Aちゃんのおひなさま
d0165762_6253821.jpg

     先週から、4才の女の子Aちゃんに、日本語を教え始めました。
     日本語クラスのリクエストはほとんどない昨今、しかも、4才の女の子が「なんで日本語を?!」ってちょっとびっくり。
     それがね、お母さんによると、見ていたアニメに日本人の女の子が出てきて、その子が日本語をしゃべっていたんですって。
     それ以来、日本に興味を持っちゃったらしい。
     なんか嬉しいですよね、こういうの。

     まあでもまだ4才ですからね。
     やっと字に興味を持ち始めたぐらいで、黒板に字を書いて教える「授業」なんてできません。
     日本語を覚えたいっていうのだって、大人が考えるのと同じような感覚じゃないだろうし。
     日本のものに触れたり、日本語を聞く機会って感じかなあ。

     今週はちょうどひな祭りの日にあたったので、ネットで見つけた「簡単に折れるおひなさま」↑を用意しました。
     それであらためて彼女と一緒につくって、顔を描いてもらおうかなって思って。

     そしたら彼女、「髪は茶色~。でね、目は青いの」って、嬉しそうにおひなさまの顔を描き始めました。
     茶色い髪に、茶色い眉毛。くるくるとした青い目に、花はピンクのだんごっ鼻。赤い口がにっこり笑ってるの。
     おお~、これが彼女のおひなさまなのね。

d0165762_6384538.jpg
写真、撮りたかった~。授業中だから撮れなかったけど。だからちょっと再現。


     ちょっとハッとしちゃった。
     そうだよね。彼女の中では、お姫様はこういう人なんだよね。日本ではおひなさまと呼ばれてるけど。
     私もおひなさまを「お姫様」と説明したし。

     こういうことがあると、昔のカナダ人の知り合いの子のことを思い出す。
     その子、ある時じ〜っと私の目を観察してこう言ったの。
     「目は、濃い茶色なんだね」って。
     そうしたらすぐに、ちょっと離れたところにいたお母さんから「日本人の目は黒よ」って声が飛んできた。
     それでね、子どもは「焦げ茶色だよ」ってまた言ったけど、結局その場では、私の目は黒ってことになりました。

     それから数年前、この街で市民登録することになった日本人のお母さんが言ってたこと。
     「市民登録には目と髪の色も申告するんだけど、私たちの目って、焦げ茶色なんですって。黒って言ったら違うって」
     というのは、人間の瞳(瞳孔)の色は誰でも黒。だから目の色はいくら濃くても焦げ茶色なんだと言われたそう。

     そうね。髪の色もね、インドやここでも、本当に真っ黒な髪の色の人を見かけます。
     そういう人たちの髪を見ていると、日本人の髪の色って、黒じゃなくて焦げ茶色だなあって思う。
     こちらで見る黒髪の人ってね、本当に真っ黒でつやっつやなんですよ。

     あ、もちろんね、おひなさまは黒い髪で黒い目でいいんです。
     でもAちゃんのおひなさまで、ちょっといろいろ考えちゃったというか、思い出したというか。

     私がつくった黒髪黒い目のおひなさまとお内裏さまは、Aちゃんの茶色い髪で青い目のおひなさまと茶色い髪で茶色い目の
     お内裏さまと一緒に飾られたのかな。

d0165762_6262816.jpg

     そしてその日、レッスンに来てすぐAちゃんがくれたこれ。なんだかわかりますか?

     これね、日の丸なんですよ〜037.gif
     お家でね、日本の国旗を描いてくれたんだって。
     あんまりかわいいから、もらっちゃった。

     日の丸のプレゼントは、こっちに来てから2回目かなあ。
     こういうのをもらうたびに、「日本の国旗はシンプルな図柄でよかったな」って思います。
     だって、描くのが簡単だから、こうやって気軽に描いてプレゼントしてくれるんだものね。

     さてさて、このAちゃんとの日本語のレッスン。
     これからどんなことを私に気づかせたり思い出させてくれるのかなって楽しみです。

     

     
[PR]
by sakanatowani | 2014-03-08 06:28 | ひびのこと diary | Comments(4)
Commented by starofay at 2014-03-09 05:55
さかなさん、おはようー。
4歳児に日本語!けっこう進んだ考え方のご両親ね。
4歳の女の子が出てくるアニメは、トトロかしら?

うちの子の学校ではね、黒い服を着るのは校則に反するの。
で、セイラは髪が黒いのを気にしていたんだけど、先生があなたの髪は黒じゃなくてこげ茶じゃないと言ったそう。
そういう問題じゃないと思うんだけどー。
だったら本当に真っ黒な髪の子はどうなのよ?
もちろんそういう子供たちだって学校にはいて、
髪の色が問題視されるわけがないのだけど、変よね。
Commented by sakanatowani at 2014-03-09 18:27 x
かおりさん、おはよう♪
そうなのよ、4才の子に日本語って、どういうふうにご両親は考えて、何を求めてるのか?!そっちを気にしちゃって、ある意味プレッシャーです(汗)
何のアニメだったのかなあ。イタリア(というかヨーロッパ)のアニメって、ときどきどこの国かわからないアジア人らしき人が、わけの分からない言葉を話すって場面があるの。で、説明は日本人ってことになってたり。だからそういうのかも〜。
黒の服はダメなんだ〜。なんでなんだろう?
一般的に、日本人の髪の色って黒って思ってたけど、真っ黒の髪の人って、本当に黒いよね。自分の髪の色は、やっぱりものすごく濃いけど焦げ茶だなあって今では思ってる。
色って、いろんな色があるから色なんだけど、それに変な意味を持たせることもできるし、意味があるから楽しくもあるし。
そういうことを、大人の方が心を開いてないとなあって思ったのでした。
Commented by Saori at 2014-03-10 19:15 x
さかなさんこんにちは~
4歳の女の子が日本語をお勉強だなんて、エライ!
以前ブログにちょこっと書いた事あるんですが、スウェーデンのヴィジュアル系の歌手の男の子、ご両親もスウェーデン人でまったく日本とかかわりがないのに、日本のアニメを見て興味を持って、自力で日本語を勉強、話せるようになったんですって。
今や日本で歌手デビューも果たして、すごいな、って感心しちゃいました。
Aちゃんも将来日本と何かかかわりがあるようになるかもしれないですよね。
日本の国旗って書きやすいから、子供にもぴったり^^
分かりやすいし、目立っていいですね。
日本語教室頑張ってくださいね♪
Commented by sakanatowani at 2014-03-10 22:54 x
Saoriさん、こんにちは♪
好きだから自力で勉強して話せるようになる!やっぱり、好きこそものの上手なれ、ですね〜。
この子はどこまで日本ってものをわかってるかもまだ不明なんですが(笑)、でもこの街では、ロンドンやミラノなどの大きな街とは違って、アジア人と一緒に時間を過ごすってこと自体、まだかなりふつうじゃないことなんです。(アジア人=中国人という認識なので、中華飯店や市場の屋台にいる人って意識がふつうかな)
だから、私と過ごすことで、「アジア人もイタリア人みたいに普通の人」って当たり前に思えるいい機会になるといいなって思ってます。
でもプレッシャーですよ〜。だって、4才の子って、覚える気はないじゃないですか。言葉、覚えてもらえるかな〜(汗)
がんばりま〜す!
<<    目!    グリッシーニ物語 >>