初めての絵本♪
d0165762_21141394.jpg

     いや〜、なんだかぼーっとしてる間に、2週間もたっちゃいました。

     突然ですが、私の初めての絵本が出版されます!041.gif
     タイトルは、『Rück mal ein Stück!』。
     日本語では『ちょっとつめてくれる?』、英語だと『Can you move over, please?』

     どんなお話しかというと・・・
      白クマいっぴき。
      そこに黒クマが来ました。「ちょっとつめてくれる?」ぎゅう
      すると茶色いクマが来ました。「ちょっとつめてくれる?」ぎゅうぎゅう
      さらに黄色いクマが来て、赤いクマが来て、青いクマも来て・・・いったいどうなっちゃうの?!
     ・・・・・というお話し。
     出版社のカタログによると、対象年齢は2歳から。

     単純なお話しですが、ポヨ〜ンとのんびりした雰囲気を味わっていただけたらなと思います。037.gif

d0165762_2114436.jpg
出版社HPより。独-ロシア語版表紙

     ドイツのバイリンガルの本専門の出版社からなので、ドイツ語ともう一カ国ごとのカップリングで、独-英、独-仏、独-伊、
     独-スペイン語、独-ロシア語、独-ギリシャ語、独-トルコ語の7バージョンのみの出版です。
     いつか日本の出版社から出せることになったら、日本語はもちろん私が書きますよー。
     だって、もともとは日本語で考え始めたものなので。

     それを出版社に売り込み始めるにあたって、英語に翻訳して、出版が決まったのがもう2、3年前。
     その時はとっても嬉しかったけど、宣伝するには早すぎるしね。
     しかも最初の出版予定は、2015年3月だったのです。
     そこから、待って、待って、待って、待って・・・
     だから今になっても、初めての絵本が出るって実感がないのです。015.gif

     実は夕べ、ドイツに住む妹から、出版社のホームページに載ってるよって知らせがあって、気づいた次第(笑)
     そして今朝、FBに載せたら、長年の友達がリンクをして宣伝してくれて、そこのいろんな人のコメントを読みながら、
     「ああ、本当に出るんだな〜」って、まだ他人事のようなぼんやりした気持ちです。
     見本誌が手元に届いたら、実感するのかな。039.gif

     たぶん本当の発売は、3月か4月。ヨーロッパのamazonではもう予約ができるようです。
     このドイツ語のタイトルか、私の本名Yukiko Iwataで検索してみてください。
     (日本のamazonはここで全バージョンが見られます)

