楽しんできてね
     あいかわらずバタバタの日々を送ってます〜。
     今日、やっとあるコンクールの参加作品を決めたので、今夜梱包して明日発送。
     締め切りは月曜・・・ああ、ぎりぎり^^;
d0165762_5271465.gif

この数日描いてもの。結局、今回のコンクールにはボツ、そのままポートフォリオ行きになりました。


     あと一週間したら、私と同い歳のイタリア人の友人カップルが、はじめての日本旅行に出発します。
     成田から入って、東京→小豆島→京都→奈良→金沢→高山→東京と、1か月かけて旅行の予定。

     彼女には、昨年の秋から約1年間、日本語を教えてきました。この旅行で話したいからって。
     イタリア語の他に、英語、フランス語をまあまあ話す彼女。はじめは、日本語も同じようにすんなり覚えられる
     と思っていたようで、途中、あまりにもわけがわからない(彼女いわく「理論的でない!」・笑)日本語にいら
     ついて、無意識のうちに私のいたらぬイタリア語をちくちくと攻撃したりもした彼女^^;
     そんな彼女もたどたどしくはありますが、旅行で使える日本語はけっこう話せるようになりました。

     数週間前、彼女たちの家に招かれて、日本の地図を見たり、どんなものを見たいかを聞いたり、食べ物の話を
     したりと、楽しい夕食のひとときを過ごしました。
     その後、彼女に(日本語をまったく知らない)だんな様が言ったそうです。
     「さかなと会って話してみて、今まで映画で見たりした日本や日本人のこと、いろんなことが腑に落ちた。
     よりわかった気がするよ」って。

     ずっとイタリア語で話していても、私の話す間や声の調子、しぐさなどが、やはり日本のそれなんでしょう。
     それを間近で見て、聞いて、彼は今までOZUやMIYAZAKIの映画を通してみた日本、日本人に感じていた
     かすかな「?」やイタリア人とは違う何かが、私を見て「なるほどな」と思ったと言うのです。
     それを聞いて、なんだかとっても嬉しかった。

     完璧主義の彼女の方は、たぶんこれから、出発前にかたずけないといけない自分の仕事に追われつつ、
     日本語がちゃんと話せるかの心配でキリキリするのでしょう。
     でもね、きっとついたら気が楽になって、ずいぶん楽しめるんじゃないかと思います。
     彼女にも、私が今までレッスンで話してきたいろんなこと、彼女が腑に落ちなかったことを、日本に行って
     「ああ〜、これか〜!」って、楽しく発見してきてほしいな。
     ふたりとも建築家。だから彼らの目を通した日本、日本の建物の話を聞くのが今から楽しみです。

     そしてなによりも、ふたりに日本を好きだなって思ってきてほしい。
     くれぐれも気をつけて。楽しんできてね。

     一方、ふたりの両親は、聞こえてくる日本のニュースにかなり心配してるそう。
     海外に伝わってくるのは、大袈裟なもの、極端なものばかりだからね。
     だから出発前に、旅行の日程表と私の電話番号を双方の両親に渡しておいて、何か大事が起こったら、
     私に電話をしてくることになってるそうな(笑)
     だいじょうぶ。そんな心配なことは起きませんよ。
     ふたりには、日本はちゃんと大丈夫なんだよっていうのも、ちゃんと見てきて伝えてほしいな。

     今日の最後のレッスンの帰り道、無性に日本に帰りたくなっちゃった。


     さて来週は、もうひとつコンクールの締め切りがあります。いい作品が描けるかな。
     そんなわけで、ポーランドの森のお散歩は、もうしばらくお待ちください〜。
     ではまた!
[PR]
by sakanatowani | 2011-09-23 05:25 | ひびのこと diary | Comments(10)
Commented by gouya_smile at 2011-09-23 23:27
日本語レッスンのお話、とても興味深く読みました。
日本人の中にある日本的なものって、やはりあるんだろうな。
日本に来られたとき、穏やかな秋の日本であることをお祈りします。
今日の京都はいい天気でした。
Commented by tomshore2 at 2011-09-24 10:05
この絵も可愛いね。

さかなさんのなかから日本的なものをみてくれるって嬉しいだろうね。
私もイギリスのホストファミリーが私から日本を身近におもってもらえると嬉しいなあって思ってます。でも日本の代表になっちゃうってことでもあるから、責任重大。(笑)

お友達、日本で良い時間を過ごせますように!
たくさんの楽しいお土産話、聞けると良いね。
Commented by Saori at 2011-09-24 16:35 x
とっても可愛らしい絵ですね!いつもさかなさんの絵の色使いがとっても素敵でいいな~って作品見せてもらってます♪

日本語のレッスンを受けてから日本に旅行に行かれるなんて、旅行に対する心構えがすごいですね!
きっと多くの旅行客なんてそんなこと考えずにふらっと旅行に行っちゃうんじゃないかな。
ここまで頑張られたんですもの、きっとお二人とも日本をめいいっぱい満喫して大満足で戻られてきますよ^^
お二人から楽しかった旅行のお話聞けるのがとっても楽しみですね!
Commented by miho-1722 at 2011-09-24 18:55
↑の絵、可愛い。思わず笑顔になっちゃう。
ピョーン、ピョーンって感じがすごくよく伝わってきて、思わず一緒にジャンプしたくなるような、素敵な絵ですね。

