風邪とインフルエンザ
     現在、室温18度という、手がかじかむ寒いおうちに居候している私。
     案の定、大風邪をひいておりました。

     鼻の奥の、チリチリという焼けるような炎症から始まり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして涙目で
     頭がボ〜ッとして、何も考えられない。
     「これはまずいな〜」と思いながらも、いわゆる「総合感冒薬」というものがないイタリア、そして寒い家。
     直訳すると「風邪薬」という名前の鼻炎の薬を飲みながら、寒さに震えておりました(T_T)
d0165762_6296100.gif

     風邪薬という名前なのに、なぜ鼻炎の薬なのか。
     イタリアではなぜか、熱が出ると「インフルエンザ」、それ以外は「風邪(ラッフレッドーレ
     raffreddore)」と呼びます。
     でもこの「風邪」という言葉、どうも「鼻風邪」っぽい軽い雰囲気で使われてるんですよね。
     鼻がむずむずしてくしゃみをすると「ああ、私、風邪ひいちゃった〜」といい、「でも風邪だから、
     たいしたことない」と答える。そんな程度。

     でも私のこの「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして涙目で頭がボ〜ッ」というのは、どう考えても
     「鼻風邪」じゃない!日本語の「風邪」なのよ。そして日本語の「風邪」では、熱も出るし、寝込む
     ことだってあるのよ〜!風邪とインフルエンザは、細菌かウイルスかの差であって・・・

     ・・・という、空しい心の叫びは伝わらず、ここでは、熱がなければ「(鼻)風邪」。
     風邪で寝込むなんて、”大袈裟”なこと。

     なんでなんで?!
     ほんのチョ〜〜〜ットの事で、もっのすごく大袈裟に嘆くイタリア人。
     なのに、なんで「風邪」に対しては、こんなに淡白な反応なの?!

     ・・・そうだ。ここのおじさん、いつもは穏やかなのに、機嫌が悪くなるほど具合が悪かった日、
     イタリア人の万能薬アスピリンを飲んで、夜遅くまで、友人たちとの夕食会に行ってたな〜。
     で、翌日はもうケロッとしてたっけ。
     それに、ここのおじさんもおばさんも、この室温で、セーターも着ない。寒くないらしい。
     それどころか、この前キッチンでおばさんが、暑いからと、ノースリーブに短パンで料理してたの見たな。
     おどろいた。室温18度だよ。間違い探しの絵を見てるみたいだった。
     私が、あまりにも具合が悪くて「今日は午前中寝たから、少し楽になった」と言った時、
     「大袈裟な」って顔で、フッと笑ったよね。

     たぶんみんな、体力あるんだな。熱がかなり出ない限り、ベッドに倒れ込みたくはならないんだ。
     嘆くのにも全エネルギーを傾けて嘆くイタリア人。
     でも、そのエネルギー、体力は、簡単には風邪に倒されないためにもあったのだわ・・・。

     文化の差、体力の差を見せつけられながら生きております(笑)。
[PR]
by sakanatowani | 2010-12-13 06:18 | ひびのこと diary | Comments(10)
Commented by moonisup at 2010-12-13 08:06
室温18度はつらいねー、
お大事に。
Commented by kyotachan at 2010-12-13 18:12
寒さに対する「強弱の違い」はわたしも感じる。セーター着てぶるぶるふるえているわたしの横でTシャツ一枚で汗かいていいる人を見ると(これはあくまでも例えです)どちらが間違っているのだろうかと思う。寒がりとしてはとてもうらやましいけどこれだけはどうしようもない。あの、ヒートテックとやらがほしいわ。
Commented by sakanatowani at 2010-12-14 03:28
moonisupさん、こんばんわ〜。
やっぱり18度って、室温として、寒いよね〜。どうもここにいると、私の方が寒がりなのかと思ってしまう・・・。
日本人は寒がりなのかしらん(北海道の人は、たぶん除く)。
早くぬくぬくのお家に引っ越したいです〜。がんばるよ!
Commented by sakanatowani at 2010-12-14 03:32
kyotachan、こんばんわ〜。
こっちにいると、ほかの人との体感温度が違う気がすることがあるよね〜。あれはなぜ?不思議だよね。
私も「あの、ヒートテックとやら」が欲しいよ〜。だって、すっごくあったかいんでしょ?(←なんだか、秘境に住んでる者同士の会話のようだわ・笑)
パリでは買えるんだよね〜。パリ以外のフランス国内にはお店はないの?ニースにお店があったら、買い出しに行くのに〜。
Commented by miho-1722 at 2010-12-14 21:01
室内が18度って寒いですよ~。寒すぎます。

