私たちのDNA
d0165762_632344.jpg

     先日咲き始めた美大の中庭の桜、とうとう今週はじめには満開に。

     桜、だと思うんですよね、この樹。違うかなあ。たしか以前、「桜」というタグを見たような。
     嬉しくって、今年もひとりで写真をパチパチ。
     もちろんそんな人、私だけですよ。

     先日もある方のブログのコメントで出てたように、やっぱり日本人のDNAには、桜大好き成分が入ってるのかな。
     冬が終わる頃から、桜の季節を待って、桜が咲き始めたらワクワクして、満開になったら嬉しくて、
     散り始めたらそれもまた切なく美しくて。
     いろんな場所の桜を見て歩いたりする。
     それって日本人ならけっこう当たり前にしてること。

     この桜の樹の前を通った時、ドイツ人の友人に「桜が咲いてるよ〜」と言ったら、
     「日本人は、桜が好きなんだよね。なんで?」って聞かれた。
     なんで?なんて聞くことじゃない。
     心の底からわき上がってくる、この花を見るのを待ってるこの気持ち。言葉で説明する必要はないほど当たり前のこと。
     それを口にするなんて野暮じゃない?
     そんなことを思うのは、やっぱり私が日本人だからかな。


d0165762_6324792.jpg

     昔、妹が外国人数人の観光グループを、大阪の有名な桜のトンネルに連れて行った時のこと。
     もうそれは見事に咲いていて、見に来ている日本人もいっぱいいて、みんなが「わ〜」って言いながら、
     写真を撮っていたんだって。
     それを見た彼ら、妹に聞いたそうな。「なんで花にあんなに『わ〜、わ〜』言ってるの?」って。
     そう。彼らには、桜も多くの花のひとつでしかないんだね。
     だから、なんで私たちが桜にこんなに執着するんだろうと、不思議なんだろうなあ。

     私たちのDNAの中には、桜大好き成分が入ってる説。かなり有力なり。


     でも、こちらで見る桜には、日本で見るような美しさがないような気がするのは私だけなのかな。
     こちらの桜は、バババッと明るく咲いて、「咲いてます〜!!」って自己主張してるようで、儚さがないの。
     日本の桜の美しさは、いくら満開でも切ないような、寂しいような、そんなところが感じられる。
     写真で見ても、その空気の湿度があるような、しっとりした美しさがある気がする。

d0165762_6415233.jpg

     梶井基次郎の短編『桜の樹の下には』は、
     「桜の樹の下には屍体が埋まっている!
      これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。・・・」
      青空文庫 梶井基次郎『桜の樹の下には』より
     で始まるのだが、桜を見るといつもこれを思い出す。
     そう、こんなちょっと不気味なような、妖しげなような、そんなものが桜にはあるような気がするのだ。

     そんなことを、先のドイツ人の子に話したら、顔をしかめた。
     切ないとか、悲しいとか、そんなものが美しさとつながるっていうのが、彼女にはピンと来なかったのだろう。
     まして屍体、なんて。
     彼女には、そういう気持ちはネガティブなものなのかもしれない。

     今年は乾燥して暖かかった冬。そのぶん今になって、雨がずいぶん降っている。
     だから今年の中庭の桜の花は、どんよりした灰色の空の下。
     そのせいか、いつもの年よりは、ちょっと寂しげな感じに見える。
     いつもよりは、日本の桜の花の雰囲気に近いかな。
[PR]
by sakanatowani | 2013-03-28 06:43 | 季節のこと season's | Comments(6)
Commented by tomshore at 2013-03-28 11:05 x
そちらのさくらのほうが慎ましく咲いているようにみえるんだけど(笑)
日本の咲き乱れる感じは特別だよね。でもあんなにばあっとさいても、可憐に感じられるのが桜のいいところ、すてきなところなんだけれど。って、本当に日本人のDNAには桜好きが刻み込まれているよね。ふふふ。
私もコドモのころマンガだか小説で「桜の木の下には屍体が…」というのを読んだことがあって、(作者は梶井基次郎さんの本を元にしてそのエピソードをかいたんだね。きっと)ちいさいころはちょっと樹の側をとおるとドキドキしたもんだった(笑)

