文化の違い
     先日書いた同居人探しの大騒ぎ。イタリアに住んでいると、こういうことは日常茶飯事です。
     あっちでもこっちでも大騒ぎ。
     本当に、なんで穏やかにことを済ませられないのかなというほど、ここではいろんなことが大ごとに
     なっていきます。
     だから今回のこともそんな風に「は〜、終わった〜♪同居人Rとの感じ方の違いがおもしろかったな」って
     感じで書いたんです。
     でも翌日ぐらいから、「もしかしたら、ここの生活を知らない人には、これは別の意味で取られちゃうかな」
     って思い始めました。だって、それぞれのことが「激しい」から^^;

d0165762_625739.gif

     よくイタリア人のことを、「おしゃべり好きで、抜け目なく、狡猾で、小さなことは気にしない、嘘も平気で
     言う、そういう人間らしい人たち」と描写されているのを目にします。
     これを「人間らしさ」と思うかどうかは人それぞれだと思いますが、こういう人たちの大騒ぎを外から見て、
     うまく分かりやすくまとめたのが、イタリアの喜劇オペラなどなのだと思います。
     それを実生活版にして、その中から見たら・・・私の先日の体験になるのでしょう。

     ええ、本当に、彼らはたしかにおしゃべり好きで、抜け目なく、狡猾で、小さなことは気にしない、嘘も平気で
     言う人たちです。
     こっちで嫌なめにあって大声で愚痴を叫んでる人が、あっちでは逆に原因となって愚痴を叫ばれる側になる。
     大騒ぎをしても、終わったらそれでおしまい、けろっと忘れちゃう。そしてまた新たな大騒ぎ。
     ここの人たちはそうやって毎日を生きているのだなあと、見ていて思います。

     思ったら、感じたら、すぐそれを口にして表現する。攻撃される前に言い倒す。難癖つけられてものらりくらりと
     口八丁でするりとかわす。でもそれが身内のこととなったら、どんな手を使ってでも身内を守る。
     それがここの文化です。
     一方、日本はと言えば、自分の感情を大っぴらに表現するのは控える。我慢する。なるべく争い事が起こらない
     ようなやり方を選ぼうとする。言葉を使うより、相手の思っていることを推測して、こちらの行動を決めるなど、
     私には、感情表現という面において、イタリアとの対極にある文化のような気がよくします。

     どちらがいい悪いのでもなく、どちらが常識的、非常識でもなく、それぞれがただ、そういう文化、
     なんですよね。

     言葉の違いなんて些細なこと。意外に大きな違いを生むのは文化の違いから。
     でもそれは、異文化にどっぷり浸かってもみくちゃにされながら、次第にそれが文化の違いというものなんだと
     わかるもんだなあと、この数年になってやっとわかった気がします。
d0165762_63172.gif

     以前フィレンツェで、南イタリア出身の女の子と住んでいた時、彼女と「道路の向こう側に、偶然友人を
     見つけたらどうするか」という話になりました。
     私は「向こうが気がついたら、『あ!』とかいって、お互いに手をふるのかなあ」っていうと、彼女は
     「それだけ?!」って。
     彼女の町でそれをやったら、それは「私はあなたをもう友達とも思ってない」って意味にとられちゃうって
     言うんです。
     友達なら、「道を渡って相手のところに行き、ハグとキスをして、『どう?元気?最近どう?』って話を
     ひとしきりするものだ。挨拶だけなら嫌なヤツにでもするもの。それはこちらが礼儀知らずにならないため
     なんだから」と。

     それを聞いて、なるほどなあ、人との関係がはっきりしていて即行動なんだなあと思いました。
     もちろん日本人だって、こういう密な関係の相手もいますよね。でも全員じゃない。だって、自分だって、
     相手だって、どこかに行こうとしているところなんだもの。その場で話すんじゃなく、あとで電話やメールで
    「今日は偶然だったね!」と言うのでしょう。
     彼女の言い分を聞いて同時に、それじゃあ、どこに行くにも(誰か知り合いにばったり会うだろうから)
     約束通りの時間に着けるはずないなって、イタリア人の時間の約束を守らない理由はこれかと、
     にやりと納得してしまったりもしたのです。
     私も知らないうちに相手に「あの子挨拶しかしない。感じ悪い」と思われてるかもしれません。

     でもこんなことも、じっくり話をできる相手と話せたからこそわかったわけで、そのシチュエーションで
     異文化の人がどう感じるかなんて、想像もできないことも多いんですよね。もちろん向こうも、こっちがどう
     感じるかなんて想像もできないでしょう。それに相手はこっちの感じ方なんて気にもしてないでしょうし。
     だって、何か感じたら言うのが当たり前の文化なのですから、黙っていたら感じていないと思われがちです。

