Grafica per il Giappone
     ずっと、今住んでいるところで、何か募金活動ができないかと考えていましたが、やっと、
     美大の友人、イラストレーターの友人を誘っての、絵はがきイベントができることになりました!
d0165762_7211942.gif

     題して「Grafica per il Giappone (Grafic for Japan)」。
     参加者がつくった(印刷した)絵はがきを、小さなギャラリーで売り、その売り上げを全額、
     日本赤十字社に寄付します。
     開催は、3月30日と4月6日の2晩のみ。
     ですが、ここでのイベント開催をもう諦めかけて、イギリスのチャリティーに参加するだけにしようと
     思っていた矢先だけに、嬉しく思っています。



     チャリティーに対する考え方の違いや、イタリア赤十字に対する不信感(以前、何度か、有名人による
     宣伝のすえの寄付の着服事件があったそうなのです)などから、なかなか協力者が見つからず、
     ここでの募金活動のためのイベント開催を諦めようとしていました。

     ところが先日、今は学校よりも、若いアーティスト対象のギャラリー運営にせいを出しているクラスメートに
     ばったり会い、事情を話したところ、彼女が働いているギャラリーで、絵はがきを売るコーナーを
     つくってくれるという話に。

     するとこんどは、ちょうど先日、美大を卒業した一学年下の子たちが、暇だからと(上にのせた)
     宣伝ポスターをつくってくれ、例によって美大中にポスターを貼り、参加者もポツポツいる模様。

     すると今度は、ミラノ日本国総領事館が日本赤十字社宛ての義援金送付の窓口になるとのお知らせ
     あり・・・。

     こんなふうに、1週間ほどのうちに、諦めかけていたものが、急に形になることになりました。

     私は、下の記事でも使用した「子どもとハト」のイラストのものと、こんな版画のハガキで参加します。
d0165762_7221465.gif

     ハガキの売り上げでの募金なので、そんな大きな額が集まるとは思いませんが、
     それでも、自分が好きでやっているイラストを形にして、それで募金ができるのは、やっぱり嬉しいです。
[PR]
by sakanatowani | 2011-03-27 06:55 | ひびのこと diary | Comments(2)
Commented by tomshore2 at 2011-03-29 12:46
わあ、すごい!よかったですね!
願っていればちゃんと道はつくのですね。すばらしいです。

近くにいたら買いにいきたいくらいです。
Commented by sakanatowani at 2011-04-01 18:15
tomshoreさん、こんにちは。
> 願っていれば、ちゃんと道はつく
いいですね〜。こういうの。
実は今回は、道の方が私を引っ張ってっちゃったというか・・・^^;。
私はもうちょっと時間が欲しかったんですけどね。
でもこういう強引な形ででも、早く開催することが、「道」が必要としてたことなのかな〜。
<<    Japan Tsunam...    Japan Tsunam... >>