夏、終わっちゃったのか・・・なあ・・・
     この数日、朝か晩に、ものすごい豪雨と雷! それで、夕べは停電もありました。

     この1、2週間ほど、たしかに涼しかったです。
     でも、外に出れば日差しは暑いし、気温30度ぐらいなら、こっちの家の中は涼しいから、
     まだ夏だと思ってた。

     だから、室内でキャミソール着てて涼しくて、ちょっと鳥肌なんかたっちゃって、くしゃみと
     鼻かみに忙しくても、でも、でも、夏だもん!と、頑張ってたのに・・・(←なんのために?!・笑)
     今日、もうどうしようもなく寒くって、とうとう長袖登場。

     で、気温を見ると、お昼になっても16度!
     そりゃ、寒いわけだわ〜! ああ、もう、今年の夏も終わりなのかな〜。なんか寂しい。

     でも、でも、来週の天気予報では、最高気温25度の日もあるし!
     まだまだいけるかも!(←あきらめ悪し)

     日本にいた頃は、夏のほうが好きだったけど、こっちに来て以来、乾燥した夏に体がたえられず、
     夏が苦手になったのに。
     でも、太陽がほとんど出ない、冬への心の準備はまだできてないんだよ〜。

     例年、この時期から涼しくなって、8月末には、どっぷり秋。
     なのに、どうも日本の気候が頭から抜けなくて、毎年この時期、まだ夏が続くかと期待してしまいます。


d0165762_4191018.gif

     土曜の朝、市場で、いきなり大雨に降られました。
     バスが来るまで、バス停の向いの店先でちょっと雨宿り。
     急な本降りの雨に、露天の大きな傘のくぼんだところには、どんどん雨水がたまります。

     青空市場のお店は、日よけと雨よけのために、それぞれが、大きな傘やテントの下にあります。
     その屋根から突然ドドッと水があふれると、その下の商品がびしょぬれになって台無しに。
     だから、特に水がたまってる屋根の下あたりにある商品を、お店の人がお互いに声を掛け合って大避難。
     「ここ、うちの傘から水があふれそうだから、おたくの商品、あっちやった方がいいわよ〜」

     洋服屋さんの大傘の下で、バスが来るまでちょっと雨宿り。
     おじさんが、大傘にたまった雨を、商品がないところでうまくはきださせてます。
     「こっち寄ってな。そこ、水落ちるから」
     おばさんは、「そう、もうすぐバス来るわね。よし」って、私に話し掛けて、自分で答えてる。
 
     あれ、あの雨水を処理してたおじさん、隣のお店のおじさんだった。
     そうか、このお店の主はおばさんだから、高いところにのぼらなくきゃいけない仕事、手伝ってあげて
     たのね。女性には親切なのだ。

     そして、こういう突然のできごとがあった時のイタリア人は、ただの雨宿りの客にもとても親切だ。
[PR]
by sakanatowani | 2010-08-15 04:35 | ひびのこと diary | Comments(8)
Commented by lasmanitas at 2010-08-15 06:17
こんにちは♪まだ映画↓を観た事がないのですが、つい我慢出来ず記事を読んでしまいました(笑)「つくる」について書かれていた文章、すごく感動しました。自分はたいしたものを作るわけでもないけれど、作りたい気分がムクムクするとまさにそのドキドキ感はいっしょです^^
いきなり涼しくなったのですね〜私がヨーロッパに住んだとき2回とも夏は冷夏でフリースやセーターを着込んだのを思い出しました。そして同じく、いやいやまだ8月なんだからきっと暑い日が来るって諦めがつかなかったものです(笑)
雨宿りの風景、良い感じです。こういう優しい日があると嬉しくなります。
Commented by miho-1722 at 2010-08-15 09:08
こんにちは
日本に戻ってきて、ジットリした暑さにまいっています・・・・。
sakanatowaniさんお住まいのトリノは北のほうなので、涼しくなるのが早いのか、あるいは、イタリア全体がそうなのでしょうか?

そうそう、イタリアの皆さん、とっても親切です。
↑の絵、とても感じが伝わります。
主人と2人、お店を探している時にも、その町の方でもないのに、一緒に探してくれました。でも、ご存知ないので、見つかるわけもなく、そこに住んでいる方に聞いた時もずっと心配そうに見ていてくれて。う~ん、上手に説明出来ないのですが、すごく
嬉しかったです。

それから、↓の映画、ずっと観たいと思っていました。
子ども達の学校が始まったら、ゆっくり観ようと思います。
(私も我慢できず、記事読んじゃいました。)
Commented by sakanatowani at 2010-08-15 19:38
lasmanitasさん
映画の記事のそこに反応していただけて、とっても嬉しいです!だって、私がlasmanitasさんのブログに出会ったのは、私のチクチク熱が高まって、そういうことをしている人のブログを探して、だったから。そうそう、つくりたい気持ちが高まる時のドキドキ感、いいですよね^^。
ほんと、なんで夏が行っちゃうことにあきらめがつかなくなるのか・・・。ヨーロッパの気候にいると、そういう気持ちになってきますよね。
lasmanitasさんの住んでらっしゃるところは、ヨーロッパとは、ずいぶん違うのかな。
Commented by sakanatowani at 2010-08-15 19:40
mihoさん
ここは、どちらかというと、北ヨーロッパの気候に似ているのです(ここはもうイタリアじゃないというイタリア人もいるし・笑)。冬は−5、6度ぐらいにふつうになりますし、2月だったかな、−12度までなりましたから。だから、秋が来るのも早いんです。
いいご旅行ができてよかったですね。
Commented by organvita at 2010-08-18 06:13 x
お久しぶりです~!一気にまとめて読みました~!
いいわーこのsakanatowaniさんの世界~。とっても好きです☆
蒸してるワニくんにはまりました(笑)。
そちらも夏終わりっぽい感じなんですね。ここもです。
まだ薪を注文していない今年。間に合うのかなーでもまだ夏であって欲しい・・・薪はまだ見たくない・・・泣。
またまた更新楽しみにしてます~!
Commented by lacasamia3 at 2010-08-18 22:10
こんにちは。判るな~、イタリア人って何か普段と違うことがあったとき、ワイワイ協力し合うというか、普段以上に人に優しくなるというか。そんなことありますよね。↓さかなとわにのイラスト可愛いです。またお伺いしますね。
Commented by sakanatowani at 2010-08-19 00:26
organvitaさん
この、へんてこワールドを気に入っていただいて、嬉しいです^^
蒸してるわにくんね〜。あの蒸し暑さは、もう、遠い昔のことのようです(笑)
え?!薪、まだ注文してないんですか?!だめですよ〜、いそがないと!ほら、ご近所さんのように、お孫さんがいて、薪づくりしてくれるわけじゃないから(笑)
そうそう、わかります。まだ、夏、終わってほしくないですよね〜。
Commented by sakanatowani at 2010-08-19 00:29
lacasamiaさん
さっそく来ていただいて、とっても嬉しいです!
そうですね。突然の出来事に、すぐわいわい協力しあえるっていうのは、すごいな〜って思います。そういう時、イタリアの人は、ほんとうに人(人間)が好きなんだろうなあって思います。
<<   はぶらし   小さな中国のお針子 >>