何を食べるか。それが問題だ・・・
d0165762_4262915.jpg
     クリスマスから新年のホリデー・シーズンまっただ中である。
     この1週間ほど私の頭の中は、「何を食べるか」「いつ買い物に行くか」でいっぱいだ。

     だってイタリアのお店は祝日には決まってお休みだし、今年はクリスマスぎりぎりの22日まで仕事がある。
     23日は日曜日、25日と26日が祝日、30日が日曜日、31日と元旦が祝日と連休が続くので、なにかと買いだめを
     しないといけないカレンダー。
     この街でも、数年前からやっと大型スーパーは日曜日に開くようになったし、12月はたいていのスーパーは開くけど、
     市場は基本、平日の午前中と土曜のみ朝から夕方までだから、カレンダーにあわせて買い物をしないと困ってしまう。

     市場に行ってもスーパーのレジに行っても、人が多くいるところでは列ができ、自分の番が来るのはふつうで30分。
     こういう時期には1時間待つのは当たり前。
     何をやるにもとてつもなく時間がかかるのだ。それがイタリア(泣)
     そのうえ市場にもスーパーにもひとりでバスを使って移動するから、1回に持てる荷物にも限度がある。

     でも、ひとりでもおいしいものは食べたいしね、ホリデーならではのメニューもつくりたいしね!
     気分がぱっとしないときにはなおさらである。
     おいしいものを食べて気分を前向きに持っていくのだ。←だから太る
     食べたいものをつくるのだ~!

     というわけで、24日のクリスマス・イブの夜にお祝いをする家族もいるけれど、私は何となく25日から。

d0165762_4101467.jpg
     先週から、ドイツ系ディスカウント・スーパーに焼きたてパンコーナーができた。
     そこでなんとドイツっぽいパンも買えるようになったのだ!
     しかもそれは翌日になってもカチカチにならないの~!ここで翌日も柔らかいパンが食べられるなんて~!わ~い!ハイジの気分♪
     24日にそのパンが買えたから焼きたてパンコーナーのはずなのに、毎日は売ってないのがイタリア(泣)、今日はいつもの朝ご飯メニューの
     パンがドイツパン♪

d0165762_4272298.jpg
     さてお昼はイタリア式にクリスマス・メニューかなと思ってたら、ドイツパンは腹持ちがよくて、どか~んという
     クリスマス・メニューはおなかに入らなさそう。
     だから軽めに、ドイツパンと一緒に買ったイタリアのバールの朝ごパンメニューの定番のひとつキオッチョリーナ・
     アッルーヴァ(Chiocciolina all'uva)とクリスマスにつくってもいいかな~と思ってたシーフード・サラダ。

d0165762_411343.jpg
     さあ晩ご飯。今夜はさすがにクリスマス・メニューにしないとね。
     というわけで、イタリアの大晦日の定番メニュー、コテキーノ(cotechino)、プレ(マッシュポテト)、
     ポロネギのマリネ、にんじんとインゲンのソテー。

     コテキーノは、豚の皮と肉、脂を腸詰めにしたソーセージ。
      同じ中身を豚足に詰めたのがザンポーネ(zampone)と呼ばれ、こちらはまさに豚足そのままの形。
     ともにイタリアでは、大晦日の夕食に食べられます。
d0165762_4114439.jpg

     ザンポーネは形があまりにも生々しいので、私はいつもコテキーノを。
     これらは財力の象徴でもあるレンズ豆の煮込みと一緒に大晦日の夜に食べるのが習慣なんだけど、
     その頃はもう私はお正月気分だからね。イタリア料理はパス。
     なのでいつもコテキーノはクリスマスに食べちゃいます。

     このコテキーノやザンポーネは、お肉屋さんでつくったものを買うこともできるのですが、食べる前に
     6時間ぐらい煮なくてはいけないらしい。
     それはあまりにも大変なので、私はいつもほぼ調理済みでレトルトパックに入った市販のものを買っています。
     これなら食べる前に30分弱パックごとお湯で煮ればOK。

     「脂っこいから嫌い」というイタリア人も多いけれど、コラーゲンもたっぷりなはず。
     ちょっと指につくと、モチッというほどネッチネッチしたコラーゲンらしきものがわかります。
     これはお肌にもききそう(笑)と、私はクリスマスには喜んで食べてます。
     唯一、イタリアのクリスマスらしいメニューだし。

     今までいくつかのお家にクリスマスにおよばれしましたが、クリスマスにはこれ!っていうメニューは
     このコテキーノかザンポーネぐらい。
     あとはいつも食べているものだけど、クリスマスにも食べるというものが多いです。

d0165762_4124126.jpg
     26日の聖ステファノの祝日。
     朝食のドイツパンは半分にして、昼食は久しぶりにつくるラザニア。
     私のつくるミートソースは、約半分がタマネギ、にんじん、セロリの野菜。
     ちょっと多めにつくって1回分ずつ冷凍して、パスタソースとしても使います。

     さあこれで、私のクリスマス・メニューはつくりおさめ。
     あと数日は、これを温めなおしたり、付け合わせが蕪とにんじんのソテーに変わったりするだけだかららくちん。

d0165762_4124426.jpg
     あ、そうそう。クリスマスのお菓子もありましたね。
     私はドイツのクリスマスのお菓子が大好きなので、ドイツ系スーパーここがなくなったら生きていけない~で買いそろえた、
     チョコレートで片面覆われたレープクーヘン(クリスマス・スパイスが入ったチョコパイのパイ部分みたいなもの)、
     ミニ・パネットーネ、ミニ・シュトーレン(バターたっぷり、マジパン入りタイプ)、スペキュロス(スパイス入りクッキー)。
     イタリアでは1月6日のエピファニアまでがクリスマス・シーズンといわれてるから、それまで少しずつ食べようっと。

     トリノは、濃霧で覆われて、地面が1日中しっとり濡れているようなクリスマスとなりました。
     みなさんは楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。

     さあ、日本はもうお正月の飾り付けが始まって、みなさんおせちづくりのスケジュールに追われ始めたころでしょうか。
     私もここでできる日本っぽいものをいくつかつくって、おせちがわりにする予定。
     この時期、暴飲暴食に気をつけましょうと言いたいところですが、やっぱり食べるのは楽しいよね!
     おいしい年末をお過ごしくださ~い♪
[PR]
by sakanatowani | 2012-12-28 04:35 | ごはん food
<<    しめくくりの日    ルッツァーティのプレゼーピオ >>