     このクマくんたちが、たくさんの人を、ふふっと微笑ませてくれますように。001.gif
[PR]
by sakanatowani | 2014-02-17 21:19 | 版画&イラスト Etching,etc. | Comments(28)
Commented by suzume-no-oyado at 2014-02-17 22:35
おめでとうございまーす(≧∇≦)
私も自分のことのように嬉しいです〜♬もう小躍りしたくなっちゃいますね!早く見てみたいです。Amazonで探せますか?
Commented by mkanamaru at 2014-02-17 23:31
わー!すごいー!
私も購入します♩そして娘たちと読むのが楽しみだ❤
Commented by sakanatowani at 2014-02-18 00:30
すずめさん、こんにちは♪
ありがとうございま〜す!やっと、やっとです〜!
上に日本のアマゾンのリンク貼りました。よろしくお願いします(笑)
Commented by sakanatowani at 2014-02-18 00:32
ミナコさん、こんにちは♪
ありがとうございます!苦節ウン十年ですよ〜!やっと出せました。
残念ながら日本語バージョンがないのですが、よろしかったら、見てみてくださいね(上に日本のアマゾンのリンク貼りました)。
ミナコさんのような大先輩に見ていただくのは恥ずかしいのですが、ニヤッとしていただければ嬉しいです。
Commented by kyotachan at 2014-02-18 01:01
おめでとうおめでとうおめでとう~~~!!!すてきな絵だ~~~。何語?と思ったらこれはロシア語?くー!それもすてきー!
Commented by sakanatowani at 2014-02-18 05:40
Kyotachan、こんばんわ♪
ありがとうありがとうありがとう〜!!!
ロシア語・・・自分で書いた本が、自分で読めもしない言葉になってるって、不思議な感じ〜。
Commented by starofay at 2014-02-18 09:40
すばらし~♪♪♪
おめでとう!
Commented by sakanatowani at 2014-02-18 16:17 x
かおりさん、おはよう♪
どうもありがとう!!!
Commented by tantan_quelle at 2014-02-19 10:45
おめでとうございます!!!
え、イタリア語じゃなくドイツ語?!と驚いたのですが、ドイツの出版社から出るのですね。
来年の3月以降には書店に並ぶのですね。
絵だけではなくお話しも書かれたのですか?すごーい!!!
書店で手に取れる日を楽しみにします♪
Commented at 2014-02-19 11:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-02-19 11:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-02-19 11:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakanatowani at 2014-02-19 15:38
tantanさん、おはようございます♪
来月ですよ〜。来月か、遅くとも再来月には、ドイツの書店に出ると思います。
ドイツのアマゾンでは、もう予約始まってるようです。
書店に並ぶ、のか〜。なんだか不思議な感じです。
見かけたら、お手にとって見てみてくださいね。
Commented by sakanatowani at 2014-02-19 15:44
鍵コメさま、おはようございます♪
読んでいて、よかったな〜って思いましたよ。いい感じ♪
行ったり来たりするなんて、当たり前ですよ〜。だって、人生のほとんどをこの状態に縛り付けてきてしまったのだもの。はじめは自分を守るためでもね。
だからゆっくりで当たり前なんだ。って、思えるようになりました。自分を大事にすること。それがいちばん大事って。いろんな段階を踏んでいくのでしょうけどね。
ご予約、ありがとうございます〜。あ〜、なんだか嬉しい!
お子さんも楽しんでくれるかな〜。
では、あっちの方にも行ってみますね。
Commented by Saori at 2014-02-19 16:27 x
さかなさん、おめでとうございます!
ちょっと出遅れちゃいました(汗)が、ほんと良かったですね>▽<
UKのアマゾンでも買えるのかなぁ、、、後でチェックしてみます^^
私もあれ?イタリア語じゃないんだーってびっくりした派です。
ドイツ語なんですね。昔ドイツの会社に勤めていた事があって、ドイツ語をちょこっとかじったことがあるんで、独ー英の絵本、すごく興味あります^^
ほんとおめでとうございまーす!私もすごく嬉しいです♪
Commented by sakanatowani at 2014-02-20 01:15 x
Saoriさん、こんにちは♪
どうもありがとうございます〜!
全然遅くないですよ。こうやってお祝いの言葉をいただけるなんて、すっごく嬉しいです。
UKのアマゾンでももう買えるみたいですよ。
一昨日見た時は予約みたいな表示だったのに、さっきドイツに住む妹から「アマゾンで買っちゃった〜」って写真つきのメールが送られてきて、びっくりしました。もう買えるようですよ。
まだ著者の私も見てないのに〜(泣)
ええっ、ドイツ語もできるんですか!すご〜い!
それじゃあ、独ー英版、ぴったりですね。
とはいえ、本当にそんなたいしたことない文章量です。
家族のみなさんで、ニヤッと笑っていただけたら嬉しいです♪
Commented by magenta at 2014-02-20 12:22 x
さかなさん、おめでとうございます!
大勢の人に夢を与えてくれますね。素敵☆
近所の書店にはドイツ語とかいろいろな国の本や雑誌も売っているので来ないかなあ^^