     またイタリアは、北と南の人の性格がかなり違う土地でもあるので、そういう国内の文化の違いもある
     わけです。一般に、南の人の方が情熱的、北の人の方が淡白といいます。
     私が住んでいるところの人を他の土地の人は「冷たい」といいます。つまりより淡白なんでしょうね。
     その上、当然、個人差もあるわけですし。

     今住んでいる町である日、道の向こうにクラスメートの中でもよく話す子を見つけて、フィレンツェの元同居人の
     女の子の言葉を思い出し、挨拶をしようと道を渡り始めたら、相手に明かに「困ったな」って顔をされて、
     「ああ、この子は道の向こうで手をふった方がいい子なんだ」って、あちゃ〜ってなったことがあります。
     この子にはしばらく「うっとうしい子」というレッテルを張られてしまったらしく、避けられました^^;
d0165762_63481.gif

     もちろんイタリア人にも、相手の言い分をよく聞く人、相手の都合を考える人、相手の気持ちを考えようという
     人もいます。私が日本人の考え方を伝えて初めて、そういう考え方もあるのだと知り、私に対しては、
     私の考え方を尊重して接してくれる人ももちろんいます。
     そういう人たちと話すことが多くなるのも自然なことでしょう。私は激しい感情表現にさらされていると
     疲れてしまうのですから。

     異文化を理解するのって、本当に難しい。相手にあわせていればいいってものでもない。自分が疲れて空回り
     するだけだから。自分がどう感じているかもわかってもらう努力も必要。
     結局は、自分が心地いい状態を作れるかどうかが大事で、その違いをおもしろがっていないと暮らしていけない。
     もし面白がれなくなってしまったら、違いを憎むようになってしまったら、もうそれは潮時。(出ていけるもの
     なら)その場を離れるしかないのだなと思うようになりました。

     この日曜日に来た新しい同居人Dと話していて、私が話している内容と違うようにとられているのが見受けられ
     ます。相手の考え方のベースが違うから、そうなってしまうんですね。
     相手の頭の中にないことをわかってもらうのは至難の技です。
     さっきも、いろんな文化に興味のあるこのDに、プランターで育てている紫蘇を見せました。彼女は匂いをかいで
     「あ、これはレモンバームね!」って。だから「違うよ。これは日本固有のハーブだよ」って言ったら、
     「ここにはないの?!そんなものがあるはずがないわ!」って。
     ここではよくある反応です。彼女に悪気は決してない。ものの説明でさえこうなんだから、それが考え方
     だったら、もっともっと難しい。
d0165762_641865.gif

     そして、今日の午後、実はもうひとりの同居人を決めるため、今度はRとDと私の3人で、たくさんの人に会って、
     いろいろ話しました。
     2人がいいなと言ったのは、私には「この人と大丈夫かな?」と思った人。他の人も、3人の意見が分かれました。
     そこでみんなで投票。1番人気だったのは、2人がいいなと言って私が?だった人。
     「じゃあその子に決めようよ」と私が言った時に、他の2人は、「え?!そう決めちゃうの?本当にさかなは
     その子でいいの?もしさかなが嫌なら、投票でこうなっても、他の子を決めた方がいいと思う」って。

     それで他のひとりに私がどう感じたかを一生懸命話し、ふたりの意見を聞いて、本当にたくさん話し合いました。
     彼らが二の足を踏んだのは、もしあとでうまく行かなかったら、いいと言った彼らが責任を感じるしっていうのも
     あるよう。でも私がふだん蔑視されている感じとともに生活しているので、その感じが本当だったらと、彼らは
     心配してくれたのです。もちろん私の感じすぎということもあるし、私もその人が本当に嫌な人だとは決められ
     ない。私だって長年の体験から、自分が卑屈になっているなと感じてもいるし。
     ともかく、彼らは私の気持ちも尊重して、ちゃんと話し合おうと言ってくれたのです。それがとても嬉しかった。
     こんなふうに他の2人と話せたのは、本当によかったなと思います。

     結局、話しに話し合って、その子に決めました。
     私はその子といい関係を築いていこうとポジティブに感じています。一方、初めにいいって言った2人は
     そう決めたとたん、本当に正しい選択だったか不安になってるんだって。
     そんなものかもね。
     
     さあ、新しい相手とどういうふうにいい関係をつくっていくか。
     新しい課題です。
[PR]
by sakanatowani | 2011-10-07 06:01 | ひびのこと diary | Comments(10)
Commented by tomshore at 2011-10-07 12:29 x
このお花のピンチ?(なのかな)かわいいね。

