パスクワ Pasqua
d0165762_17334998.jpg

     この日曜日はパスクワ(イースター)。キリスト教の大事な行事のひとつ、復活祭です。

     これはコロンバ(Colomba)というお菓子で、パネーットーネのように酵母発酵させバターを加えた生地に、
     オレンジ・ピールを入れて、鳩(=コロンバ)の形に成形し、砂糖衣と白い砂糖粒をかけたもの。
     白い鳩(コロンバ)は、宗教画では精霊の象徴として描かれます。

     私が買ったコロンバはミニタイプ。
     たいていは、両手を広げたほどの大きさで、私が買ったこの伝統的なタイプのほか、チョコレート・クリームが中に
     入っていたり、アルコール入りのクリームが入ったものなど、様々なバリエーションがあります。

     そのそばにあるのが卵形のチョコレート。
     これも一抱えもあるぐらい大きなもので、中にサプライズのプレゼントが入ったものが一般的。
     子どもへのプレゼントには、もちろんこっち。
     この時期、お孫さんへのプレゼントかなというのをたくさん抱えた人たちをよく見ます。
     ケーキ屋さんに特注することもでき、その昔、結婚の申し込みをするために、男性が恋人への婚約指輪を入れて
     プレゼントしたというニュースもありました。

     お皿の上にのっているのは、オリーブの枝。
     復活祭の1週間前の日曜日は「ドメニカ・デッレ・パルメ(domenica delle palme シュロの日曜日)」と呼ばれ、
     教会で祝福されたオリーブが配られます。
     人々はそれを受け取って、1年間、翌年のシュロの日曜日まで、それを部屋のどこかに飾っておくのです。
     ペルージャで下宿していたうちのおばさんは、キッチンの入り口の扉上に飾っていたなあ。

     このシュロの日曜日、キリストがエルサレムに入城したときに、城外にいた人々がシュロの葉をふって
     祝福したことから由来します。
     イタリアでは、それがオリーブに変わったのでしょうね。

d0165762_17342014.jpg

     このシュロの日曜日から復活祭までの1週間は、キリスト教ではとても重要なとき。
     イエス・キリストの物語をご存知でしょうか。
     シュロの日曜日にエルサレムに入城したイエスは、木曜日に使途たちと最後の晩餐をもち、金曜日に十字架に
     かけられたとされることから、この1週間を聖週間、受難週、受難週間などと呼ばれ、特に木曜日以降は特別です。

     ですからこの期間には、肉食を断つなどの食事の節制などをする人も。
     しかしこの食事の節制などを始めるのは、四旬節と呼ばれる、カーニバルが終わって復活祭までの間というのが伝統的。
     でも現在では、毎週金曜日は(肉食を断ち)魚を食べる日としている人はいても、四旬節に肉食を避ける人は
     少ないかもしれません。
     私のまわりでも、ロシア正教徒のルーマニア人の友人だけが、(正教のカレンダーの)四旬節の間、肉、卵、牛乳を
     食べないという生活をしています。
     だから彼女と一緒にご飯を食べたりお菓子をプレゼントする時は、ちょっと気をつけないとなとカレンダーを考えます。

d0165762_17345672.jpg

     つまり、四旬節に入る前の、食べて飲んで楽しむのがカーニバル。そして四旬節の間は食事の節制をし、自らを振り返る。
     そしてイエスの再生、復活を祝うパスクワ(イースター)で盛大なお祝いを、というのが、キリスト教のカレンダー
     というわけです。

     イースターのメニューは、再生、転生を象徴する卵や、ラム肉です。
     でも私の場合は・・・今年はオムライスかな~なんて考えてます。
     だって、卵も使ってるし、お祝い料理によく使われる鶏肉も使うし。何よりも今食べたいんですよね(笑)

     今年は遅い寒波来週で雪が残り、まだ春らしくないという場所も多いヨーロッパですが、ここだけは別。
     超暖冬の冬が終わり、肌寒く雨ばかりの春が始まったのかな。
     晴れ間に写した花の写真が、つかの間の春を感じさせてくれます。

     イタリアでは、パスクワの翌日の月曜日はパスクエッタという祝日。
     晴れることが多いので、友人や家族でピクニックやバーベキューをするのが週間です。
     私は世間が休みで動かないのを利用して、解決しなくちゃいけない問題や悩みを一切忘れて、ふだんなかなかできずに
     ジリジリしている大好きなことを、思う存分することに決定!

     ではみなさま、BUONA PASQUA!!


