけど、こんな風に感じ始めたってことは、体がずいぶん治ってきたんでしょうね。
     もう”病後”が終わって、これからは”体調を整えつつ、その健康を維持する”という時期に入ったんだなあって気がします。

     昨年末から「軽~く触ってリンパを流す」っていうのはしていたのですが、今月からは全身ゆっくりストレッチもプラス。
     日頃からスポーツをしている人に比べたら、まだまだその準備運動にもならないほどですが、これからだんだん負荷も加えていって、マイ
     ペースで体力をつけていきたいです。

     もう少し自由に出歩けられるようになったら、山へのハイキングやトレッキングもやりたいな~。
     そしたら、体も動かしながら森林浴もできちゃって、心身ともにリラックスできそう053.gif

     そんなことも考え始めた今日この頃です043.gif



d0165762_20061889.jpg



[PR]
by sakanatowani | 2017-02-16 23:25 | ひびのこと diary
<<    おこしもの    わにくんが来たよ >>