あはは、どうしたかなとおもっていたら、無事に決まったんだね。
丁寧に文化の違い、感じ方の違いを説明してくれてありがとう。
こういうことって、ほんと、住んで実際にいろんなひとにあってしゃべって
そうじゃないとわからないことだもんね。
ちょっとだけのぞいて、イタリア人って、こうなんだ、とかいえないよね。

その同居人探しのことで、さかなさんの意見を尊重してくれようとするところ、私もうれしくなった。いい同居人に恵まれたね。
日本だったら?最初相手の気持ちを尊重(してる風?)、結局多数決だからね、って納得させられちゃうかも?って思っちゃった。あ、でもこれも人によるかもね。
そして決まった後で心配になるってのが笑った。

結局なに人とか、ことばとか、関係なくて最後は人同士なのかもしれないね。。。。。

さかなさんのポジティブイメージで、新しい人とも楽しく生活できますように!最初の印象が悪かったのに、あとで、すごおくなかよくなったり、とか、ない??(笑)
Commented by sakanatowani at 2011-10-07 15:42 x
tomshoreさん、おはよう!
いただいたコメント読んで、すごく嬉しくなりました。ありがとう!
日頃、やなイタリア人にも多々会うけど、だからってイタリア人がやなヤツとも言えないし、こういうもみくちゃにされてる状況も、書いておきたいなって思ったの。
そう、これ、お花のピンチなの。壁に紐はって、そこにはさんで壁飾りにしてます。1ユーロショップで買ったんだよん。
私もね、日本だったら多数決をとったらそれで終わりってするだろうなって思ってたから、ちょっとびっくりしたよ。やっぱりここは、意見を言って言って言いまくる文化だから、多数決よりも意見の方が大事なのかなって、改めて思ったり。
でも逆に、こっちも意見をはっきり伝えなきゃいけないわけでしょ?自分が何となく感じたものを、考え方が根本的に違う人たちに伝えるって大変!しかもこっちの人は、相手の話しが終わらないうちに、相手を納得させようと話しはじめるからね、こっちは自然に黙っちゃったりして^^;
Commented by sakanatowani at 2011-10-07 15:44 x
(つづきです)
そうそう、あとで心配になるのよ、彼らは(笑) よく考えて腹をくくるよりも、まずは自分の意見を勝たせるのが先決。で、落ちついたら改めて考えて心配ってタイプが多いよ〜、ははは。日本人と逆だな〜って思う。
いろんなことがここであって、結局は個人同士なんだなって、思うようになってきた。でもホント、この2人の同居人とこんなにとことん話せて嬉しかったな。あとで「ありがとね」って言ったら、2人とも「は?何のこと?」って言ってた(笑)
そうそう、始めとはうって変わった関係になることってあるからね〜。だから2人にも、「私と彼女が親友になって、あなたたちは彼女を気に入らなくなっても知らないよ」って言ってあるんだ〜^^
Commented by lasmanitas at 2011-10-08 12:26
同じく異文化にいるので興味深く読ませていただきました。それにしても夜遅くの電話、やめてくれ〜ですね(苦笑)何はともあれ皆で公平に決めることが出来てよかったなあと思います。不思議なもので、物事って最初からポジティブに捉えると良い方向に展開することが多いですよね。良い方向に展開しなかったときでも後味が悪くないというかさらっと流せる気がします。
こちらは一般的にはsuperficialな文化なので慣れる迄違和感を感じていましたが、今は受け入れるというか慣れてしまった自分がいます。同じ状況が起こったとしたら、じっくり話し合うなんてことはないような気がします^^記事を読んで、何年海外に住んでいてもときどき文化の違い(特に人によって価値観の差が大きい事、これってアメリカ独特なのかしらと思ってしまいます)に驚かされます^^
イタリアへ住む可能性があったので、さかなとわにさんのお話はとても興味深いです。新しい生活が潤滑に運びます様に。
Commented by Saori at 2011-10-09 23:37 x
こんにちは^^
アパートの同居人無事に決まって良かったですね。
同じヨーロッパでもやっぱりイタリアとイギリスって全然違うなーと思ったんですが、面白かったのはイギリスでも罪のない嘘の事をWhiteLie(白い嘘)って言うんですよ!
イタリア語でも同じなんですねえ、、、
よくイギリス人と日本人は同じ島国出身だから似てる、っていうんですが、実際にすんでみると全然そんな事はありません^^;
イタリアほど極端ではないにしろ、やっぱり日本人固有の文化ってどことも比較しようがないんじゃないかなあ、、、と住んでみて思いました。
