ワールド・マスターズ・ゲームズ
d0165762_15595831.jpg

     先週、この街で、ワールド・マスターズ・ゲームズがあったようです。

     あったようです、というのは、全然そんなこと知らなかったから。
     先週半ばに、街の中心まで買い物に行ったら、首から同じような札をかけた人たちをたくさん見かけて、
     「国際カンファレンスでもあるのかな?」と思っていたのです。
     50、60代以上の人たちばかり。
     でもね、みんなものすごくカジュアルなカッコしてるから、なんだろ〜な〜ぐらいにしか思ってなかった。

d0165762_1604637.jpg
こういうタイプの札をかけてるの。これはトリノオリンピックの時のもの。断捨離とは縁のない生活してます(笑)


     そしたらある日、駅前から帰宅のためのバスに乗ると、この札をかけてる人が5、6人乗ってるじゃないですか。
     しかもそのうちの2人が、時々日本語しゃべってる〜。
     お年は、70代ぐらいかな〜。
     ここでは日本語を滅多に耳にしないから、「おおっ!」と思ったけど、まさか「日本人ですか?」とも
     見知らぬ人に声もかけづらく、すごく気になりながらも、そのままに。

     気をつけてみたら、街中に、ちゃんとポスターもあったんですね。

     そうか〜、あの人たちはアスリートだったんだ〜。

     どうやら、街の中心に宿泊施設があり、そこからバスで20分ほどの競技場まで、ここにバスに乗って出かけていたようです。
     私の家はそのちょうど途中だったから、選手の方たちと同じバスになってたんですね。



     そうか〜、あのバスで見かけた方達は競技選手だったんだ〜。
     知ってたら、「がんばってください!」とか、声かければよかったかな〜。
     でも、私みたいに、暑い日にちょっと用事で出かけたくらいでへばってる体力なしに声かけられてもね〜
     ・・・なんて、どうでもいいことをグルグル思ってみたりして 037.gif



     ちょうどその直前にネットのニュースで、90代の日本人現役アスリートの話を読んだところだったから、
     よけいに、アスリートへの尊敬と憧れの気持ちが高まっていたのです。

     調べてみたら、ワールド・マスターズ・ゲームズって、参加資格が35歳以上なんですね! 公式サイトはこちら
     35歳って!!! そんな若さから、もうマスターズなの?! (ちなみに飛び込みは25歳以上から出そう・汗)

     また別の日、ちょうどその競技場近くをバスで通った時、最寄りのバス停で、英語、ロシア語を話していた40、50代の選手たちが
     どどどっとバスを下りていきました。
     今から競技なんだ。がんばってください〜って、心の中で密かにエールを送りつつ、競技場を入っていく彼らを目で追っていたら、
     70代、80代ぐらいの4、5人のグループが目に入りました。
     まるで仲良しが集まってお散歩に行くような、楽しそうな、ゆっくり、ゆっくりした足どりで、
     でも彼ら全員の背中には、ITALIAのゼッケンが。

     スポーツって、楽しむもんなんだなあ。
     いくつになっても、スポーツをやる人には、年齢制限ってないんだなあ。

     そんなことを、まったく運動には縁のない、むしろ運動不足で「ダメじゃん!」って、体にカツを入れなければいけない私は、
     いつ(の年齢)までもアスリートの人たちの背中を、なんだかいいなあと思って、見送ったのでした。




     さて、今日も暑くなる前に、市場に買い出しに行こうかな。
     どっこいしょ(爆) 058.gif
[PR]
by sakanatowani | 2013-08-14 16:06 | ひびのこと diary
<<    ポーランド風ピクルス2013    柔らかな努力 >>