言葉のニュアンス
d0165762_2263878.jpg

     言葉って単純じゃない。
     ひとつひとつの言葉の組み立てってものじゃなくって、その文化や人の性格に、密接につながってるんだなあって、
     日頃から感じています。

     例えばね、イエスさまのお父さん、ヨセフさまは、大工さんだったって、通っていた幼稚園で聞いたと思うんです。
     でもね、こちらに来て数年して、ある日、ハッと気づいたの。005.gif
     ヨセフさまは木工職人だったんです。それを日本語では、木を扱う職人、したがって大工さんって訳したんですね。
     大工さんって、家を建てる人。
     でもイタリアでは、家は木で建てないんですよね~。
     だからもしかしたら、ヨセフさまの仕事、木工職人って、家具をつくる人ってことなんじゃない?!って。

     こんなふうに、ひとつの言葉を単純に訳しても、その文化によって訳も受ける印象も違うんですよね。
     だからニュアンスの違いにいたっては、本当に正確に伝えるって難しい~。

d0165762_227282.jpg

     実は先日出版された私の絵本
     もちろん最初の案は日本語。私の頭の中でつくってるからね。
     そのときは、「(悪いけど)ちょっとつめてくれるかな?」って感じで書いたんです。
     だから売り込みのために英語に訳すときも、私の感覚で「ちょっとつめてくれる?」に近い感じで書きました。

     それを出版社の人が、自然な英語になおし、もちろんいい絵本になるようにプロの手も加えたのでしょう。
     そしてできたのが、『Move over, please!』。

     もちろんやっと出せた自分の第1冊目の絵本だし、プロの編集者の腕も信頼しています。
     でもね、題名の『Move over, please!』、私の頭の中では、「ちょっとつめて!015.gif」って訳しちゃう。
     何となく、「ちょっとつめてくれる?001.gif」とは違うんですよね。
     本の中の「Can you move over, please?」は、私の脳内訳でも「ちょっとつめてくれる?」って感じがするんですけどね。

     でもこれは、日本語が母国語の私の頭と気持ちが感じること。
     英語が母国語の人の感じるものとは、やっぱり違うと思うんですよ。

     英語圏の人は、私と同じ感じでこの題名を感じてるのかなあ。どんな感じなんだろう?
    それに この本は、他にドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、ギリシャ語、トルコ語版があるわけです。
     それぞれの言葉が母国語の人は、どんな感じに思うんだろう。
     バイリンガルの蒼いお山のかおりさんは、どんな感じでこの2つの題名を読みますか?

     言葉のニュアンスって、本当に些細なことだけど、でもとっても大事なもの。
     とってもちっちゃなことだけど、伝えられると嬉しいもの。
     いつかこの本も、日本語版が出せたらいいなあって思うんです。

     明日から3日間、この本を持って、ボローニャの世界絵本フェアに行ってきます。
     今回はまだ、この本が、私がちゃんと仕事として絵を描ける人だと信用してもらうための見本になってくれるだけ。
     それをいつか、日本の出版社から日本語で出せたらなあ。
     それがこれからの夢のひとつ。

     まあその前に、この絵本フェアで集まれる、久しぶりに会える友達に会えるのがすごく楽しみ。
     その人たちは、絵本業界ですでにイラストレーターとしてちゃんと長く働いている人たち。
     私の夢を実現できるように、2冊目の本が出せるように、みんながどう動いてるか見てこなくちゃね。

     みなさんも、すてきな1週間を!056.gif
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-23 22:11 | 母国語、外国語
<<    舟を編む    日本語ってこうなんだ〜! >>