その国その国の良さ、欠点、どこでもありますよね。
でもさかなさんも私もそれを経験出来るってすごく貴重な毎日を送ってるのかなあ、、、なんて思いました^^
Commented by sakanatowani at 2011-10-10 03:03 x
lasmanitasさん、こんばんわ!
ふふふ、公平に・・・そうですね。実は私の感じでは、「もしうまくいかなかった場合に責任を問われたくない」っていうのが、同居人の気持ちの8割がたって感じです。私が説明している間も、自分の意見でこっちが納得するように、言葉をかぶせてまくしたてられましたよ〜(笑)。要するに、共犯者にさせたいんですね^^
でもね、「日本では誰かが話している時は黙ってるもの。だからあなたが話すとしゃべれない。黙って聞いて」など、自分の習慣を相手にきちんと言えたので、よかったなと思ってます。こういうことは言わないとわかってもらえないと思うし。でも正直言って、自分でも何となくしか感じられないことを、外国語で言葉で説明しなくちゃいけないのは大変でした。でもそれが、ここで相手と関わるってことなのかなって思ったり。
けっして無理をしないで、ポジティブに、そして自分の責任で腹をくくって取り組むのが、後味を悪くしないコツかなって、私もだんだん思うようになりました。
Commented by sakanatowani at 2011-10-10 03:05 x
(つづきです)superficialな文化なのは、ここも同じだと感じてますよ。イタリアは、家族+親戚、友人、他人の境界線が、びっくりするほどはっきりしています。私のような立場は、彼らから見たらただの他人ですから、気にもとめられない存在です。ただ、私がしつこくねじ込んで親しくなろうと試してるのと、同居人がきちんと耳をかしてくれる人だったことがラッキーだったと思ってます。私は今回こうできたこと、嬉しかったです。
イタリアって、本当に不思議な国、人だと思います。日本人は「人間性善説」、イタリア人は「人間性悪説」で成り立ってる文化かなとも思います。
さっき、4人目の同居人が来ました。私もうまくいくといいなと思ってます。ありがとう^^
lasmanitasさんも、新しい町で、素敵な出会いがありますように。
Commented by sakanatowani at 2011-10-10 03:15 x
saoriさん、こんばんわ!
「白い嘘」は英語でもそう言うんですって、先日、他の方からも教えていただきました。
英語とイタリア語で同じ言い方をすることって、けっこうたくさんあるようですよ。そういうのを聞く度に、「いいな〜。直訳すればいいだけなんだ〜」とって思うんです。だって、日本語と同じ言い方するって、ほとんどないですもんね(←語学の勉強が苦手な人^^;)
私もイギリスは同じ島国だから、ここよりは感覚が似てるところがあるのかと思ってました。まあそうですよね、それぞれの国が特有の文化があるんですよね。
それぞれの国に良さも欠点もあるし、同じことでもいい面と悪い面があるのが、ここに住むようになって、身を持ってわかった気がします。
一時はここが嫌で嫌でたまらない気持ちで毎日を過ごしていたこともありましたが、saoriさんがおっしゃるように、貴重な体験だなって今では思えるようになりました^^
Commented by ydonnadieu at 2011-10-29 01:41
sakanaさん、モンスター出産していたんですね。異国で目的を持って暮らすのは、とても素晴らしいことですが、いろいろな苦労もありますね。時に応じて頑張っている自分をどうぞたっぷり甘やかしてください。歳を重ねるにつれ、細く長く、粘り強く自分の熱中できることを続けることがどんなに貴重なことか、私もわかるようになりました(遅いです)。逃避に走らず、出口を得た今回の経験も、あとで振り返るとsakanaさんにとって大きな肥やしになると思いますよ。応援しています&両肩の力を抜きつつ、頑張ってください!
Commented by sakanatowani at 2011-10-30 22:49
udonnadieuさん
温かい励ましの言葉、ありがとうございます〜(T_T)
日本人の私は、どう異文化と沿っていくかよりも、どう異文化と戦っていくかの方が学ばないといけないんだなあと、今回のことも含めて、たびたび思います。
肩の力を抜いて、自分を甘やかせるような環境を早くつくれるように頑張ります。そうじゃないと、折れる〜。
どんな嫌なことにあっても、どんないいことにあっても、それを未来の自分に肥やしにできるかどうかは、自分次第ですもんね。
励ましの言葉、本当に嬉しいです。ありがとう!
<<    モンスター出産してました    これからよろしくと白い嘘... >>