ネコ・シッター敗北記
d0165762_1644584.jpg

     昨日から1週間、友人カップルが出かけるので、ネコ・シッターに行くことになりました。
     この子がそのネコ、ギンメルです。

     最近、頭も心も焦りばかりで落ち着かないので、友人宅をスタジオ代わりに昼間過ごすのは、気分転換にもなるかなあ
     と思っていました。
     が、このギンメル様、
     「あんた何しに来たのよ。
      ここは私の家よ。
      おなかすいてるから食べさせなさいよ」と、
     たぶんふだんは飼い主に上がるのを禁止されてる高い場所、高い場所にいっては、私を監視。
     ご飯をあげたあとは、私の目の前、私の行くとこについて来ては、私がさわるものさわるものにつめを立てては、
     「これは私のものよ!」とシャーと威嚇し、引っかき攻撃 015.gif

d0165762_1663437.jpg
ふふふ、当然私の勝ちよ!

     負傷した(←大げさ)ネコ・シッターは「あんたといても楽しくない!もう帰る!031.gif」と捨て台詞を残し、
     たった1時間の滞在だけで、家を飛び出したのでした(笑)
     ギンメルの勝ち。

     さて、今日はどうなることやら。

d0165762_1675813.jpg

     土曜日に、ここにもとうとう初雪が降りました。
     もう3週間ぐらい前から、週末には雪の予報が出ていたのだけど、街中に降ることはなく。
     でもアルプスの方は、もう真っ白に。
     白く雪をかぶっているのは、フランスとの国境あたりのアルプス山脈。
     そのうちに、それらの山の地肌が見えないほどに真っ白白になって、手前の山も雪で白くなっていくのです。
     ここも冬の始まりです。

     みなさんも、よい1週間を。
     私は今日もギンメルとの勝負に出かけます。果たして1週間のうちに共存なるか037.gif
[PR]
by sakanatowani | 2013-12-02 16:29 | ひびのこと diary | Comments(8)
Commented by Saori at 2013-12-02 20:43 x
こんにちは、ネコシッターご苦労様です^^
猫と犬といたら、どっちかっていうと、犬の方がとっつきやすいような気がするんですが、どうなのかしら?
ネコシッターのお役目がすむまでにちょこっと仲良くなれるといいですね。

山がこんなに間近に見えるとは知らなかったので、すごーいって写真見て溜息ついちゃいました。
積雪している様子を見ると、もう冬なんだなぁ、ってしみじみ思います。
すごくきれいですね。
また街の様子などぜひ見せてくださいね!
Commented by starofay at 2013-12-03 05:35
猫シッターって結構大変なのよね。
私も経験あるわ。
威嚇されたことはないけど、子猫に一日中襲撃され続けて一時もリラックスできなかった。笑
雪に覆われたアルプスがとってもきれい。
Commented by sakanatowani at 2013-12-03 16:26 x
Saoriさん、おはようございます♪
いや〜、ネコ、難しいです。犬は飼ったことあるけど、ネコはないので、あんなヤツだとは・・・ってこともあって(笑)
ネコって高いとこに上がるじゃないですか。頭で知ってはいたけど、あれであちこちから凝視されるのは、辛いです〜。
そうですね、犬の方が仲良くなりやすいです。私はね。共存は難しそうなので、2日目は別々の部屋で過ごすことに。でもあとからそちらの部屋に行ったら、すごいことになってました(汗)
アルプス、近くに見えるでしょう?ほんとは車で2時間ぐらいかかるんですけど。手前の山までは1時間ぐらいです。
ここ、あの山々に囲まれた盆地なので、山がけっこう近くに見えるんですよ。
Commented by sakanatowani at 2013-12-03 16:31 x
かおりさん、おはよう♪
ああ、やっぱりネコシッターでリラックスできなかった経験があるのね。
ほんと、私にはストレス。昨日はもう別々の部屋に行って過ごしたけど、あと5日、自分も自分の生活ですでにストレスまみれなので、自分を少しでも楽にするべく、どうやり過ごそうかなあと考えてます。
私は犬しか飼ったことないから、犬だとけっこうすぐ仲良くなれるし、あそこまでくっついて威嚇されないしね。
他人のネコなので、ネコにストレス与えるのも避けたいし。
今日は(幸い?)忙しいので、夕方さっと行って5分で帰ってくる予定。私もちょっとほっとできるかな。
さあ、白いアルプスが見える季節到来!私に元気をくれる風景です。
Commented by tantan_quelle at 2013-12-11 16:25
お疲れさまです~!
ギンメルちゃん、おうちの方と一緒だとこんな風ではなかったかもしれないですよね。
お留守番中の見知らぬ人の訪問に番犬ならぬ番猫として頑張らねば!と思ってしまったのかも?!
日を追うごとにお互いリラックスできるようになると良いですね。

