オレンジ戦争・イヴレアのカーニヴァル
d0165762_212748100.jpg

     古いメモリーカードを見てみたら、こんな写真が出てきました。
     イヴレアのカーニヴァル。通称オレンジ戦争です。
     今年のカーニヴァルは先週終わってしまいましたが、せっかくだし、自分の備忘録としてもご紹介〜。

d0165762_21284219.jpg

     もう5、6年前でしょうか。トリノの北東にあるイヴレアという町に住む当時の同級生に、カーニヴァルのお祭りに
     さそわれました。

     カーニヴァルといえば、イエスさまの復活をお祝いするパスクワ(イースター)の前の46日間の四旬節の直前のお祭り。
     四旬節中は肉食や飲酒を避ける習慣があるため(今ではその習慣も重要視しない人も多くいますが)、
     その前に思う存分どんちゃん騒ぎの祝宴を、というのがカーニヴァルだといわれています。

d0165762_21302884.jpg
これがこの地区の山車。戦いでは上に侯爵側の武装した人たちが乗ります。

     ところがイヴレアのカーニヴァルは、これに、専制政治に対して戦った中世の市民戦争を再現する要素もプラス。

     16世紀頃、当時、イヴレアを含めた地域をおさめていたモンフェッラート侯爵は専制政治を行い、
     新婚の花嫁の初夜を自分とともにすることを強制していました。どこにでも同じような話ってあるんですね(汗)
     しかし、粉屋の娘ヴィオレッタはこれを拒否。侯爵の寝床で、彼の首を切り落としました。

     これを発端に、専制政治に対する市民の反乱が起こり、それがフランスか革命やナポレオンと結びついて、
     今の形になったのが1800年のはじめとか。

d0165762_21333357.jpg
これは他の地区の山車。町の中の地区ごとに、それぞれの紋章やそれがついた旗があります。

     「でもなんでオレンジなの? 北イタリアではオレンジなんてとれないでしょう?」という私の質問に
     「知らないよ。でもオレンジが粉屋の娘が切った侯爵の頭っていう話だよ」と同級生。

     ともかく、この日は年に1回、この小さな町が、地区ごとに競い、観光客であふれる、戦いの場になるのです。

d0165762_21354149.jpg
なぜバグパイプの人たちが?! 手前で観ている人たち、みんな赤いものをつけてるでしょう?それが安全の秘密。

     町のあちこちに戦いの場が設けられ、そこで侯爵側が乗った山車に向けて、市民を模した各地区の人々が、ものすごい量の
     オレンジを投げるのです。

戦い、開始!

d0165762_2139333.jpg

     この戦いに参加するには、あらかじめチームを組んで届け出が必要。
     町の各地区ごとに組が分かれていて、山車をつくり、チームを作り、山車やアランチェーリ(aranceri)と呼ばれる
     オレンジ投げの市民は、このお祭りの最後に表彰されるのです。

d0165762_21403447.jpg
とにかく人、人、人、人・・・。観客と広場の間に、オレンジよけの網が見えるかな。

     オレンジがバンバン投げられるのですから、あたったらものすごく痛いし、オレンジがつぶれた汁が飛ぶわ
     つぶれたオレンジがあちこちに飛び散るわで、ものすごい状態。

     戦いの場の広場のまわりには網がはられているので、その中に入らなければ安全。
     でも道ばたでも興奮した若者たちがオレンジを投げ始めるので、観光も大変です。

     攻撃にあわないためには、「味方=市民側」の印の赤いものを身につけておかなければいけません。
     写真の中で、赤い帽子をかぶっている人は、たぶんイヴレアの人。
     毎年のことだから、赤いものはこの日のためにあるのでしょう。

     ちなみに私は、同級生が貸してくれた、赤いはちまきを頭に。

d0165762_21431314.jpg
戦いに備える市民側のチーム。もちろんこちらも、赤いものを身につけています。

     ものすごい人があふれている中、町を知っている同級生についていくのが精一杯。

     嵐のような戦いの広場をすぎて、しばらくすると、中世の衣装を着た人たちのパレードが。

d0165762_21445619.jpg

d0165762_2146296.jpg

d0165762_21472987.jpg
これは粉屋さん、らしい。

     これらの人たちの衣装も、粉屋だったり、新婚の娘だったりと、その昔話に由来しているらしいのですが、
     よくわからないまま。

     「歴史的な意味なんてよく知らない。でもこの日はこういう戦いの日なんだ!」と笑う同級生の説明を、
     まだ当時イタリア語もあやふやだった私が聞いたこのカルネヴァーレ。

d0165762_21463373.jpg

     とにかくすっごい混雑と興奮の渦で、「私たちも投げたーい!」と一緒に行った友人と言い合ったんでしたっけ(笑)

     そんな、イヴレアのカルネヴァーレのオレンジ戦争観戦でした。

d0165762_21485385.jpg

     今年の私のカルネヴァーレ。
     道ばたに落ちているコリアンドロ(coriandolo)と呼ばれる紙吹雪を時々見ては、「仮装した子どもたちが通ったんだなあ」
     と思いつつ、ブジーエ(bugie)をモリモリ食べて、あっという間に終わってしまいました。





     
[PR]
by sakanatowani | 2013-02-19 22:02 | 季節のこと season's
<<    だれも知らない小さな国    雪 2013 >>