クリスマス・シーズン
d0165762_1922091.jpg
11月の初めに、街に10か所以上のluce di artista(ルーチェ・ディ・アルティスタ/アーティストの光)が飾られたら、クリスマス・シーズンの始まり。

     もうすぐクリスマスですね。
     書かなきゃ、書かなきゃと思っていたのですが、今年は家ごもりしがちのせいか、なかなかクリスマス気分にならず。
     とはいえ、沈みがちな気分を盛り上げようと、クリスマスから年末年始のメニューを考えたりはしているのですが(笑)

     今年は暖かく、いまだ毎日10度ぐらいまで気温が上がるので、いまだ真冬用のコートは不要。
     あ、もちろんふつうのコートは着てますよ。
     でもね、全然まだまだ真冬の寒さは来ないので、それも今一歩、クリスマスを感じない理由なのかも。
     一時は真っ白に雪でおおわれたアルプスも、だんだん山肌が見えてきちゃってちょっと寂しい〜。

     他の国に比べて、「イベントにあわせて、早くから売って売って売りまくれ〜」みたいな商業主義が見られにくい
     イタリアでも、この数年は、10月末頃からスーパーはすでにクリスマス・シーズンに突入。
     そう、イタリアのクリスマスといえば、パネットーネとパンドーロ。

     11月半ばとなれば、スーパーにはパネットーネやパンドーロ、チョコレート、トッローネ(アーモンドなどナッツが
     入ったヌガー)などのクリスマスのお菓子の特設会場が設けられます。
     (ドワーッと積み上げられたパネットーネの様子は、昨年のものですがここで見られます)

d0165762_193768.jpg

     ここ数年はこじゃれたパン屋さんもできてきて、この時期ならではのウィンドーの様子に思わず見とれたりして。

     でも今年はパネットーネもパンドーロも食べないで終わるかなあ。
     パネットーネもパンドーロも日持ちするとはいえ、1つがすごく大きいし、ものすごいカロリー量なんですよね。
     今年は秋から気持ちが落ち込み気味で、その反動でものすごく食べてたみたい。人生最重と驚いた2年前の体重から
     さらに太っちゃって、健康な心身のために、正しいダイエットをしなくちゃなのです 008.gif
     そんなときに年末年始を迎えるのはとっても危険なんだけど・・・。
     だから今年は禁パネットーネ&パンドーロかなあ。

d0165762_1932211.jpg

     こちらは老舗のお菓子屋さんのウィンドー。
     思わず子どもみたいに「わ〜」って駆け寄りたくなっちゃいます。

d0165762_194080.jpg

     もちろん今年もプレゼーピオ(過去記事123)が飾られてますよ。
     週に1度は街の中心まで買い物に行くのですが、いつも都合で帰り道は夕方に。
     5時頃にはもう暗くなりますから、その中に光るルーチェ・ディ・アルティスタやプレゼーピオを見るのが
     楽しみになっています。

d0165762_1973955.jpg

     先週の金曜日には知り合いのスタジオで、半年ぶりにやっとやっと版画を刷ることができて、「やっぱり版画が好きだ〜♪」
     と丸1日を満喫。
     この嬉しい出来事に、気持ちもちょっと上がってきた。
     何も進まなくてじりじりと過ごした今年。やっと何かが動き出したかな001.gif
     
[PR]
by sakanatowani | 2013-12-23 19:12 | 季節のこと season's
<<    何を食べようクリスマス2...    ショーペロ Sciopero >>