Commented by ゆうこ at 2014-02-20 22:59 x
ゆきこさん、絵本の出版おめでとうございます!
長年異国の地で頑張って来た結果がよいものとなって出ましたね。これまでの道のりはご本人にしか分からないような苦しい時も沢山あったと思いますが、素敵な絵本となって、自分だけでなく、沢山の子供達に夢を与える形で実現できて、よかったですね。この絵本はたとえ言葉がわからなくとも、十分楽しめるのでは?欧州はマーケットが繋がっているので、これからの活躍、楽しみにしています!
Commented by sakanatowani at 2014-02-22 16:38 x
magentaさん、おはようございます♪
ありがとうございます。
この本の流通をよく知らないのですが、ドイツの外の本屋さんにも並ぶのかなあ。
とりあえず、アマゾンのようなインターネット書店からは手に入るようです。
よかったら見てみてくださいね。
Commented by sakanatowani at 2014-02-22 16:41 x
ゆうこさん、おはようございます♪
ありがとうございます!
やっと、やっとですよ〜!って感じですが、実はまだ現物を見ていないので、実感がわかないでいます。早く見本誌が来ないかなあ。
これを機に、他のプロジェクトも本にできたらなあって思いますし、何よりも、何の結果もないままがんばってきた努力が、これから実を結び始めればと思っています。
それにしても、自分の描いたものが、自分が読めない言語になって出版されるというのは、ちょっと不思議な感じですね。
Commented by Saori at 2014-02-25 19:57 x
さかなさん、おはようございます^^
たった今郵便屋さんがさかなさんの本を届けてくれましたー!
これからお茶を淹れてゆっくり読ませてもらいますね!
とってもカワイイ表紙にすでに癒されてます♪
良かったらブログで紹介させていただきたいんですが、いいでしょうか?
Commented by tantan_quelle at 2014-02-26 15:00
読み違えていて失礼しました!
当初の発売予定が2015年の3月で、実際は?と思いながら読み進め3月か4月とあったのでやっぱり2015年の?なんてとぼけたことを思ってしまいました。
もうすぐですね!
来月、早速本屋さんへ行ってみます♪
Commented by sakanatowani at 2014-03-02 16:43
Saoriさん、おはようございます♪
お返事遅くなっちゃって、すみません。
おおー、届いたんですね!!あ〜、なんか嬉しいです〜。
紹介していただけるなんて、とっても嬉しいです。よろしくお願いします。
みんなの反応、どうだったかな〜。楽しんでいただけると嬉しいです。
Commented by sakanatowani at 2014-03-02 16:45
tantanさん、おはようございます♪
いいえ、いいえ。とんでもありません。
もう本屋さんにも並んでるのかなー。
たぶん本屋さんに並ぶのはドイツだけだと思うので、自分で見られないのがちょっと残念。
本屋さんで見たら、ちょっとのぞいてみてくださいね。
Commented by paprica at 2014-03-03 02:21 x
初めまして!そして、絵本の出版、おめでとうございます!!
Saoriさんのところでとっても可愛らしい絵本が紹介されていて、思わず迷わずコチラにおじゃましてしまいました。早速、カナダのアマゾンでもチェックしました!あった♪
コメントは初めてなのですが、他のブロガーさんのところからのリンクから飛んできて、さかなさんの素敵なイラストをこっそりと楽しんでいたんです。異国の地で、こつこつと積み上げてきた努力の成果ですね。素晴らしいです。
それにしてもバイリンガル絵本って、面白いです。英語と日本語、早く出ますように!また遊びにきます!
Commented by sakanatowani at 2014-03-03 06:53 x
papricaさん、こんばんわ♪
こちらこそ、はじめまして!そして、ありがとうございます!
・・・とはいえ、私もSaoriさんのところ経由で、実はpapricaさんのブログ、ずいぶん前から読ませていただいてました♪
うふふ、告白のしあいっこ(笑)ですね。
カナダのアマゾンでもありましたか〜。やっぱり通販ってすごいですよね。ドイツの出版社からだから、店頭に置かれるのはドイツだけだと思うんですよ。しかもバイリンガルのものだから、そんなにどこでもあるわけじゃないと思うし。それが世界中で買えちゃうなんて。
ね、バイリンガルの本なんて、おもしろいですよね。
私もこの出版社と知り合いになる前には、気づかなかったように思います。
こちらこそ、また遊びにいきますね。
これからもよろしくお願いします。
Commented by paprica at 2014-03-06 10:53 x
わっ。ブログ、見てくださっていたのですか? びっくり嬉しいです!日本語+英語がでたら、Sakanaさんのこの一冊、姪っ子に送ろうと思ってます☆ 
この絵本のイラストは水彩で描かれているのですか?パステルかな。こういう優しい雰囲気のイラストが描けるというのがとても羨ましいです。お話にどんな「おち」があるのか、とっても気になります〜。
Commented by sakanatowani at 2014-03-08 06:24
papricaさん、こんばんは♪
日本語+英語版・・・出たら嬉しいですね〜。
でも残念ながら、まずは別の出版社がこの本の版権を買ってくれないと無理かなあ。
ドイツの出版社からなので、ドイツ・マーケットを考えて出版されるのです。だからドイツ語ともう1カ国語のカップリングなんです〜。
イラストは、アクリル絵の具で描いています。
うふふ。オチっていうほどのものでもないですよ。2才の子から読めるものですからね。
もしよろしければ、世界中のアマゾンから購入できると思います。
<<    グリッシーニ物語      クロウタドリの日 >>