日本人が寒がりなんでしょうか?
外資系で働いている主人、冷房の設定温度が低すぎると言っていました。そして、皆、素肌にワイシャツ・・・・。

ヒートテック。何となくイメージですが、イタリア人には必要なさそうですね。

Commented by sakanatowani at 2010-12-15 05:22 x
mihoさん、こんばんわ〜。
ご主人も、やっぱり寒さにふるえているんですね。
う〜ん、やっぱり、日本人は寒がりなのかなあ。
でも、日本に住んだことのあるイタリア人は、「日本の家は寒い!」って言いますよ。こちらのようなセントラルヒーティングではなくて、日本ではたいていがストーブだから、あったかいのはそのまわりだけだって。
こういうのも、文化の違いなんでしょうね。
あ、でも、このうちの人は、やっぱり寒さに特に鈍感・・・あ、いえいえ、寒さに特に強いようです^^;
Commented by organvita at 2010-12-15 11:24
わかるわー、体力気力、イタリア人パワーには勝てないわよね・・・笑。
そうそう、この「風邪」の言い回し方、私も不思議に思ってました。
ヤマザキマリさんというイタリアに住んでいた私の好きな漫画家さんの本に、「出産直後、歩いて自分のベットに戻るイタリア女」の話が載ってるんだけど、もうあっぱれというしかないです。。。
とにかく沢山着て、身体お大事にね!
Commented by sakanatowani at 2010-12-16 05:28 x
organvitaさん、こんばんわ〜。
そうそう、わかってくれて嬉しい〜。
物理的に、身体能力が格段に違う気がするの。日本人はそれを補うのに、精神的な能力(忍耐、我慢など)を伸ばして来たのかな〜(笑)
私もヤマザキマリさんのその本、読みましたよ。ほんと、あっぱれよね。でも、各エピソードがあまりにも自分の生活に肉迫していて、読んでて息苦しくなっちゃったよ^^;。やっぱりあれは、その世界にいない方が楽しめるのかな〜と思ってました。
はい、たくさん着てますよ。今は、ウールのババシャツにコットンシャツ2枚にセーター2枚の重ね着です(もちろん靴下も、スキー用ソックス重ねてます)。もう、着膨れでコロッコロです!
Commented by lasmanitas at 2010-12-18 03:50
すっかり華氏に慣れてしまい、18度でピンとこなかったので換算してみて..うわわっ、寒いですね〜
温かくして過ごして下さいね。
イタリア人のエネルギーの傾け方を読んでなるほどなあと笑ってしまいました〜

↓「丘」というよりは「坂」のてっぺんかも(汗)なので sakanatowaniさんの想像をぶちこわししちゃったかな^^
Commented by sakanatowani at 2010-12-19 19:18 x
lasmanitasさん、こんにちは〜。
ああ、そちらは華氏ですね〜。一度カナダにいた時に、「ちょっと熱っぽい」と言った人の体温を聞いて、ものすごい数字に驚いたことが(笑)。
18度はまだ「温かい」んですよ、この家では。昼間なんて、15度になるんです。室温が・・・(泣)
暖房費節約に対する情熱の熱さで、この人たちは冬を「温かく」乗り切ってるんでしょうか^^;。
文句を言う内容や生活の快適さを求めるポイントが、私とはまったく違うので、「これが文化の違いというものなんだなあ」と、ひしひしと感じてますよ(笑)
うふふ。「坂」のてっぺんでもいいのです。すてきな想像は、日々の難問を乗り越えるエネルギーになるので、「すてきな坂」を想像しておきますね^^
<<    イライラ・クリスマス    初雪 >>