脂肪・・・考
d0165762_347513.gif

     どうもこの頃、画像がアップできなくて、なかなか更新できませんでした(泣)

     もうずいぶん前、イタリアに来て初めての夏、ナポリに遊びに行きました。
     海に突き出したところにある卵城(wiki) に行く途中、「あ〜、海がきれいだな〜」と、
     ふと海岸を見てビックリ!

     トドのような(あ、失礼)おばさん、おじさんたちの水着姿が、あちらに、どど〜ん!
     こちらに、どど〜ん!(←とても失礼)。
     おばさんたちはもちろん、こちらでの基本、ビキニ着用です。

     お肉のはみだしなんかを気にすることもなく、さんさんと照る太陽の下、肌を焼きながら、
     ワインを飲み、トランプをし、おしゃべりを楽しむ。
     そんな姿を見ながら、「ああ、この国って、自由なんだな〜」と思った覚えがあります。




     とはいえ、若い女の子の興味は、やっぱりダイエット。
     でもね、日本とは、どうも考え方が微妙に違う。


d0165762_3491062.gif以前通っていたイラストの学校の同級生の女の子たち。休み時間に、「ねえねえ、見て見て、ダイエットして、おなかがぺったんこになったんだ〜!」って大騒ぎ。

当時すでに、彼女達のお母さん-10才ぐらいの年齢だった私は、それを微笑ましく見ながらも、あれ?と。だって、町中には、おなかがぽっこん、腰の脇からお肉がボヨ〜ンの若い女の子がいっぱいだから。で、質問してみました。

「ねえ、おなかはぺったんこのほうがいいんだ〜。じゃあ、あの、腰の脇のお肉はどうなの?」

すると彼女達、何言ってんの?という顔をして「あのね、腰の脇のお肉は、女らしさなのよ。だから、あっ
                                  てもいいの!」と。

     へ〜〜〜〜! ここでは、おなかはぺったんこじゃないといけないけど、腰の脇のお肉は、はみ出てた方
     がいいんですって!あれは女らしさってことだそうですよ〜!
     イタリアの女らしさ、腰の脇のお肉にあり!です。


     アパートシェアをしてた女の子たちも、ダイエットだからって食べてるサラダに、オリーブオイルをた〜〜
     〜っぷり!
     それに驚いた私が、「ねえねえ、ダイエットしてるんじゃないの?」と聞くと、「そうよ。でも、オリー
     ブオイルは体にいいから、たくさんとっていいのよ」と。

d0165762_35025.gif
     ここで、ふつう油といったらオ
     リーブオイル。植物油は、いわ
     ゆるランクの低いオイルと考え
     られていて、揚げ物に使われる
     油はこれ。ツナ缶も、ここでは、
     サラダオイルに浸かっておらず、
     オリーブオイルに浸かってる。

     日本では、ダイエットの最大の
     敵と考えられている油が、ここ
     では、ダイエットには関係ない
     食べ物、むしろ、健康のために、
     積極的に食べるものと考えられ
     てる。

     オリーブオイルはイタリア人にとって、本当に大事にされている、食の中心的なものなんですね〜。

     でもね、やっぱり私は日本人。
     「あれ、このバジルペーストのパスタ、ちょっとパサパサしてる?じゃあ、オリーブオイルで湿らせよう」
     ジャッパ〜!というシーンを目の当たりにしたり、「私、ちょっとオリーブオイルの量が少なめの食事が続
     くと、『オリーブオイルを体が欲してる』って感じるの」と、さらりと言われたりすると、「ああ、私の
     鉄の胃袋でも、この人たちにはかなわない。この人たち、体力あるな〜」と、しみじみと感じるのです。
[PR]
by sakanatowani | 2010-08-09 03:44 | ひびのこと diary
<<   小さな中国のお針子   ヨーロッパの夏、来ました〜... >>