今の家は部屋の真ん前に桜があって(ソメイヨシノじゃないけれど)毎朝起きて外をみると真っ白な花がみえてしあわせだなあって思うよ。

Commented by ydonnadieu at 2013-03-29 03:52
トリノの美大に咲く桜が、数年ぶりの私のお花見となりました。色の抜けた空を背景に、写真では憂い、儚さのある美しい桜に見えますね。ある染織家によると、桜染めにつかう枝は、(たしか)蕾がつき始める頃のものだそうで、枝の中の樹液は赤く染まっているそうです!話はもっとそれますが、白洲正子さんの文章では、山奥の桜よりも、人里の桜で、人間に愛される桜ほど美しく花を咲かせるとか。日本人は桜と相思相愛の関係を築いていると言えるかもしれませんね。だから、欧州で見る桜は人から顧みられることもあまりなく、味気なく見えるのかも?
そうそう、今年もキュウリとディルの種、先日見つけて買いましたよ。復活祭が過ぎたら、お送りしますネ。お楽しみに。
Commented by starofay at 2013-03-29 15:20
美しく咲く花を見て心が動かない人がいるなんて。
なぜ好きなのか聞かなきゃわからないなんて。
そちらの方が、えっどうして? よね。
Commented by sakanatowani at 2013-03-29 18:29 x
tomさん、おはよう♪
今年はどんよりと曇って暗い日続きだから、この桜も慎ましく見えるよね(笑)
いつもはね、前の記事のいちばん最初の写真みたいに、青い空にバババッといっせいに花が咲いて、ザザザって散っちゃうの。だから風情はないんだよ。
ほんとだね、あんなに咲き乱れても、可憐に感じられる日本の桜。やっぱり私たちには特別だね。
ああ、わかる、わかる。小さい頃は、ちょっと薄気味悪いことを本で読んでも、それを身近なものに投影させて、そこを本気でドキドキしながら通ってたよね。
桜も、そんな感じがあるよね。特に夜桜。
そうだ、tomさんちは部屋の真ん前が桜だったね。それはやっぱり幸せなおうちだよね。
そういうことが感じられるところに住むって、本当に幸せだよね。
Commented by sakanatowani at 2013-03-29 18:42 x
ゆうこさん、おはようございます♪
私の写真で、久しぶりのお花見をしていただけて、よかったです。
今年のこのどんよりとした肌寒い曇りの毎日に、この桜も憂いを持っているように見えます。久しぶりに「花曇り」という言葉を思い出しました。
桜染め。もう聞くだけでうっとりしてしまいます。
その染色行程を、一度ゆっくり見てみたいなあ。ますます桜に対する愛情が増しそうです。
ふんふん、なるほど!たしかに、人から愛される桜は、ますます美しく咲くのかも!
大学時代の課題研究で、岐阜県の山の中にある枝垂れ桜の大木を見たことを思い出しました。それはものすごく見事で、でも物悲しい感じもして、人を惹き付けてやまないものでした。
キュウリとディルの種、今年も買ってくださったんですか!どうもありがとうございます!
実は昨年、種が余ったので、冷凍庫に入れて保存してあるんですよ。たぶん発芽するので、今年も使おうと思っていたのです。
春先に大引っ越しをする予定でしたが、話が二転三転して、どうやらまだこの家にいることになりそう。なので考えないようにしていたプランターのこと、そろそろ考え始めようかな。
Commented by sakanatowani at 2013-03-29 18:46 x
かおりさん、おはよう♪
そうだよね。きれいだからきれい。見て嬉しいから嬉しい。
そんな単純なことに、理由をつけなくちゃいけないなんて、ナンセンス!(笑)
でも理由をつけて納得しようというのが、こっちの人の考え方なんだなあとよく思います。
「へ〜、そういうのもありなんだ〜」って、自分とは違うけど、それもありって認めて放っておくこと、難しいらしい。大変ね(笑)
でも私たち日本人は、桜にだけあまりにもひいきし過ぎかも?ふふふ。
でも桜は特別な花。桜の季節は待ち遠しい。そういうのってあるよねえ。
かおりさんもそう?蒼い山でも桜を探しちゃったりするのかな。
<<    パスクワ Pasqua    2度目のコンクラーヴェ 2 >>