     
[PR]
by sakanatowani | 2013-03-30 17:42 | 季節のこと season's | Comments(6)
Commented by ydonnadieu at 2013-03-31 18:40
こんにちは、ゆきこさん。
日曜日の今日はこれから、仔羊の腿肉をローストする予定ですが・・・、オムライス!も美味しそうですね。日本人にとってはこちらのほうが食べやすいかも。近々是非作りたいと思います。よい復活祭の週末を。
Commented by sakanatowani at 2013-03-31 21:03 x
ゆうこさん、こんにちは♪
子羊の腿肉のロースト!おいしそ〜。
子羊肉、好きなんですが、なかなか自分では買わないんですよね。ひとりだし。
だからたま〜の外食では、子羊とかウサギとかシカとか、ひとりではふだん食べないものを頼んじゃったりしますよ。
オムライス、食べ過ぎました〜!
最近ケチャップ味が食べたくて、復活祭→卵→オムライスという頭だったのですが、なかなか正解でした。
お昼前に、パパ・フランチェスコのミサをテレビで見ました。ゆうこさんも書かれていた木曜日での刑務所でのミサ。そして今日も含めて、信者に対する態度や、キリスト教以外の人も含めたメッセージなど、私にはとても親しみのあるお話であり人柄のように思えます。
こんなふうに、みんなが実際の、そして心の平和を考えられるようになっていくといいですね。
ポーランドは月曜も祝日ですか?こちらは日・月と連休で、しかもクリスマスと違って、家族で過ごすべきイベントではないので、もう水曜日あたりから世間は休日の雰囲気です(爆)
楽しくおいしい復活祭を!
Commented by starofay at 2013-04-01 11:24
昔はイースターってただの休暇としか捉えてなかったけれど
そうやってキリスト教のカレンダー上の意味を考えてみると文化の面でも面白いですね。

ホットクロスバンの生地にはバターが入ってますよ。でもブリオッシュみたいに恐ろしい量じゃないです。笑
Commented by sakanatowani at 2013-04-02 15:20 x
かおりさん、おはよう♪
こちらにいると、キリスト教のカレンダーにそって生きてるんだなあ、それがここの「ふつう」なんだなあと思います。
日本での、お正月は神社で拝み、お盆もあり、クリスマスもあるのと同じように、ここではキリスト教が基準。それがここの文化なんですよね。
ホットクロスバンは、ブリオッシュよりあっさりなんですね。パン、なんだ。
イタリアのお菓子は、ブリオッシュ生地なので、恐ろしくカロリー高し。そこにまたクリームとかかけて食べちゃうんですよね〜。怖い、怖い(笑)
Commented by ミゾリン at 2013-04-11 07:57 x
イースターのお菓子って(キリスト教徒がいる)国ごとに違いがあって興味深いです。
こちらのイースターのパンはホットクロスバンズと、クリスマスケーキ用の
売れ残りドライフルーツを使ったのか?と思わせる(笑)、ドライフルーツ入りの
イースターブレッドが主流です。
そして、大量のチョコレートやマシュマロなど子ども向けのお菓子が期間限定パッケージで売られ、
イースターの翌日には50%引きになるので、それが楽しみで。笑
イースター前はドレス類(と言ってもワンピース程度)やおもちゃもセールになります。
Commented by sakanatowani at 2013-04-12 03:18 x
ミゾリンさん、こんばんわ♪
そちらではホットクロスバンズがあると聞いて、「やっぱりイギリスから清教徒が渡ったからかしらね〜」とか想像してます。ふふふ。
ドライフルーツが入ってるのは、やっぱりクリスマスの残りを入れたっていうのが習慣化してるのかもしれませんね。企業的にではなく、昔からの「もったいない精神」で(笑)
イタリアって、本当に保守的な国(新しい習慣が入らない)なので、いろいろなところにいまだに「ああ、昔のみんなが貧しかった頃の習慣なのかなあ」というものが見えるので、そう思ってしまうのかな。
イースターやクリスマス翌日の大セール!
そういうのを聞くと、「わあ、経済をまわす考えがあるんだなあ」と新鮮に思えます。だってここには、年に2回の大セールの時期はあっても、そういう風に「残り物を売ってしまおう」的な、現代的な経済志向はなし。
いつまでも、いつまでも、定価のままのイースターやクリスマスのお菓子が売られてるんですよ(外資系の大きなスーパーを除く)。
食べることって、昔は時にみんなが楽しみに待っていたイベントでしょうから、イースターやクリスマスなど、宗教的な昔からの行事を食卓で追っていくのは楽しいですね!
<<    出動!    私たちのDNA >>