宙ぶらりんでも平穏に日々は流れる
     先日図書館のDVDコーナーに、『マイレージ、マイライフ(原題 Up in the Air)』が新しく入っていたので観てみました。

マイレージ、マイライフ [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


     ジョージ・クルーニーの映画だし、観た人も多いと思うのであらすじは省きますが、いろいろなことが起こって
     最後、クルーニー扮するライアン・ビンガムが、またいつもの自分の仕事に向かうため空港の窓から外を見る
     シーンを観ながら、ああこの人は、自分でもはっきりどうしようともまだ決めてもいないようなモヤッとした
     気持ち、でも確実に以前とは違う気持ちを抱えながら、表面上は穏やかにまたふつうに自分の仕事をしながら
     しばらく過ごしていくんだな、と思っていました。

     私たちの毎日は、歯を磨いたり、ご飯を食べたり、仕事をしたり、当たり前のことが起こりながら、その中で、
     時々ちょっとした嬉しいことや悲しいことなどのイベントが起きて過ぎていきます。
      でもその裏で人は、重要なことや小さなことに対して、何かを変えたい、変えよう、でもまだどうしていいか
     わからない、探し続ける、考え続ける、そういう宙ぶらりんの気持ちを持って暮らしているものではないのかな。
     私はこの映画の最後に、そういう宙ぶらりんな気持ちを持ちながら、平和に日々を過ごしていく私たちを
     観ているような気がしました。

     現代では、人と直接声で表情で仕草でコミュニケーションをする以外にも、他人に自分を知らせる手段があります。
     ブログを書けば、ツイッターでつぶやけば、フェイスブックに書いてみれば、自分の思ったことが表に見える。
     そうすると、他の人にはその人が何を考えているか、何が起こっているかがわかるのです。
     そして自分でも、他の人にわかってもらったような、自分が一歩前に進んだような気もするのです。

     でもその裏に、まだはっきりしない、まだ行動するとこまで来てない、でもすごく重要で早く解決したい
     切羽詰まるほどの大きな気持ちを持ち続けていたりもするんだな。
     そしていつか時がきたら、アイディアがわいたら、勇気が持てたら、ブログに書いたり、ツイッターや
     フェイスブックに書く出来事として、他の人に知られることになるんだな。
     それまではまわりから見たら、毎日を平穏に、いつもと変わらないように送っているように見えるんだね。

JUNO/ジュノ <特別編> [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


アラフォー女子のベイビー・プラン [DVD]

アメイジングD.C.


     そんなことを考えたのは、この映画のDVDのケースに、この映画は以前観た『Juno/ジュノ(原題 Juno)』
     同じ監督だとあったから。
     そして同時に借りた『アラフォー女子のベイビー・プラン(原題 The Switch)』それにしてもなんてセンスの邦題!も、
     たまたまこの『Juno/ジュノ』と同じ製作総指揮者という記述があったせい。
     この3本の映画は考えてみたらどれもが、そういう普通の人のまだ表に出ない宙ぶらりんな気持ちの時期が
     描かれているなと気づいたから。

     映画やドラマって、何かが起こらないと話が進まない、シーンをつくれないもの。
     でもこの3本には、登場人物のこういう宙ぶらりんな時期を感じられる場面があるんです。
     宙ぶらりんで特に目立った気持ちの変化や行動がなくっても、その時間があるからこそ、次の行動が起こせたり、
     次のステップに進めることってふつうにあるんだよね。

d0165762_332728.jpg

     ずっとモヤモヤしていて、最近集中的に考えていた自分のイラストについて、やっとこさ、
     ああ、こうしたかったのかってわかりました。
     だからあとは、それを実行に、試行錯誤に移すのみ。
     行動に移せるとこまで来たらもう楽だよね。

     もう何年も、自分の中でとても重要だけど動けるとこまでいけないことがある中、もうひとつの自分に大事な
     イラストのことで動けるとこまで来た。そしてその事実は他の人にわかりやすい伝え方ができるとこまで来た。
     でももうひとつの無視できないモヤモヤは、私のこれからを左右するもっともっと重要なこと。
     イラストについてのこの一歩は大事でやっと到達したものだけど、もうひとつのモヤモヤに比べたら、
     ずっと解決が楽なものだったなあ。
     そんなことを思うときにこれらの映画に出会ったから、こんなことを考えたのかな。
[PR]
by sakanatowani | 2012-10-01 03:09 | ひびのこと diary
<<    あ、オクトーバーフェストか!    ドイツの教育制度 >>