甘いかおりだった初夏
d0165762_15575690.jpg
図書館の入り口横にある街灯がテーマのアート(?)。今は猫ちゃんと競演中

     日本は猛暑だそうですね。
     熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。
     というのは、毎夏私は室内でもほぼ熱中症状態になって辛い日々を送っているから。
     猛暑と聞くと、あの辛さを思い出してしまうのです008.gif

     毎年35、36度が1か月以上続くここの夏、エアコンなんてものはふつうない。
     30年前までは、ここまで暑くなることはなかったそう。だからいまだにエアコンがない家が圧倒的です。
     扇風機が普及し始めたのでさえ、猛暑で多くの人が亡くなった年以降の4、5年前ぐらいから。

     建物自体がどんどん熱をためて熱くなってくるので、以前住んでいた建物は、毎年夏になると金属製の入り口ドアが膨張して、
     開け閉め困難になるほど。
     今の家でも、30数度が1週間ほど続くと、建物が熱をためて熱くなり始めるのでしょう。
     自室の部屋の木のドアの金具部分が変形するのか、開け閉めに力が必要に。
     だから毎年夏は、体を内から冷やすため、毎日、サラダとスイカのみで生き延びる。

     ところが今年の夏は、3週間ほど前から気温が下がり、今のところ最高気温は30度ぐらいとしのぎやす〜い。
     動けば汗でベトベトするけど、熱中症のような辛さとはまったく無縁で、ご飯もモリモリ食べてます。嬉し~004.gif

     暑い暑い日本のみなさま。エアコンと食べ物をうまく使って、あっつい夏を乗り切ってくださいね。

d0165762_15583163.jpg

     さて、時はさかのぼって1ヶ月ほど前。
     友人に誘われて、久しぶりに夕食を外で食べようと、約束の場所へのバス停を下りると、あたり一面が、甘くむせるような
     香りでいっぱい。
     まだ暑い暑い日々で、熱気がこもったような夜の空気に、蜂蜜に似たその香り。
     あたりを見ると、どうやらまわりの街路樹から香ってくるようでした。

d0165762_15591072.jpg
図書館前の街路樹。これも菩提樹の一種なのかな。いい香り(ボケボケですが)

     それから数週間後、毎週通っている図書館のバス停に下りると、あたり一面がまたあのすごくいい香りでいっぱい。

     この図書館、その昔はお屋敷だったものなので、道路から建物に入るまでの庭だった部分が、今ではそのまま
     公園になっています。
     ふだんでもこのバス停で降りると、とたんに緑の香りがいっぱいで、他とは違うさわやかな空気が。

     今回のその甘い香りは、どうやらこの公園にたくさん植えられている菩提樹(たぶんヨーロッパボダイジュ)から
     香ってくるよう。

d0165762_15595042.jpg
これがヨーロッパボダイジュの花と実。大きな樹なので、望遠過ぎてボケボケ(汗)

     菩提樹は、以前、菩提樹のお茶や蜂蜜をご紹介したことがありましたね。
     この花の香りが、まさにその蜂蜜の香りそのままなのです。
     アカシヤの蜂蜜よりも、もっとあっさりとしたさわやかな蜂蜜の香りといえばいいでしょうか。

     この実がね、とってもかわいいんですよ。
     こんな形。

d0165762_16104898.jpg

     落ちてくるときに、実を下側に、それが重りになって、くるくると竹とんぼみたいに回りながら落ちてくるんです。
     くるくる、くるくる、落ちてくる菩提樹の実の中を歩くのは、なかなか楽しいの。
     甥っ子がまだとっても小さい時、この実を「いいもの」って呼んで、大事に集めていましたっけ。


     さて、こんなことを書いてる土曜日の晩、私のかわいいキュウリちゃんたちに大変なことが!002.gif
     それについてはまた次回
     
[PR]
by sakanatowani | 2013-07-14 16:24 | 季節のこと season's | Comments(8)
Commented by starofay at 2013-07-15 15:28
冬は寒さが厳しく、夏は恐ろしく暑い所なんですね。
いや〜、そういう所には住みたくない。笑
竹とんぼみたいに落ちてくる実の中を歩いてみたいです。
Commented by sakanatowani at 2013-07-16 14:23 x
かおりさん、おはよ〜♪
ここ、盆地なのでね。仕方ないんでしょう。
でもここの夏は、日本の夏より格段に辛いです、私には。
寒い冬は、ここに来てから好きになったかな。いいですよ、けっこう。
だって、暖房はあるし、雪はきれいだし、厚着すればいいのでね。
でも夏は、脱ぐにも限界がある…(爆) ええ、私ももうここには住みたくありません(きっぱり!)
そちらではこの菩提樹は見ない? かわいいよ〜、この実の季節は。
Commented by Saori at 2013-07-17 21:46 x
さかなさん、こんにちは^^
そちらは暑さがひと段落なのですね。
こちらは2006年以来の暑い夏となりました。
こんなに暑い期間が続く(2週間ちょっと)なんて珍しい!と思ってたら7年ぶりでしたよ~(笑)
久々の暑さでちょっとバテてます^^;