毛筆レッスンのお話し、とても興味深く読ませて頂きました。
平仮名や漢字をご存じない方とのレッスンではどんな事を書いてられるんですか?
Commented by sakanatowani at 2013-12-11 19:03
tantanさん、こんにちは♪
いや〜、大変でした〜!(笑)
ギンメルちゃん、ネコなのに(?)いっつもかまって欲しいタイプみたい。
飼い主と一緒の時でもそうらしいんですよ〜(笑)
まあだから、見知らぬ人と一緒で、向こうも怖いは自己主張したいはで、いつもと同じではいられなかったんでしょうね。
ともかくあちらは彼女の家。だから私はなるべくストレスを与えないように行動するようにして、やっとこ1週間が終わりました。
そして私は、今、ストレスからリカバーしております〜(笑)

毛筆レッスンは、縦棒とか、横棒とか、払いとかの線だけの練習をしています。
結局は、毛筆をどう使いこなすかを知りたいとのことだし、たぶん洋筆(?)しか使わない人には、あの毛筆の使い方って、習わないと試しても見ない筆圧とか動きのようなので。
Commented by ydonnadieu at 2013-12-19 08:28
ゆきこさん、こんばんは。
ギンメルちゃんとの戦い、明らかにギンメルちゃんの勝ちですね。彼女(?)の縄張り内のことなので、時間はかかりそうですが、いつの日か和平条約が結ばれることを祈っています!
私の方も、実は身辺がこれまでになく慌ただしく、気ぜわしいこの頃で、久しぶりにこちらに遊びに来ましたが、ストの話といい、ヨーグルトの風味考察といい、興味深かったです。ストについてはフランスには革命以来の伝統が生きていること(とはいえ、ギリシアあたりもかなり過激ですよね)、同感です!ヨーグルトについては、国民によって嗜好が違うのはもちろん、味覚について、感覚が麻痺している人もかなりいるのではないかと思うのですが・・・。あと、聴覚。刺激を得よう、与えようという音楽も多いですよね。時に世の中の『普通』を理解するのが難しいと思ってしまうことも。あー、なんだか老人の愚痴っぽくなりました。
Commented by sakanatowani at 2013-12-21 17:12
ゆうこさん、おはようございます♪
先日、ギンメルちゃんの家に遊びに行ってきたんですよ(あ、飼い主のところにね)。そしたら彼女、私のコートをかいでチェックし、あとは自分のお布団のところで、私に背中を向けて丸くなって寝始めました。飼い主がいるから、私に背中を向けても安心なんでしょうね。シッターの時は、彼女の背中なんて見ませんでしたから(笑)
今までネコシッターをやったことはありますが、今までのネコって、私が来ても知らんふり。姿も見せず(窓からお外に出られる家だったので)、でも翌日行くと、ご飯はちゃんとなくなっているという。ネコでも性格は、本当にいろいろなんですね〜。
「味覚について、感覚が麻痺」うはは!たしかにそうかもしれません〜。ここでは、聴覚についてもそう思います。いつもいつもみんな怒鳴ってます。たぶん聞こえないんじゃないかと。でも全員がそうというのではなく、ときどき「大声が耐えられない」って言う人とかいるんですよ。私はそういう人と一緒にいて心地いいんですが、「自分の国の人たちの言動に耐えられないって、この人はどうやって暮らしてるんだろう」って思うのです。「自分の普通の場所」を見つけるのは難しいですね。
<<    ヨーグルトとチョコのホニ...    毛筆レッスン >>