日本人って、やはり『日本人』たる何かを皆、持っているんですね。
楽しい旅行になると良いですね。ビックリした事なんかをお聞きしたいですね。
Commented by lasmanitas at 2011-09-26 01:37
日本語と一緒にさかなとわにさんと過ごす中ですでに日本を感じられたのでしょうね、そのお友達。どんな体験をされるのでしょうか、お土産話が楽しみですね^^
在米でなぜか日本人に出会うより、日本♡な人や、武術を学んできて日本を親しんでいる人に出会う事が多く、話を聞いて「なるほどなあ。」と自分の気づかない日本的なことを教わることがあります^^
絵の完成、がんばってくださいね。
Commented by sakanatowani at 2011-09-26 16:05
gouya_smileさん、おはようございます。
そうですね、自分では思ってもみなかったことが日本的なんだと気づかされます。例えば、相手が話し終わってから、こちらが話すということ。これ、イタリアでは考えられないこと。みんなが一斉に話してますね。私はイタリア人の話し方にはじめびっくりしたけど、相手は私が「変な」間をとって話すのが不思議だったりするんですね^^

ごめんなさい。私のコンピュータが古いので、インターネットエクスプローラーしか使えないのですが、それだとgouya_smileさんのブログが見られないんです。でも今回試してみたら、はじめの方だけちょっと画像が見られました。
絵を描いていらっしゃるんでしょうか。とても素敵な花の絵で、もっとじっくり見たかったです。
京都にお住まいなんですね。イタリアで建築を勉強したふたりには、京都はどううつるのでしょうか。お土産話が楽しみです。
Commented by sakanatowani at 2011-09-26 16:12
tomshoreさん、おはよう!
自分の中の日本的なことって、こっちに来るまで全然気づかなかった。tomさんもそういうことってなかった?
大きな違いじゃなくって、ほんのちょっとした違い。相手の話を聞き終わってから話しはじめるとか(イタリアではこれする人は皆無)、自分の意見を押しつけないとか。もしかしたら何かしぐさかもしれない。そういう小さなことを、イタリア人のこの旦那様が感じたということが、私には嬉しかったです。
日本人ばかりのところで1か月過ごして、彼らはどういうことを感じるのかな。私が気づかない日本の話を、楽しみに聞きたいと思います。
Commented by sakanatowani at 2011-09-26 16:24
saoriさん、おはようございます!
絵を気に入ってもらえて嬉しいです。近々、この絵もHPに移したいなあと思ってます。
ね、日本語のレッスン受けて旅行に行こうなんて、すごいですよね。以前、1年ぐらい勉強していたので、それもあるようです。
レッスン中のエピソードにもあるように、この人、自信満々なタイプなんですよ。でも日本語って、尊敬語&謙譲語があるじゃないですか。旅行にいって聞くのはたぶんこの2つ。しかも方言もありますよね。だから日本に行ってわからなくても、尊敬語か方言だと思って、エッセンスの単語だけ聞き取ればいいんだからね、パニックにならないようにって言ってあるんです。
教えることで初めて気づく日本語のおもしろさってあるなあと思いました。
さてさて、日本で何を感じるのか。私たちには見えない日本を、お土産話で聞くのが楽しみです。
Commented by sakanatowani at 2011-09-26 16:32
mihoさん、おはようございます!
> ↑の絵、可愛い。思わず笑顔になっちゃう。
日頃から、見て微笑んでしまうような絵を描きたいと思っているので、こういう言葉を聞けて、本当に嬉しいです。ありがとう!
私たちが気づかない「日本人たる何か」って、本当に些細なことなんですよね。相手の話を聞き終わったから、こちらは口を開きはじめるのも、イタリアでは考えられないことなんですよ。
この旦那様が感じたこと、ちょっとじっくり聞いてみたいなあと思いました。たぶん私にはすごく意外なことだと思うんです。
旅行でびっくりしたこと、聞きたいですよね。日本に仕事で行った別のイタリアの人からは、「日本のあのトイレは何?!いろんなボタンばかりいっぱいあって、飛行機のコックピットかと思ったわよ!」と言われたことがあります(笑)
彼らは何にびっくりするんだろう?楽しみです。
Commented by sakanatowani at 2011-09-26 16:48
lasmanitasさん、おはようございます!
先日のそちらのブログのコメント欄でのお話しで、いろんな人がいるから、飛び込むことに躊躇しちゃうこともあるのかもしれないなって思ったので、ここにも書いちゃいますが、私が日本語を教えたこの人は、もう自信満々、「日本はイタリアを見習うべき!」って言い切っちゃうタイプ^^;。一方、その旦那様が、私と会って何か日本的なことを感じたという人。私にはかなり違ったタイプのご夫婦なのかなって印象を受けました。だからそのふたりが日本をどういうふうに見て、感じてくるのかを聞くのはちょっと楽しみです。
外国の人から聞く日本的な「なるほどな」はおもしろいですよね。私たちにはとっても当たり前のことだったりしませんか?アメリカの人が感じるものと、ヨーロッパの人が感じるものも、また違うのかもしれませんね。
そういうのを聞いたり、自分で自分の中の日本的なものに気づいたりしながら、以前よりも具体的に日本が好きになっているような気がします。
<<    秋・・・なのかな?    びゅぅ〜ん >>