菩提樹の実ってこんな可愛らしい形してるんですね。
さすが、さかなさんだな、って思いましたよ、私だったらすーっと通りすぎちゃって気づかなかっただろうなって。
アーティストの目って鋭い!^^

きゅうりちゃんに一体何が!?
気になってます!!!
Commented by organvita at 2013-07-17 22:15
うわー!暑そう!!!山が近しといえど、街中は暑いんでしょうね。
スイカで涼を取る、いいですね~。こちらお山はちょうどよい心地です。
短い山の夏を楽しまないと!
下のトトロ、私たちはDVD持ってます。アレックスもお気に入り☆
私はトトロが舞台になった武蔵野台地で育っているので、しかもおばあちゃんが農家していたので、自分の幼年期と重なるところが多くってとても懐かしい気持ちになれる映画です☆
顔に水を吹きかける、っていうシーン、なるほど~。見る人が変われば解釈も変わるんですね~。わはは。
Commented by sakanatowani at 2013-07-18 00:02 x
Saoriさん、こんにちは♪
あら、そちらは暑いんですね〜。そうそう、久しぶりだと熱バテしますよね。おいしいもの食べて、元気に乗り切ってくださいね。
こちらの暑さ、一段落というか、復活しないといいな〜と祈って暮らしてます(笑) このままでいって欲しい(祈)
そちらには菩提樹って街路樹になってませんか?
こちら、あちらこちらに菩提樹があるので、この実が落ちる頃は、もう、あっちこっちで、くるくる、くるくる。楽しいんですよ。
キュウリちゃんたちに起こった災難。そちら、暑いということなので、そちらでもあるかも〜。
Commented by sakanatowani at 2013-07-18 00:08 x
愛さん、こんにちは♪
こちら、例年ならこれほど暑いんですよ〜。スイカで体を冷やしてないと、熱中症まっしぐらって感じで怖いです。
だから今年の涼しい夏は、快適〜。嬉しくってたまりません。
そちらは気持ちいい夏なんですね。この夏は、あちらこちらへ演奏旅行のようですね。夏の気持ちよい気候を楽しみながら、お仕事がんばってくださいね〜。
おお、トトロの地育ちですか!へ〜、ああいう感じのところで遊んでたんですね。
異文化で育って、今は同じ言葉でいろいろなところを共有している旦那さまとトトロを見るのは楽しそう!
そう、顔に水を吹きかけるシーン。私、何とも思ってなかったんですけど、そういわれれば〜って感じですよね。
旦那さまと映画を観てる時、そういうことないですか?
そういう話するのって、けっこう楽しいですよね。
Commented by olivolivo at 2013-07-19 20:53
さかなさん、こんにちは~♪
あま~い香りの木、Tiglioですね!!
花盛りの時期は本当にすごい匂いになるのよね。
ここ2日くらいは少し暑さがおさまっているけど、今週末からまた暑くなりそうよね。こちらは海風があるのでなんとか救われていますが、そちらは暑そうね。夏バテしないように気をつけてね。きゅうりは体にいいんだよねぇ。(笑)
街灯のアート、真っ白な自転車が涼しげな感じがします。猫ちゃん、かわいい!
Commented by sakanatowani at 2013-07-21 17:02
olivolivoさん、こんにちは♪
この香り、今年初めてこんなにはっきり気づいたんです。
こんなに何年も同じところに通ってるのにな〜。
Tiglio、香りといい、お茶といい、蜂蜜といい、私のお気に入りです。
暑さが戻ると聞いて、あの熱中症気味症状の恐れから、スイカまで用意して待機(笑)してますが、どうやら31度ぐらいまでのよう。
それぐらいなら、こちらの家のつくりで涼しく過ごせるのでちょっとほっとしてます。それ以上にはならないで〜と祈りつつ(笑)
海風・・・いいですねえ。ここは盆地だから、もう逃げ場なし、です(泣)
街灯アート、今回は白なんですよね。そういえば、冬の間は濃い緑でした。
この図書館の前の広場には今、屋外映画用のスクリーンと客席が並んでます。ここにも夏の風物詩が。
<<    ベランダ園芸部報告 いろ...    あたまとこころと日本の文化 >>